TOPICS
G-B-2さん成績開示
2008年度再現答案参加者&合格者のG-B-2さんの成績開示の結果が届きました。 G-B-2企業法
$last)){ echo ''; } ?>

------------------------------------------------------------------------------------

2009奨学生近況 2009奨学生TOP

------------------------------------------------------------------------------------

2008奨学生近況 2008奨学生TOP

------------------------------------------------------------------------------------

受験生ブロガーのひとりごとpickup! → 詳しくは、オールリストへ

公認会計士CPA-LAB試験合格体験記集で“再現答案2008:経営学”タグの付いているブログ記事

第1問答案用紙

(経営学)

 

問題1

問1 

プライベートブランド

対義語

ナショナルブランド

問2

デメリット1

価格をコントロールできないため、利益率が低下する

デメリット2

ブランドイメージが悪くなる

 

問3

ハーフィンダル指数

 

問題2

問1

自己実現

 

問2

公平

 

問3

                

 

問4(約3行)

 内発的な動機で行った行動に対して外的報酬が与えられると、外的報酬のために行動したと認識してしまい、内発的な動機が消滅してモチベーションが低下してしまうことがある。これをアンダーマイニング効果という。

 

 

 

 

 

 


第2問答案用紙<1>

(経営学)

 

問題1

問1

①アンシステマティック

②システマティック

③ブラックショールズ

④バイノミアル

⑥条件

⑧アノマリー

 

問2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

問3

E(Ri)=Rf{E(Rm)Rf}×βi

 

問4

APT:

CAPM:

 

問5

変わらない

 

問6

1月効果

 


第2問答案用紙<2>

(経営学)

 

問題2

問1

 

 

指標の定義式  

20X1年度の数値

20X5年度の数値

ROE

当期純利益

/株主資本

2.77

9.43

売上高利益率に関する指標

当期純利益

 /売上高

0.78

3.18

回転率に関する指標

売上高

 /総資本

1.07

1.17

財務レバレッジに関する指標

総資本

 /株主資本

3.32

2.53

 

問2

 

 

20X1年度の数値

20X5年度の数値

売上原価率

70.04

66.71

有形固定資産回転率

1.93

2.25

負債比率

69.90

60.45

 

経営改善努力

A社は、売上原価の低減活動、不要な有形固定資産の処分、有利子負債の繰上げ返済

を行った。

 

 

問題3 

問1

①ヘッジ

5

④損失

⑤売る

⑥売る

⑦プット

⑧買う

問2(パソコンで書けない場合は手書きにて送付してください)

saigen_2008_nikoru_keiei.jpg

 

 

問3

108.92

問4-

0

5

 

問4-2

0.505

問4-3

2.46

 

 

(感想)

TACの授業よりも大学の授業の方が役に立ったような気がするのは気のせいでしょうか。

穴埋め問題でこんなに苦戦するとは大誤算で、試験中も気が気じゃなかったです。

中でも、「市場集中度」のド忘れ、「円高」が思いつかなかったのは痛いです。

試験委員の増加で、経営の試験範囲が狭いというのも微妙になってきたみたいですね。


ニコルさんは、2008年度CPA-LAB奨学生です。

第1問答案用紙

(経営学)

 

 

問題1

問1 

OEM商品

対義語

 

問2

デメリット1

 自社の製品企画力が低下するおそれがあること。      

デメリット2

製品の価格決定権を失ってしまうこと。

 

問3

    売り手の交渉力    

 

問題2

問1

自己実現                

 

問2

      業績         

 

問3

        昇進

 

問4(約3行)

アンダーマイニング効果とは、仕事自体にやりがいを感じているため、外的報酬によって、却って仕事に対する動機付けが失われてしまう事をいう。

 

 

 

 


第2問答案用紙<1>

(経営学)

 

問題1

問1

①アンシステマティック

②システマティック

③マルチファクター

④スタイルマネジメント 

⑤為替

⑥条件

⑦完全

⑧有意指標

 

問2

(適当に埋めただけなので忘れました。0点だと思います)

 

 

 

 

(適当に埋めただけなので忘れました。0点だと思います。)

 

 

 

 

問3

i=Rf+(Rm-Rf)βi

 

 

問4

APT:トービンのq

CAPM:完全資本市場

 

