TOPICS
2009奨学生スタート
本年度は6名の奨学生が選出されました。暖かく見守り下さい。
2009CPA-LAB奨学生TOP

------------------------------------------------------------------------------------

2009奨学生近況 2009奨学生TOP
黒猫さん 合格体験記 →nktさん 結果 →フリーさん 論文式試験結果 →mitanさん 報告 →めろんぱんさん お知らせ →アキさん 2009-06-26 04/25 10:02

------------------------------------------------------------------------------------

2008奨学生近況 2008奨学生TOP

------------------------------------------------------------------------------------

受験生ブロガーのひとりごとpickup! → エェ(;゜Д゜)ェエ新聞ブロッコリー9/1の勉強記録世界とつながる疲れた・・・→ 詳しくは、オールリストへ

Top再現答案2007年度 > 経営学-mat2007

経営学-mat2007

| | トラックバック(0)
水色で塗りつぶした部分は、専門学校の解答と一致しているところです(ただし、数値、選択肢の部分のみ)

問 答案用紙

(経営学)

 

問題1

1

ネットワーク外部性

 

2

ブランド認知

顧客ロイヤルティー

 

ブランド連想

 

 

 

3

 ネットワーク外部性は、間接的に働く。すなわち、ハードウェアのユーザ数が増加すると、その補完財であるソフトウェアの種類も豊富になる。それにより、ユーザが得られる便益が増加する。

 

 問題2

1

イノベーション

 

2

暗黙知

知識スパイラル

 

3

 組織学習とは、長期的プロセスである。この点、終身雇用制という日本的経営により、雇用の安定が確保され、長期的プロセスを可能とした。また、組織内で得た

知識が組織外へ流出する可能性は低くなる。

 さらに、雇用の安定が確保されると、組織への忠誠心であるロイヤルティが高まり、組織学習をすることで、知識を組織に移転し業績を向上させるというコミットメントが得られた。

 このようにして、組織学習を支えた。

 


2問 答案用紙<1>

(経営学)

問題1

1

6

 

2

18.6

 

3

X

18.8%

 

Y

18.6%

 

Z

19.3%

 

標準偏差がYのポートフォリオ

Y

 

4

mat2007_keiei.gif


    注:A点とB点の間にある3つの点は、上から順にABに対する投資比率

(0.75, 0.25),(0.5 ,0.5),(0.25, 0.75)のポートフォリオを示す。

5

 Mさんの運用方針は、妥当ではない。なぜなら、「収益率の標準偏差が最小となるポートフォリオ」よりも、市場ポートフォリオの方が、リスクに対するリターンが大きく、市場ポートフォリオと安全資産を組み合わせて資産運用すべきであるからである。

 


2問 答案用紙<2>

(経営学)

問題2

1

MM

②内部留保

 

③株価

④エージェンシー

 

⑤敵対的買収

⑥情報の非対照性

 

⑦安値で放置

⑧過少投資

 

2

(a)情報伝達効果である。すなわち、企業が自社株買いを行うということは、企業が株価を上昇させるような有利な投資案をかかえているが、公開できないような場合に株主に伝達する役割を有する。

 

 

(b)敵対的買収の防衛である。すなわち、企業が自社株買いを行うと。比較的売却しやすい株主から買い受けることになり、その後、敵対的買収者が当該企業の

株式を買い集めようとするときには、比較的売却しにくい株主しか残っておらず、買い集めにくくなる。

 

 

問題3

1

40億円

 

2

企業価値

48億円

株式時価総額

28億円

株価

2,800

 

3

 企業価値が変化するのは、節税効果によるものである。すなわち、負債を利用することにより生じる支払利息は、損金に算入される。そのため、その分だけ税金の支払いというキャッシュ・アウトフローが少なくなり、企業価値が増加するのである。

 

 

 

4

番号

(理由)負債に依存する割合が高くなると、財務リスクや倒産リスクが高くなる。そのため、株主が要求するリスクプレミアムが大きくなり、株主資本コストが上昇する。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

5

株主資本コスト

9

加重平均資本コスト

14.1

 


 

<受験感想>

 第1

 一部、穴埋め問題で分からないところがありましたが、その他は、平均点以上のことが、書けたのではないかと思います。

 指定された用語を用いて回答する形式は、TACの全答練でだいぶ慣れていたので、良かったです。

 

 第2

 期待収益率や標準偏差を求める問題は、とても基礎的であり、これを落とすとまずいと考え緊張しつつ解きました。簡単な問題ほど、とても緊張します。普段の答練では、簡単な問題を何も意識せずに、解いてしまいますが、やはり本試験ともなるとそれは難しいです・・・。

カテゴリ

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 経営学-mat2007

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.cpa-lab.com/cgi-bin/mt420/mt-tb.cgi/69

最近のコメント

管理人へ連絡

メール(メーラー)

SPOK'S OTHER SITES

購読する このブログを購読(atom) /  (RSS2.0)

このブログ記事について

このページは、spokが2007年9月22日 07:10に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「再現答案を書いてみたい!という方は・・・」です。

次のブログ記事は「三十路女-タムナスの挑戦-前編」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

携帯QRコード

http://www.cpa-lab.com/i/
Powered by Movable Type 4.2-ja