TOPICS
2009奨学生スタート
本年度は6名の奨学生が選出されました。暖かく見守り下さい。
2009CPA-LAB奨学生TOP

------------------------------------------------------------------------------------

2009奨学生近況 2009奨学生TOP
黒猫さん 合格体験記 →nktさん 結果 →フリーさん 論文式試験結果 →mitanさん 報告 →めろんぱんさん お知らせ →アキさん 2009-06-26 04/25 10:02

------------------------------------------------------------------------------------

2008奨学生近況 2008奨学生TOP

------------------------------------------------------------------------------------

受験生ブロガーのひとりごとpickup! → エェ(;゜Д゜)ェエ新聞ブロッコリー9/1の勉強記録世界とつながる疲れた・・・→ 詳しくは、オールリストへ

Top再現答案2008年度 > 財務会計-rouge

財務会計-rouge

| | トラックバック(0)
水色で塗りつぶした部分は、専門学校の解答と一致しているところです(ただし、数値、選択肢の部分のみ)

第3問答案用紙<1>

(会計学)

 

問1

1600百万円

200百万円

440百万円

百万円

350百万円

250百万円

百万円

400百万円

72百万円

百万円

300百万円

百万円

 

問2

(1)

 「資本の部」という表記を「純資産の部」に変えた理由は、「資本」という表記では、株主資本を意味すると考えられるのが一般的であり、株主資本以外の項目も含める表記のほうがふさわしいと考えられたからである。また、国際的にも、「資本」に相当する表記よりも、「純資産」に相当する表記のほうが一般的であるからである。

 

 

(2)

 純資産の部を、株主資本と株主資本以外の項目に区分する理由は、株主資本と株主資本以外では、帰属の主体が異なるし、その性質上、発生の頻度や額に関して、重要性が異なり、同様に扱う必要性が乏しく、仮に同様に扱うこととなるとすれば、事務処理が極めて煩雑になるとともに、その実益もないからである。

 

 

(3)

 連結貸借対照表上、株主資本以外の項目は、評価換算差額等、新株予約権及び少数株主持分の3つに区分される。少数株主持分は、少数株主に帰属し、帰属先の観点から区分され、新株予約権は、権利が行使されるか失効するまで性質が未確定であり、仮勘定としての性格を有するので、性格上の観点から分類される。

 

 

第4問答案用紙<1>

(会計学)

問1

(1)この一連の仕訳においては、10000円で現金売上をするとともに、500円分の金券で交付する商品の原価を引当金として計上している。すなわち、現金売上と金券交付は別個の取引であるという考え方が基礎にあり、金券交付は、後に交付する商品の原価の引当計上という性格を有する。

(2)①

(借)

現金

 

10000

(貸)

売上

未払金

 

9700

300

 

(2)②

 この一連の仕訳においては、10000円の現金売上と、金券の交付は、連続した一連の取引であるという考え方が基礎にある。すなわち、金券の交付も含めた上で売上の額が確定し、金券交付取引は、売上値引きとしての性格を有する。

 

問2

(1)①

 この方法の基礎には、取得・保有している自己株式が、そのまま消却されるだけでなく、処分されることもありうるという考え方がある。すなわち、自己株式処分もされうる状態にあることから、取得原価で一括して株主資本全体の控除項目とされるのである。

 この方法の基礎には、取得・保有している自己株式が、通常そのまま消却される状態にあるという考え方がある。すなわち、消却することを予定して取得・保有している以上、株主資本の構成要素に配分して直接減額するのが、自然なのである。

(2)①

 この方法の基礎には、自己株式の処分は、通常の有価証券の売却と異なり、資本取引であるという考え方がある。そして、処分によって差損が生じたとしても、資本取引である以上、資本剰余金を直接減少させることになる。

この方法の基礎には、自己株式の処分は、通常の有価証券の売却と同じく、損益取引であるという考え方がある。そして、処分によって差損が生じた場合は、売却損として、利益剰余金の額を直接減少させることになる。

 

第4問答案用紙<2>

(会計学)

問3

(1)①(負の現金同等物)比較的少額で、頻繁に利用される状況では、当座借越は負の現金同等物としての取扱いとなる。この取扱いには、利用状況から考えて、当座預金のマイナスとしてとらえるべきであるとの考え方が基礎にある。

②(短期借入金)比較的多額で、重要性の高い当座借越については、短期借入金としての取扱いになる。この取扱いには、利用状況や、重要性から考えて、当座預金のマイナスでは足りず、もはやその実態は借入金であるとの考え方が基礎にある。

(2)「期間が短く、かつ、回転が速い項目に係わるキャッシュフロー」について準額表示が認められている理由は、具体的には、少額の借入と返済を非常に多数にわたり繰り返している場合に、総額表示では、非常に多額の借入と返済があったこととして表示され、借り入れの規模について、財務諸表利用者に誤解を与える恐れがあるからである。

(3)①この方法の基礎には、現金の支払が検収から6ヵ月後であったとしても、機械という固定資産の取得によるキャッシュフローであることを重視すべきであるという考え方がある。