問5

   変わらない     

 

問6

      PBR

 


第2問答案用紙<2>

(経営学)

 

問題2

問1

 

 

指標の定義式  

20X1年度の数値

20X5年度の数値

ROE

当期純利益

株主資本

2.77

9.43

売上高利益率に関する指標

当期純利益

売上高 

0.78

3.18

回転率に関する指標

売上高

株主資本

3.55

2.97

財務レバレッジに関する指標

負債

株主資本

2.32

1.53

 

問2

 

 

20X1年度の数値

20X5年度の数値

売上原価率

70.04

66.71

有形固定資産回転率

1.93

2.25

負債比率

232.22

152.81

経営改善努力:コストの削減に努め売上原価率を低めた上で、設備投資を抑制し有権固定資産

回転率を上昇させた。さらに負債の返済を促進し負債比率を低下させるという経営改善努力

を行ったと推測される。

 

問題3 

問1

①ヘッジ

②円高

5

④損失

⑤売る

⑥プット

⑦売る

⑧買う

問2(パソコンで書けない場合は手書きにて送付してください)

(ペイオフ図は大原と同じです)

 

 

問3

99.01

問4-

0

5

 

問4-2

0.505

問4-3

2.46

 

感想:第一問は30秒で採点終わるなーって試験中考えてた。

ペイオフ図は大原と同じです。ワードでグラフの作成ができませんでした、すみません。


オーさんは、2008年度CPA-LAB奨学生です。

第1問答案用紙

(経営学) 

問題1

問1 

ダイレクトマーケティング

対義語

 

問2

デメリット1

    価格のコントロールが出来なくなるおそれがある                          

デメリット2

ブランドのイメージが保全できなるおそれがある

 

問3

     独占           

 

問題2

問1

   自己実現             

 

問2

                

 

問3

                

 

問4(約3行)

アンダーマイニング効果とは外発的報酬を与えたとしてもモチベーションは失われていき追加的な外的報酬を必要とするため抜本的な解決にはならないことを言う。

 

 

 

 

 

第2問答案用紙<1>

(経営学)

 

問題1

問1

①アンシステマティック

②システマティック

③ファンダメンタルズ

⑥条件

⑧アノマリー

 

問2

ジェンセンのアルファという指標を用いて、期待収益率と実際収益率の乖離を分析する。

 

 

シャープ・レシオという指標を用いて、期待収益率と実際収益率との乖離を分析する。

 

 

 

問3

E(Ri)=Rf+βiE(Rm)Rf
 

 

問4

APT:

CAPM:

 

問5

      減少する      

 

問6

     規模効果 

 


第2問答案用紙<2>

(経営学)

問題2

問1

 

 

指標の定義式  

20X1年度の数値

20X5年度の数値

ROE

当期純利益÷株主資本

 

2.77

9.43

売上高利益率に関する指標

当期純利益÷売上高

 

0.78

3.18

回転率に関する指標

売上高÷総資本

 

1.07

1.17

財務レバレッジに関する指標

総資本÷株主資本

 

3.32

2.53

 

問2

 

 

20X1年度の数値

20X5年度の数値

売上原価率

70.04

66.71

有形固定資産回転率

1.93

2.25

負債比率

69.90

60.45

 

経営改善努力:①材料を節約して原価率を抑えた②遊休固定資産の除却や稼働率を高めることにより回転率を向上させた③借入金の返済を行うことにより支払い利息を減少させた。                                     

問題3 

問1

①リスクヘッジ

②円高

5

④損失

⑤売る

⑥売る

⑦プット

⑧買う

問2(パソコンで書けない場合は手書きにて送付してください

 

図は省略しますがTACの解答速報と同じでした。

 

 

問3

問4-

0

5

 

問4-2

0.784

問4-3

 

 

感想

経営は難しかったです。

ゲルマンさんのプロフィール

受験履歴:2007年短答合格
受験回数: 2回(試し受験は含まない)
メインの予備校:TAC
公開模試での最高順位:TAC予備校の公開模試 上位35%



ゲルマンさんは無償応募です。ありがとうございました。

第1問答案用紙

(経営学)

 

 

問題1

問1 

プライベートブランド

対義語

ナショナルブランド

問2

デメリット1

小売企業に主導権を握られ、利益率が低下する。

デメリット2

自社製品のブランドが低下する

 

