TOPICS
2009奨学生スタート
本年度は6名の奨学生が選出されました。暖かく見守り下さい。
2009CPA-LAB奨学生TOP

------------------------------------------------------------------------------------

2009奨学生近況 2009奨学生TOP
黒猫さん 合格体験記 →nktさん 結果 →フリーさん 論文式試験結果 →mitanさん 報告 →めろんぱんさん お知らせ →アキさん 2009-06-26 04/25 10:02

------------------------------------------------------------------------------------

2008奨学生近況 2008奨学生TOP

------------------------------------------------------------------------------------

受験生ブロガーのひとりごとpickup! → エェ(;゜Д゜)ェエ新聞ブロッコリー9/1の勉強記録世界とつながる疲れた・・・→ 詳しくは、オールリストへ

Top再現答案2008年度 > 監査論-sha

監査論-sha

| | トラックバック(0)
水色で塗りつぶした部分は、専門学校の解答と一致しているところです(ただし、数値、選択肢の部分のみ)

1問答案用紙<1>

(監査論)

問題1(約8行)

 リスクアプローチに基づく監査とは、重点的に重要な虚偽の表示の高い項目について、多くの時間や人員を投入し、監査リスクを合理的に低い水準に抑えることをいう。したがって、監査リスクを合理的に低い水準に抑えるためには、発見リスクの水準を適切に定める必要があり、その水準を定めるためには、重要な虚偽の表示に対するリスク評価が重要となる。よって、そのリスク評価にあたって企業及び企業環境を十分に理解することが求められる。

 

 

問題2

1

 

識別すべき事業上のリスク

(財務諸表全体レベル)

生じる可能性のある虚偽の表示

(財務諸表項目レベル)

株式交換による企業買収に頼った業容拡大

株価を高めるための仕入債務の過少計上

売掛金の回収期間の長期化

 

貸倒引当金の過少計上

過剰な在庫の保有

 

売上原価の過少計上

活発な販売促進活動

 

不当な交際費による販売費の過大計上

過剰な設備投資

 

有形固定資産の過大計上

財務制限状況の存在による運転資金の借り入れ

継続企業の前提の注記の妥当性

 

1問答案用紙<2>

(監査論) 

問2

(約10行)

 株式交換による取引は、非定形的な取引であり、複雑性を要することになる。したがって、内部統制が十分に機能しないこともあり、質の面において重要な虚偽表示のリスクが高い。また、株式交換によれば、多額の資金が取引に用いられることが予想されており、量の面においても重要な虚偽表示のリスクも高い。

 

 

 

 

 

第2問答案用紙<1>

(監査論)

問題1

(社長の提案の番号)

 

(約8行)

(理由) 当該依頼は、内部監査を外部の監査人が行う業務に当たる。ここで、財務諸表の監査は独立性を保持した第三者によって行われる必要がある。なぜなら、財務諸表の監査は社会的信頼性を付与することが目的であり、その前提として独立性の保持が求められるからである。そして、財務諸表監査にあたっては、内部監査も利用することがあり、自己レビューの脅威が生じるおそれがある。したがって、独立性を保持するべく、当該脅威を解消または大幅に改善する必要がある。

 

(社長の提案の番号)

③ 

 (約8行)

(理由)  監査人が表明する意見の結果に基づき、監査報酬を変動させる当該依頼は、成功報酬にあたる。しかし、財務諸表監査においては、投資者保護の観点から、独立性を保持することが求められ、成功報酬は外観的独立性を損なうことになる。したがって、倫理規則によれば、自己利益の脅威が生じることとなり、解消または大幅に改善する必要がある。

 

 

第2問答案用紙<2>

(監査論)

問題2

問1

 

(記載事項の番号)

 

(約6行)

(理由) 経営者は、財務諸表の作成責任を負い、監査人は、財務諸表に対する意見表明のみに責任を負う。この点、本問の監査人による監査を受けていることを理由として、適切な財務諸表が作成されているような旨の記述は、上述の二重責任の原則に反することとなる。したがって、当該記載を認めれば、監査人が不当に過大な責任を負うことになり、また財務諸表利用者の誤解を招く恐れがある。よって、当該記載は妥当ではないと解する。

  

 

 

 

問2

(約8行)

 本問の見解は妥当ではない。なぜなら、不適正意見を表明するのは、財務諸表における重要な虚偽の表示が全体として著しく不適切な場合である。しかし、本問のように監査人が経営者に対して、確認を求めた事項につき確認書を得られなかった場合、監査手続の一部が実施できなかったことになる。また、本問における確認事項は財務諸表監査の前提となるような事項である。したがって、監査人は原則として意見表明をしてはならないこととなるため、本問の見解は妥当ではない。

 
 

 

【感想】

 第一問は良くないものの、第二問はわりと出来たと思います。法令基準集持込可能ということで、どういう形式になるのかが不安でしたがそれほどの心配は必要ありませんでした。

shaさんのプロフィール
2008年の免除科目;なし
受験履歴:2007年短答不合格、2008年短答合格
受験回数:2回(試し受験は含まない)
メインの予備校:大原
公開模試での最高順位:大原予備校の公開模試2489中、上位30%位

カテゴリ

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 監査論-sha

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.cpa-lab.com/cgi-bin/mt420/mt-tb.cgi/293

最近のコメント

管理人へ連絡

メール(メーラー)

SPOK'S OTHER SITES

購読する このブログを購読(atom) /  (RSS2.0)

このブログ記事について

このページは、spokが2008年9月14日 13:35に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「財務会計-sha」です。

次のブログ記事は「企業法-sha」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

携帯QRコード

http://www.cpa-lab.com/i/
Powered by Movable Type 4.2-ja