   ②この方法の基礎には、現金の支払は、すでに6ヵ月後であり、機械の取得のための支払というよりは、返済のために支払ったキャッシュフローととらえるべきであるという考え方がある。

 

問4

(1)③の取引に関連して、損益が計上されないのは、投資の継続性が認められるからである。すなわち、この取引では、事業p2を子会社S社に譲渡しており、対価として子会社株式を受け取っているのであるから、投資は変質せず、投資の継続性が認められるのである。

(2)p2事業に対するP社の持分比率は、100%から80%に変動する。そして、P社としては、対価としてS社の新株を受け取っていることから、子会社の増資によって持分比率が減少したことになる。よって、P社の連結財務諸表では、持分変動損益が計上されるというように取り扱われることになる。

(3)s1事業に対するP社の持分比率は、60%から80%に変動する。そして、P社としては、対価としてS社の新株を受け取っていることから、子会社の増資によって持分比率が増加したことになる。よって、P社の連結財務諸表では、追加取得に準じてのれんが計上されるというように取り扱われることになる。

 

第5問答案用紙<1>

(会計学)

問1

 

千円

千円

千円

 

 

158000千円

24000千円

千円

 

38700千円

千円

90000千円

千円

 

問2

(1)

「企業結合に係る特定勘定」とは、企業結合にあたって、一時に多額の損失計上が見込まれる場合に、多額の損失のために経営成績を誤解させないように計上されるものであり、引当金の性格を有する。そして、特定の損失を認識したさいに、取崩益を計上することによって、多額の損失計上を防ぐのである。

(2)

社長の支持する会計処理は、会計基準上認められない。その理由は、まず、顧客リストに、経済的資源としての性格が認められず、資産性が認められないからである。そして、残りを研究開発費として計上することについても、研究開発費は、みずから研究・開発したものについてのみ計上されるものであるから、買収して取得することで認識するのにふさわしくないからである。

 

問3

(1)

(2)

 

千円

千円

 

(3)

「期末の帳簿価額を将来の回収可能性に照らして見直すだけでは、収益性の低下による減損損失を正しく認識することは出来ない」という指摘の背景には、減損損失に対して、蓋然性によって認識することではたりず、経済的価値減少の事実を認識したら認識すべきであるとする考え方がある。

 

 

 

 

 

第5問答案用紙<2>

(会計学)

問4

棚卸資産の会計処理に関して、一括して切放法を選択するほうが適当であるとする理由は、棚卸資産は、いったん正味売却価額が下がってしまったら、取得原価にまで回復することは考えにくく、洗替法によることは不自然であるし、たとえ、要因ごとに区分することが可能であったとしても、手続が非常に煩雑になり、そのような煩雑な手続をしなければならないほどの実益もないからである。

 

 

問5

社長が主張するような退職給付の処理をすることは認められない。その理由は、数理計算上の差異について、前期から繰り越されてきた額と当年度に発生した額を全額費用処理して、特別損失として表示すると、一時に多額の損失が計上され、期間比較可能性が害され、財務諸表利用者に対して、誤解を生じさせる恐れがあるからである。

 

 

問6

経理部長の発言のように、売却益を計上することは会計基準上認められない。その理由は、たしかに、投資有価証券の売却、再購入の契約は取引所を通じて時価で行われているのであるが、売却に際しての再購入の契約は、「買い戻す権利を実質的に有していないこと」という支配の移転の要件を満たさず、金融資産である投資有価証券の消滅を認識することが出来ないからである。

 

 

問7

決算会議で修正が検討された項目のうち、税効果会計に与える影響は、棚卸資産と退職給付にかんして、繰延税金資産が計上されることが挙げられる。

 

 

 

 

 

 

財務会計①

 理論が多かったので、理論を最優先し、計算は、簡単なところを見つけて部分的にとれればいいくらいに考えて取り組みました。

 理論は、とにかく調べまくることと、問題文の配列と一貫性を重視しました。あと、近年の税理士試験の問題をチェックしておいてよかったと思いました。

 

財務会計②

 最初の仕訳問題は、利益率の存在に少し悩みました。あと、理論問題は、調べまくることと、問題文の配列と一貫性、それに加えて、問題文を引用してオウム返しで答えることを意識しました。

 「基礎になる考え方」というのが、どこまでのことを意味するのかが非常に悩みましたが、とりあえず無理をせず素直に答えました。あまり深読みしすぎてしまうのもどうかと思いました。

カテゴリ

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 財務会計-rouge

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.cpa-lab.com/cgi-bin/mt420/mt-tb.cgi/288

最近のコメント

管理人へ連絡

メール(メーラー)

SPOK'S OTHER SITES

購読する このブログを購読(atom) /  (RSS2.0)

このブログ記事について

このページは、spokが2008年9月13日 00:08に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「管理会計-rouge」です。

次のブログ記事は「監査論-rouge」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

携帯QRコード

http://www.cpa-lab.com/i/
Powered by Movable Type 4.2-ja