TOPICS
2009奨学生スタート
本年度は6名の奨学生が選出されました。暖かく見守り下さい。
2009CPA-LAB奨学生TOP

------------------------------------------------------------------------------------

2009奨学生近況 2009奨学生TOP
黒猫さん 合格体験記 →nktさん 結果 →フリーさん 論文式試験結果 →mitanさん 報告 →めろんぱんさん お知らせ →アキさん 2009-06-26 04/25 10:02

------------------------------------------------------------------------------------

2008奨学生近況 2008奨学生TOP

------------------------------------------------------------------------------------

受験生ブロガーのひとりごとpickup! → エェ(;゜Д゜)ェエ新聞ブロッコリー9/1の勉強記録世界とつながる疲れた・・・→ 詳しくは、オールリストへ

Top再現答案2008年度 > 管理会計-sha

管理会計-sha

| | トラックバック(0)
水色で塗りつぶした部分は、専門学校の解答と一致しているところです(ただし、数値、選択肢の部分のみ)

1問答案用紙<1>

(会計学)

問題1

問1

標準製造原価差異

   264,000 円(不利)

 

問2

営業利益

         7,116,000

 

問3

貢献利益率

70.0

損益分岐点の売上高

        69,940,000

安全余裕率

8.8

 

 

 

問4

必要年間売上高

82,940,000

 

問5

製品1個当たり変動費の引き下げ額

            741

年間固定費の引き下げ額

4.368,000

 

問6 (約6行)

① 変動費を引き下げるためには、より安価な仕入先を開拓するべきである。すなわち、直接材料費の単価を引き下げることで、全体としての変動費を引き下げることができるのである。

② 固定費を引き下げるためには、直接工の人員を削減するべきである。すなわち、固定費である直接労務費を引き下げることで、全体としての固定費を引き下げることができるのである。

 

問7 (約8行)

①よく覚えていません。すみません。

②全部標準原価計算を採用している場合であっても、CVP分析により、原価を変動費と固定費に分けることができ、貢献利益を求めることができる。よって、貢献利益が収益性の比較に役立つため利益計画の策定に役立つことができる。

 

 

 

 

1問答案用紙<2>

(会計学)

問題2

問1

 円

 円

 

問2 (約5行)

 現代を取り巻く環境は、非常に変化が激しく、それに伴って消費者のニーズも多様化が進んでいる。この点、従来は組別総合原価計算によれば、同一工程において、同一の原料を使うことにより、他の製品を同時に生産することが可能であったが、今日のような環境においては、そのメリットを生かすことが出来ない。

 

 

問3

 円

     円

 

問4 (約5行)

 ABCは製造間接費を活動ごとに割り当てることで、製品原価の正確な計算を図ることを目的としている。この点、仮に活動をグループ別に分けることをしなければ、活動ごとに異なる発生点の影響、すなわち進捗度を考慮することができず、活動と原価の因果関係を保つことができなくなる。したがって、活動をグループ別に分けて関節日の計算を行う必要があるのである。

 

問5 (約5行)

 

 

  

 

第2問答案用紙<1>

(会計学)

問題1

問1

許容原価

         560,000

問2

 3.017

 2.317

 2.683

 1.983

問3

構成部品

目標原価

最終見積原価

未達成額

金額(円)

構成比率

金額(円)

構成比率

金額(円)

構成比率

エンジン

 

 

161,200

0.350

 

 

ボディー

 

 

115,800

0.252

 

 

サスペンション

 

 

103,000

0.224

 

 

タイヤ

 

 

80,000

0.174

 

 

 

 

460,000

1.000

 

 

 

問4

 

エンジンにかかる主要材料費をより排気量の少なくなるようなもの、かつ、より安価なものへ変更すべきである。

 設備投資にかかる電力を風力や水力などの自然発生的なものへ切り替えることによって、価格競争に巻き込まれず環境への負荷を減らすことができる。

 

 

 より、安価な主要材料を利用することで、製造原価引き下げ原価低減を図ることができる。

 エンジンにおいては、排気量がもっとも環境への影響が大きく、この量を減らすことのできる部品を洗濯することで環境負荷の低減を図ることができる。

 

 

第2問答案用紙<2>

(会計学)

 問題2

問1

時間価値

キャッシュフロー

正味現在価値法

比率

内部利益率法

 

 

 

問2

 

A案

B案

単純回収期間法

4.99

5.00

ウの方法

1,081千円

千円

 

問3

 

A案

割引回収期間

 

問4

 

 

 

 

 

問5

 分割投資を図ることで、たとえ投資案が失敗に終わったとしても、それに伴う機会原価をすくなくすることができ、不確実性の見極めに役立つ。

 この分割投資計画の収益性を評価するためには、柔軟性を反映した意思決定を行う必要があり、リアル・オプションがこれにあてはまる。

 

 

【感想】

 一言で言うと、非常に苦しかったです。最初に問題文を開けたとき、ABCが見えて「やった!!」と思いました。というのも、ABCは散々予備校で「今年のヤマ」といわれてきて、ある程度の量をこなしてきたからです。が、問題を一読して青ざめました。これが開始直後の感想です。

 私は基本的に全ての問題にマーカーをひいてから解き始めるのですが、理論にしても計算にしても「やりにくいなぁ」という感想を持ちました。まず、理論についてですが、ほぼ現場思考もしくは計算に対するあてはめのような部分があり、いつもは理論を埋めてから計算に取り掛かるタイプなので非常にこまりました。

 そこで、簡単なものから、第2問の語句の穴埋めから始めて、CVP、原価企画、意思決定の準で解くました。解きながら思ったのは、少数点以下、端数処理の指示が細かかったということです。指示も△、-の指示のないところもありました。

 また、理論は非常に苦しかったです。最後のリアルオプションのみ自信があったぐらいで、他は「なんとか埋める」にとどまりました。

shaさんのプロフィール
2008年の免除科目;なし
受験履歴:2007年短答不合格、2008年短答合格
受験回数:2回(試し受験は含まない)
メインの予備校:大原
公開模試での最高順位:大原予備校の公開模試2489中、上位30%位

カテゴリ

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 管理会計-sha

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.cpa-lab.com/cgi-bin/mt420/mt-tb.cgi/291

最近のコメント

管理人へ連絡

メール(メーラー)

SPOK'S OTHER SITES

購読する このブログを購読(atom) /  (RSS2.0)

このブログ記事について

このページは、spokが2008年9月14日 13:23に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「租税法-rouge」です。

次のブログ記事は「財務会計-sha」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

携帯QRコード

http://www.cpa-lab.com/i/
Powered by Movable Type 4.2-ja