問3

寡占化

 

問題2

問1

            自己実現

 

問2

             公平

 

問3

              動機

 

問4(約3行)

動機付けには、やりがい・楽しさなどの内発的動機と、報酬などの外発的動機がある。アンダーマイニング効果とは、報酬を与え外発的動機付けを行うと、内発的動機がそがれ、かえってモチベーションが低下してしまうという外発的動機付けが持つ効果のことをいう。

 

第2問答案用紙<1>

(経営学)

 

問題1

問1

①アンシステマティック

②システマティック

③マルチファクター

⑤金利

⑥条件

⑦裁定

⑧アノマリー

 

問2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

問3

(Ri)={E(Rm)-Rf}}βi+Rf

 

 

問4

APT:裁定原理

CAPM:一般均衡理論

 

問5

        増加する

 

問6

     モメンタム現象

 

第2問答案用紙<2>

(経営学)

 

問題2

問1

 

 

指標の定義式  

20X1年度の数値

20X5年度の数値

ROE

当期純利益/株主資本

2.77

9.43

売上高利益率に関する指標

当期純利益/売上高

 

0.78

3.18

回転率に関する指標

売上高/負債純資産合計

1.07

1.17

財務レバレッジに関する指標

負債純資産合計/株主資本

3.32

2.53

 

問2

 

 

20X1年度の数値

20X5年度の数値

売上原価率

70.04

66.71

有形固定資産回転率

1.93

2.25

負債比率

69.90

60.45

  経営改善努力

     商品の魅力を高める・コストを下げるなどして収益力を高めた。

     非効率な設備を整理し、設備の稼働率を上昇させた。

     有利子負債を圧縮し、金利負担を緩和した。

問題3 

問1

①ヘッジ

②円高

③5

④損失

⑤売る

⑥売る

⑦プット

⑧買う

問2(パソコンで書けない場合は手書きにて送付してください)

saigen_2008_king_keiei.jpg

 

問3

108.92

問4-

  

   

 

問4-2

0.455

問4-3

2.73

 

感想

普段の通りに、第2問のファイナンスから。去年とはうって変わっての難問ぞろいに絶句。でも、わからないものはいくら考えてもわからないので、その点は開き直ることができ気が楽でした。終わってから、第1問へ。これまた、解答するものが異様に少なくて絶句。ほとんどが語句での解答だし。PB,NBなんて新聞とかから仕入れた知識だし、寡占化なんて中学社会で仕入れた知識だし、これが経営学とは!?1時間ちょっとで全問解答終わってしまいました。残り時間で、オプション評価を現場思考力で解こうと悪戦苦闘してました(半分くらい暇つぶしの感覚で)。

 

キングヴェテさんのプロフィール

2008年の免除科目;なし
受験履歴:2004~2006短答落ち、2007短答合格(論文科目無し)
受験回数:  5回
(試し受験は含まない)
メインの予備校:単科バラバラで組合せ
公開模試での最高順位:TAC第2回全答練 上位25%

第1問答案用紙

(経営学) 

問題1

問1 

オリジナルブランド

対義語

大衆ブランド

問2

デメリット1

製造業者の利益率の低下                        

デメリット2

製造業者の生産技術等のイノベーション創出力低下

 

問3

      範囲の経済      

 

問題2

問1

        幸福      

 

問2

        比較     

 

問3

        期待        

 

問4(約3行)

アンダーマイニング効果とは、構成員の動機づけが外的報酬を得ることのみになり、本来、その組織で活動すること自体から満足感を得るという、内発的モチベーションが失われるというマイナス効果である。

 

試験の最後の最後まで自己実現の欲求が思い出せなかったです。他は、内発的モチベーションがあやふやな知識であることを印象付けてしまいました。でも、モチベーション=動機付けなのでまあまあOKかと。大原生はデメリット2つと問題2の問1問4しか取れないですね。しかも、これらはポケコンC問題です。ABに絞って勉強していた人は0点の可能性もあります。この試験により今後経営に限っては、C問題も必須という試験となりました。自己採点は50点中20点ですかね。

 

第2問答案用紙<1>

(経営学)

 

問題1

問1

     アンシステマティック

     システマティック

     シングルファクター

     マルチファクター

     4次元

     オプション

     連動

⑧時間価値

 

