TOPICS
2009奨学生スタート
本年度は6名の奨学生が選出されました。暖かく見守り下さい。
2009CPA-LAB奨学生TOP

------------------------------------------------------------------------------------

2009奨学生近況 2009奨学生TOP
黒猫さん 合格体験記 →nktさん 結果 →フリーさん 論文式試験結果 →mitanさん 報告 →めろんぱんさん お知らせ →アキさん 2009-06-26 04/25 10:02

------------------------------------------------------------------------------------

2008奨学生近況 2008奨学生TOP

------------------------------------------------------------------------------------

受験生ブロガーのひとりごとpickup! → エェ(;゜Д゜)ェエ新聞ブロッコリー9/1の勉強記録世界とつながる疲れた・・・→ 詳しくは、オールリストへ

Top再現答案2008年度 > 管理会計-rouge

管理会計-rouge

| | トラックバック(0)
水色で塗りつぶした部分は、専門学校の解答と一致しているところです(ただし、数値、選択肢の部分のみ)

1問答案用紙<1>

(会計学)

問題1

問1

標準製造原価差異

   4044000円(不利)

 

問2

営業利益

3336000

 

問3

貢献利益率

70

損益分岐点の売上高

   69940000

安全余裕率

8.8

 

 

 

問4

必要年間売上高

          82940000

 

問5

製品1個当たり変動費の引き下げ額

       740

年間固定費の引き下げ額

4368000

 

問6 (約6行)

① 変動費の引き下げのための具体的な方策としては、変動費とされている材料費につき、作業の過程で材料の無駄な消費を防止するとか、価格の安い材料を仕入れるように努力する方策が考えられ、製造間接費の変動費部分については、直接作業時間に無駄を生じさせないようにするなどの方策が考えられる。

② 固定費の引き下げのための具体的な方策としては、固定費とされている労務費を全体として引き下げたり、固定製造間接費について、全体としてカットしていくことが考えられる。

 

問7 (約8行)

① CVP分析で考える営業利益概念は、固定費を期間費用として考えた上での利益であるのに対し、全部標準原価計算で考える利益概念は、製造固定費を、一定の配賦計算のもとで原価標準に組み込み、製造原価として考えた上での利益であるというように、異なっている。

② 全部標準原価計算を採用している場合であっても、利益計画に当たってCVP分析が有効なのは、CVP分析によれば、固定費が期間費用として扱われるので、在庫の増減によって恣意的に利益が操作されるということを防ぐことが出来るからである。

 

 

1問答案用紙<2>

(会計学)

問題2

問1

 円

 円

 

問2 (約5行)

 現代の製造を取り巻く環境のもとでは、FA、CIM化により、製造活動が多様化することになる。そして、組別総合原価計算を行う前提である組の設定は、FA、CIM化による多様な活動のもとでの組の設定を想定していないため、組の設定が非常に困難になるという問題点がある。

 

 

問3

 円

     円

 

問4 (約5行)

 活動をグループ別に分けて間接費の計算を行う理由は、間接費の発生態様が、グループごとに異なるからである。すなわち、間接費の計算を活動ごとに行うABCの考え方のもとでは、活動の態様がグループによって異なるのであれば、グループに分けて計算するほうが自然だからである。

 

 

問5 (約5行)

 イとオの相違をもたらすことになった最大の要因は、製品Qが、より活動を多く消費し、製造間接費が多く計算されたからである。

 

 

 

 

第2問答案用紙<1>

(会計学)

 

問題1

問1

許容原価

        410000

問2

3.017

2.317

2.683

1.983

問3

構成部品

目標原価

最終見積原価

未達成額

金額(円)

構成比率

金額(円)

構成比率

金額(円)

構成比率

エンジン

123820

0.302

161,200

0.350

37380

0.232

ボディー

95120

0.232

115,800

0.252

20680

0.179

サスペンション

109880

0.268

103,000

0.224

6880

0.067

タイヤ

81180

0.198

80,000

0.174

1180

0.015

410000

1.000

460,000

1.000

50000

0.109

 

問4

 

製品のライフサイクルを考慮して原価を低減するという方策が考えられる。

 

予算段階、利益計画段階で原価を低減するという方策が考えられる。

 

 

 

 製品のライフサイクルを考慮して原価を低減するという方策が、原価を低減しつつ、環境負荷を低減できる理由は、このオートバイのユーザーは、購入時のコストだけでなく、ライフサイクル全体を通じたコストも考慮するからである。そして、ライフサイクルを通じて利用を考えることにより、無駄を減らすことができ、環境負荷も低減できるのである。

 

 

 

第2問答案用紙<2>

(会計学)

 

問題2

問1

時間価値

キャッシュフロー

正味現在価値法

利益

内部利益率法

 

 

 

問2

 

A案

B案

単純回収期間法

5.01

7年

ウの方法

113048千円

194336千円

 

問3

 

A案

割引回収期間

6年

 

問4

 社長は、B案を主張しているが、B案は、早期に多額の営業利益を生み出しており、全体としてのキャッシュフローにかかわらず、早期に利益を上げて後の不確実性に備え、利益目標を達成することを重視している。

 これに対して、財務担当副社長は、A案を主張しているが、A案は、初期の利益は比較的小額であるが、あとになって多額の営業利益を生み出しており、A案の成長性と、全体としてのキャッシュフローを重視している。

 

問5

 一般的に、投資計画を分割して実施することのメリットとしては、将来の不確実性に備えることが出来る点が挙げられる。すなわち、短期的に確実に利益を上げることができる場合には、確実に利益を上げることができる部分についてのみ投資を実施し、その後に、再び当市をするかどうかについて意思決定をすれば、不確実性が解消した上での適切な意思決定を行うことが出来るのである。

 なお、分割投資計画の収益性の評価を具体的に評価する方法は、フローチャートなどによって、分類して評価するものがある。

 

 

管理会計①

 問1の計算は普通だったと思うのですが、問2の計算は、構造がよくつかめなかったので、すべて捨てました。その代わり、理論はとにかく書きまくる作戦に出ました。数字が出なくても、大体の数値を推測して、とにかく埋めます。私は、いままで、答練のとき、数字が出ないものでも、どんぶり勘定で勝手に数字を推測していましたし、その推測に基づいて理論を書きまくっていました。

 

管理会計②

 問1も問2も計算は普通だったと思うのですが、問1の理論は、正直何を書いたらいいのかわかりませんが、解答の放棄はしてはならないと思いました。問2は、計算は普通といいつつも、実は、「年」の答え方(端数処理)を間違えました。気づいたのが終了直前で、1箇所は修正できましたが、2箇所は間に合わず、そのままにせざるを得ませんでした。短答のときは、答えを選べばいいだけなので、端数処理を間違えることなどありえません。短答とは異なった厳しさを感じました。

 第一問の問2との出来と、端数処理のミスに気づいたことで、この時点で本当に落ち込みました。しかし、短答であれば、管理会計ができなければアシキリ不合格になりますが、論文試験は、管理会計だけではアシキリにはなりません。そう言い聞かせて、次の試験に臨みました。

カテゴリ

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 管理会計-rouge

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.cpa-lab.com/cgi-bin/mt420/mt-tb.cgi/287

最近のコメント

管理人へ連絡

メール(メーラー)

SPOK'S OTHER SITES

購読する このブログを購読(atom) /  (RSS2.0)

このブログ記事について

このページは、spokが2008年9月13日 00:04に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「民法-rouge」です。

次のブログ記事は「財務会計-rouge」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

携帯QRコード

http://www.cpa-lab.com/i/
Powered by Movable Type 4.2-ja