TOPICS
2009奨学生スタート
本年度は6名の奨学生が選出されました。暖かく見守り下さい。
2009CPA-LAB奨学生TOP

------------------------------------------------------------------------------------

2009奨学生近況 2009奨学生TOP
黒猫さん 合格体験記 →nktさん 結果 →フリーさん 論文式試験結果 →mitanさん 報告 →めろんぱんさん お知らせ →アキさん 2009-06-26 04/25 10:02

------------------------------------------------------------------------------------

2008奨学生近況 2008奨学生TOP

------------------------------------------------------------------------------------

受験生ブロガーのひとりごとpickup! → エェ(;゜Д゜)ェエ新聞ブロッコリー9/1の勉強記録世界とつながる疲れた・・・→ 詳しくは、オールリストへ

Top再現答案2007年度 > 経営学-エニクス

経営学-エニクス

| | トラックバック(0)
水色で塗りつぶした部分は、専門学校の解答と一致しているところです(ただし、数値、選択肢の部分のみ)

問 答案用紙

(経営学)

 

問題1

 

1

ネットワーク外部性

 

2

ブランド・イメージ

認知度

 

トレード・マーク

 

 

 

3

システム財の場合、ハードのユーザ数が拡大するに伴い、補完財メーカーの参入が拡大する。それに伴い、ハードの市場価値が高まり、結果的にさらにハードのユーザー数が増加する。

このようなシステム財におけるネットワーク外部性の働きを、間接的効果という。

 

 

 

問題2

1

イノベーション

 

2

組織文化

 

 

3

 日本的経営における伝統的な雇用形態である、終身雇用、年功序列、新卒一括採用は、いずれも従業員の勤務期間を伸長する働きを有する。このように雇用に関して企業側のコミットメントがなされ、雇用の安定が図られている組織においては、長い勤務期間の中で従業員による組織学習が達成される可能性が高い。また米国等と異なり、家の文化と呼ばれるような所属型の組織においては、従業員の企業に対するロイヤルティが高いため、従業員同士の連携が高まり、組織学習の達成に効果的である。

 


2問 答案用紙<1>

(経営学)

問題1

1

6%

 

2

18.6%

 

3

X

18.8%

 

Y

18.6%

 

Z

19.3%

 

標準偏差が最小のポートフォリオ

Y

 

4


 

enikusu2007_keiei.gif    注:A点とB点の間にある3つの点は、上から順にABに対する投資比率

(0.75, 0.25),(0.5 ,0.5),(0.25, 0.75)のポートフォリオを示す。

5

 危険資産と無リスク資産を組み合わせたポートフォリオでは、危険資産の効率的フロンティアと無リスク資産の収益率から伸ばした直線との接線がポートフォリオ全体の効率的フロンティアとなる。故にMさんは安全資産と危険資産の組み入れ比率を考えるだけでよい。


2問 答案用紙<2>

(経営学)

問題2

1

①自家製配当

②内部留保

 

③株価

④エージェンシー

 

⑥情報の非対称性

 

 

2

(a)企業によって自社株買いがなされた場合、市場は、経営者が将来の業績に自信を持っていて、相対的に安い価格である現時点で自社株を取得しようと考えていると判断する。このようなアナウンスメント効果により、株価が上昇するため、株主に利益をもたらす。

 

(b)企業が一時的な増益によって増配をし、その後減配をすることは、市場から嫌われるため、株価が下がりやすい。そのため増益部分を配当せずに自社株買いを行い、配当と同様の株主の富を生じさせることは、株主に利益をもたらす。

 

 

問題3

1

40億円

 

2

企業価値

48億円

株式時価総額

28億円

株価

2,800

 

3

負債利用に伴って発生する支払利息は、税法上、損金算入項目として認められている。故に節税効果によって社外流出する金額が減少し、その分、企業価値が高まる。

 

 

 

4

番号

(2)

(理由)負債の利用度が高まると、業績の変化により株主が受ける影響を大きくなる。このリスクを財務リスクというが、財務リスクは株主資本コストを構成するため、負債利用度が高まることで株主資本コストも高まる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

5

株主資本コスト

11.6

加重平均資本コスト

9

 

 

 

 

 

ブランド・エクイティが答えられなかったのが大変残念です。マーケティングを後回しにしたのが悔やまれます。本試験では網羅性が重要なのだと思い知らされました。

分離定理の図は問題文を読み間違えました。

直前答練では名前を載せたりしていたこともあり、本番で力が発揮できなかったのが残念です。

カテゴリ

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 経営学-エニクス

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.cpa-lab.com/cgi-bin/mt420/mt-tb.cgi/94

最近のコメント

管理人へ連絡

メール(メーラー)

SPOK'S OTHER SITES

購読する このブログを購読(atom) /  (RSS2.0)

このブログ記事について

このページは、spokが2007年10月14日 16:20に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「租税法-エニクス」です。

次のブログ記事は「会計学(財務会計)-エニクス」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

携帯QRコード

http://www.cpa-lab.com/i/
Powered by Movable Type 4.2-ja