TOPICS
2009奨学生スタート
本年度は6名の奨学生が選出されました。暖かく見守り下さい。
2009CPA-LAB奨学生TOP

------------------------------------------------------------------------------------

2009奨学生近況 2009奨学生TOP
黒猫さん 合格体験記 →nktさん 結果 →フリーさん 論文式試験結果 →mitanさん 報告 →めろんぱんさん お知らせ →アキさん 2009-06-26 04/25 10:02

------------------------------------------------------------------------------------

2008奨学生近況 2008奨学生TOP

------------------------------------------------------------------------------------

受験生ブロガーのひとりごとpickup! → エェ(;゜Д゜)ェエ新聞ブロッコリー9/1の勉強記録世界とつながる疲れた・・・→ 詳しくは、オールリストへ

Top再現答案2008年度 > 監査論-rouge

監査論-rouge

| | トラックバック(0)
水色で塗りつぶした部分は、専門学校の解答と一致しているところです(ただし、数値、選択肢の部分のみ)

1問答案用紙<1>

(監査論)

 

問題1(約8行)

 事業上のリスク等を重視したリスクアプローチにおいて、監査人が、企業及び企業環境を十分に理解することが求められている理由は、企業は、事業を経営するうえで、その事業内容、属する産業の状況、規制及び事業の規模や複雑性等によりさまざまなビジネスリスクにさらされており、監査人が発見しなければならない重要な虚偽表示は、財務諸表項目のみから発生するわけではなく、個々の企業及び企業環境によって異なるビジネスリスクから生じる、財務諸表全体レベルが原因となることがあるからである。

 

 

問題2

1

 

識別すべき事業上のリスク

(財務諸表全体レベル)

生じる可能性のある虚偽の表示

(財務諸表項目レベル)

株式交換による企業買収に頼った業容拡大

株価を高めるための仕入債務の過少計上

技術革新が著しく、需給見通しが不透明であること

研究開発費を操作すること

海外受注が増加傾向にあること

 

為替差損益を操作すること

販売促進活動が活発であること

 

売り上げの過大計上を行うこと

設備投資が過剰となりがちであること

 

借入金を操作すること

売上代金の回収期間が長期化していること

売掛金の金額を操作すること

 

1問答案用紙<2>

(監査論)

 

問2

(約10行)

 監査人が、特別な検討を必要とするリスクかどうかを決定するためには、職業的専門家としての判断が必要となるが、その判断に当たっては、①リスクの性質、②潜在的な虚偽の表示が及ぼす影響の度合い、③リスクの発生可能性の程度を検討する必要がある。

 本問について具体的に見ると、まず、技術革新が著しく、需給見通しが不透明であることから、研究開発費の計上は不確実なものであり、主観的な判断を伴う性質のものであるために発生の可能性は高い。また、海外受注が増加傾向にあるために、ヘッジを行うなど複雑な取引を行う可能性があり、金額の重要になっていることから影響も大きく、発生の可能性も高い。さらに、借り入れに当たっての財務制限条項の存在により、販売促進活動に当たって、リスクが発生する可能性が高い。

 以上のような理由から、監査責任者は、特別な検討を必要とするリスクが存在すると判断した。

 

第2問答案用紙<1>

(監査論)

 

問題1

(社長の提案の番号)

(約8行)

(理由)

 内部監査が十分に機能していないことから、内部監査業務も併せて実施することは、監査証明に係る契約上、問題があり、解消しなければならない。

 その理由は、内部監査は、内部統制の構成要素である監視活動における主要な機能の一つであり、監査対象から独立している必要はあるが、経営者が設定するものである。監査人は、被監査会社から独立した第三者であり、内部監査を評価して、利用することもある。そうだとすると、内部監査を監査人が行うことは、内部統制に関する二重責任に反し、内部監査に関して自己レビューになるおそれがあるからである。

 

(社長の提案の番号)

 

(約8行)

(理由)

 適正意見の表明をもって監査報酬を増額する旨の提案は、監査証明に係る契約上、問題があり、解消しなければならない。

 その理由は、このような提案は、専門業務の結果に応じて報酬を決定するといういわゆる成功報酬にあたり、公正性の原則に対する脅威が生ずるが、この脅威は、いかなる適切な措置を講じても軽減することが出来ず、受嘱してはならないからである。また、報酬の増額をもって適正意見を誘導することは、監査人の独立な第三者としての立場を脅かすものでもあるからである。

 

 

第2問答案用紙<2>

(監査論)

 

問題2

問1

 

(記載事項の番号)

 

(約6行)

(理由)

 1の「財務諸表は、貴殿の監査を受けているので、...適正に表示しております。」という部分は、不適切な記載事項である。

 その理由は、適正な財務諸表を作成する責任は経営者にあり、監査人は、意見表明責任を負うにとどまるという二重責任原則の下、監査人の監査を受けているから適正であるとの記載は、監査人に財務諸表作成に関してまで過重な責任を負わせることになりかねないからである。

 

問2

(約8行)

 「不適正意見の表明も視野に入れるべきである」との見解に対しては、妥当ではないと判断することになる。

 その理由は、不適正意見は、監査手続を行い、十分かつ適切な監査証拠を入手し、全体的な評価を経て、合理的な基礎を得た上で表明されるものであるが、本問の場合は、最終的に社長は、経営者による確認書を提出してこなかったのであり、監査手続の一部を実施できていないことから、監査範囲の制約となり、監査人は、意見を限定する又は意見を表明しないことを検討しなければならないからである。

 

 

 

監査論①

 とにかく、問題文(監査補助者のメモ)と配布法令等をヒントにして書きまくったという感じです。配布資料がなかったころの答練のときなどは、とにかく監査論は丸暗記、丸暗記というイメージが強かったのですが、そういうイメージを覆すような問題だったと思います。

 大原の試験委員講演会で、八田先生が「昨年までの試験は暗記量が10倍以上になっていて、もはや人間のすることではない。」「基準を正しく理解して、使いこなせることが大事なことだ。」と言っていましたが、そのお言葉通りの問題だったような気がします。

 

監査論②

 社長の提案や不適切な記載事項は、結論が正解できないと、記述部分を読んでもらえないことになりそうなので、非常に緊張しました。おそらく、論文受験者が増えて、採点枚数を減らすためのアシキリをしているように思いました。

 内容自体は、基本的だと思いましたが、倫理規則も含めて、配布法令を調べまくって書きました。こういう事例問題については、監査法人で働きながら勉強したり、学部のゼミでケースを与えられながら勉強したほうが絶対に有利です。

カテゴリ

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 監査論-rouge

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.cpa-lab.com/cgi-bin/mt420/mt-tb.cgi/289

最近のコメント

管理人へ連絡

メール(メーラー)

SPOK'S OTHER SITES

購読する このブログを購読(atom) /  (RSS2.0)

このブログ記事について

このページは、spokが2008年9月13日 00:10に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「財務会計-rouge」です。

次のブログ記事は「租税法-rouge」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

携帯QRコード

http://www.cpa-lab.com/i/
Powered by Movable Type 4.2-ja