問2

時間価値を考慮し、将来のキャッシュフローを現在価値へ割り引いて計算する評価尺度である。

  

 

時間価値を考慮し、将来のキャッシュフローを現在価値へ割り引いて計算する評価尺度である。

 

 

問3

ERi)=Rf+[RmRf] βi

 

 

問4

APT:ブラックショールズモデル

CAPM:証券市場線

 

問5

   減少する         

 

問6

    ディシジョンツリー         

 


第2問答案用紙<2>

(経営学)

 

問題2

問1

 

 

指標の定義式  

20X1年度の数値

20X5年度の数値

ROE

当期純利益

株主資本

2.77

9.43

売上高利益率に関する指標

 当期純利益

  売上高

0.78

3.18

回転率に関する指標

  売上高

  負債

1.53

1.94

財務レバレッジに関する指標

   負債

  株主資本

2.32

1.53

 

問2

 

 

20X1年度の数値

20X5年度の数値

売上原価率

70.04

66.71

有形固定資産回転率

1.93

2.25

負債比率

69.90

60.04

問題3 

問1

     ヘッジ

     円高

    

     為替変動損失

     売る

     売る

     プット

     買う

問2(パソコンで書けない場合は手書きにて送付してください)

saigen_2008_keiei_piyo.jpg

 

問3

108.92

問4-

     7.63

     -3.37

 

問4-2

0.356

問4-3

2.99

 

(感想)

自己採点20点くらいですか。難しすぎます。しかし、みんなできないでしょう。経営学トータルで40点は平均を多少超えていると思い込んでいます。

ぴよさんのプロフィール
2008年の免除科目;なし
受験履歴:2007年短答不合格、2008年短答合格
受験回数:  2 回(試し受験は含まない)
メインの予備校:大原
公開模試での最高順位: 2500人中2200ぐらい
最終学歴:会計専門職大学院在学中

第1問答案用紙

(経営学) 

問題1

問1 

コモディティ

対義語

コモディティ

問2

デメリット1

小売企業の要求により製造業者が疲弊する

デメリット2

売上を拡大化することが困難になる

 

問3

    売り手の交渉力

 

問題2

問1

      自己実現

 

問2

      相対          

 

問3

      格差        

 

問4(約3行)

 外的報酬は、一般に動機付けに有効であると思われるが、外的報酬はかえって内発的同期付けを低下させてしまう効果がある。これをアンダーマイニング効果という。

 

 

第2問答案用紙<1>

(経営学)

問題1

問1

①アンシステマティック

②システマティック

③マルチファクター

SML

⑤環境

⑥条件

 

問2

 

 

 

 

 

 

 

 

問3

E(Ri)Rf+E(Rm)-Rf}βi

 

 

問4

APT:

CAPM:金融工学

 

問5

   変わらない

 

問6

     PBR

 

第2問答案用紙<2>

(経営学)

 

問題2

問1

 

 

指標の定義式  

20X1年度の数値

20X5年度の数値

ROE

当期純利益/株主資本

2.77

9.43

売上高利益率に関する指標

当期純利益/売上

 

0.78

3.18

回転率に関する指標

売上/負債

 

1.53

1.94

財務レバレッジに関する指標

負債/株主資本

 

2.32

1.53

 

問2

 

 

20X1年度の数値

20X5年度の数値

売上原価率

70.04

66.71

有形固定資産回転率

0.53

0.44

負債比率

69.90

60.45

問題3 

問1

①ヘッジ

②円高

③5

④損失

⑤買う

⑥売る

⑦プット

⑧買う

問2(パソコンで書けない場合は手書きにて送付してください)

(無回答のため、図は省略)

 

 

問3

116.02

問4-

   0

   5

 

問4-2

0.605

問4-3

1.95

 

【感想】

 予備校泣かせの問題だなぁとおもいました。第1問については、特に「ただ単純に知っているか、知らないか」の問題で、これを「応用力・思考力・論述力」を試す論文式試験で出してくるのが、試験中はもとより、今でも不思議です。

 第2問もいきなり財務諸表分析だったので焦りました。しかも、絶対落とせないはずの部分で相当に落としてしまっているので、結構ショックです。最後の科目までしっかり書ききって終わろうと思っていたのに、完全に消化不良になりました。

shaさんのプロフィール
2008年の免除科目;なし
受験履歴:2007年短答不合格、2008年短答合格
受験回数:2回(試し受験は含まない)
メインの予備校:大原
公開模試での最高順位:大原予備校の公開模試2489中、上位30%位

G-B-2さん合格おめでとうございます。

成績開示請求の結果

科目 会計学 監査論 企業法 租税法 経営学 総合
得点率 56 50 52 52 49 54
合格者の得点率順位
(合格者3,625人中)
700前後 3000前後 2200前後 3000前後 2100前後 2200前後
saigen_2008_keiei_gb2_1.jpg saigen_2008_keiei_gb2_2.jpg saigen_2008_keiei_gb2_3.jpg saigen_2008_keiei_gb2_4.jpg

感想

経営学は、知らない問題も多く面喰いました。 落とさない問題を確実にとれるかが、勝負の分かれ目なのかなと思います。 個人的には、もう少し慎重に解けばよかったと悔やまれる科目です。

第1問答案用紙

(経営学)

 

 

問題1

問1 

自社ブランド商品

対義語

他社ブランド商品

問2

デメリット1

 研究開発を自社で行わないことによって長期的に競争優位が失われ競争力を失う                             

デメリット2

販売価格を低く設定されてしまうため必要な利益の確保が難しくなる。

 

問3

      マーケットシェア          

 

問題2

問1

      自己実現          

 

問2

           差別     

 

問3

          格差      

 

問4(約3行)

報酬が持つ潜在的な性質がモチベーションに影響を与えるという効果であり、具体的には報酬とは従業員の内に働きかける内発的動機付けにはならず、外に働きかけるものであるので、モチベーションを下げてしまう場合があるということである。

 

 

 

 

 

 


第2問答案用紙<1>

(経営学)

 

問題1

問1

①アンシステマティック

②システマティック

③ブラックショールズ

④バイノミアル

⑤リスク

⑥条件

⑦ストロングフォーム

⑧アノマリー

 

問2

リスクとパフォーマンスの関係を示すもの。つまりそのリスクについてはどの程度のパフォーマンスが

必要になるか、それは適切であるか、どの程度であるかの尺度。

 

 

 

 

リスクとパフォーマンスの関係を示すもの。つまりそのリスクについてはどの程度のパフォーマンスが

必要になるか、それは適切であるか、どの程度であるかの尺度。

 

 

 

 

問3

E(Ri)=Rf+βi{E(Rm)-Rf}

 

問4

APT:

CAPM:

 

問5

      変わらない      

 

問6

日経平均に採用されることで株価上昇    

 


第2問答案用紙<2>

(経営学)

 

問題2

問1

 

 

指標の定義式  

20X1年度の数値

20X5年度の数値

ROE

当期純利益÷株主資本

2.77

9.43

売上高利益率に関する指標

当期純利益÷売上

 

0.78

3.18

回転率に関する指標

売上÷負債

 

1.53

1.94

財務レバレッジに関する指標

負債÷株主資本

2.32

1.53

 

問2

 

 

20X1年度の数値

20X5年度の数値

売上原価率

70.04

66.71

有形固定資産回転率

1.93

2.25

負債比率

69.90

60.45

問題3 

問1

①ヘッジ

②円高ドル安

5

④為替差損

⑤売る

⑥売る

⑦プット

⑧買う

問2(パソコンで書けない場合は手書きにて送付してください)

rcm_keieigaku_2008.jpg

 

問3

111.65

問4-

6

-5

 

問4-2

0.605

問4-3

3.01

感想

経営は得意科目で答練でも結構いい成績だったのですが、まったく出来ませんでした。試験委員が悪いのか、TACが悪いのか、自分が悪いのか、なんか噛み合いませんでした。足きりにならないといいです。

購読(RSS)

フィードリーダーを利用して検索結果を購読すれば、“再現答案2008:経営学”というタグの付けられたブログ記事が公開されたときにすぐにアクセスできます。

購読する 購読する(RSS)

最近のコメント

管理人へ連絡

メール(メーラー)

SPOK'S OTHER SITES

購読する このブログを購読(atom) /  (RSS2.0)

携帯QRコード

http://www.cpa-lab.com/i/
Powered by Movable Type 4.2-ja