TOPICS
2009奨学生スタート
本年度は6名の奨学生が選出されました。暖かく見守り下さい。
2009CPA-LAB奨学生TOP

------------------------------------------------------------------------------------

2009奨学生近況 2009奨学生TOP
黒猫さん 合格体験記 →nktさん 結果 →フリーさん 論文式試験結果 →mitanさん 報告 →めろんぱんさん お知らせ →アキさん 2009-06-26 04/25 10:02

------------------------------------------------------------------------------------

2008奨学生近況 2008奨学生TOP

------------------------------------------------------------------------------------

受験生ブロガーのひとりごとpickup! → エェ(;゜Д゜)ェエ新聞ブロッコリー9/1の勉強記録世界とつながる疲れた・・・→ 詳しくは、オールリストへ

Top再現答案2008年度 > 管理会計-ぴよ

管理会計-ぴよ

| | トラックバック(0)
水色で塗りつぶした部分は、専門学校の解答と一致しているところです(ただし、数値、選択肢の部分のみ)

1問答案用紙<1>

(会計学)

問題1

問1

標準製造原価差異

  264,000 円( 不利差異  )

 

問2

営業利益

           7,116,000

 

問3

貢献利益率

70

損益分岐点の売上高

69,940,000

安全余裕率

8.8

 

 

 

問4

必要年間売上高

        82,940,000 円

 

問5

製品1個当たり変動費の引き下げ額

              円

年間固定費の引き下げ額

 

問6 (約6行)

     仕損を減らすように従業員の労働の率を上げる。そのために定期的な従業員教育をし、効率的で有効な作業の実施できるようにする。

 

     不必要な従業員を減らし、必要最低限の従業員で効率的に作業を行うことで直接労務費を低減させる。

 

 

問7 (約8行)

 

 

 

 

 

  

1問答案用紙<2>

(会計学)

問題2

問1

10,878,820

40,758

 

問2 (約5行)

組別総合原価計算は、コストをかけて製品への跡付けをするために組別に原価を配分し、正確な製品原価計算を行う。しかし、近年の多品種少量生産時代における支援活動費の増大は、部門別原価計算で製品生産量を基準とした操業度関連で間接費を配賦する以上、内部相互補助により正確な製品原価計算は行うことができない。したがって、コストをかけて組別に移行するメリットがないという問題点が存在する。

 

問3

32,987,820

19,192,331

98,680 円

 

問4 (約5行)

ABCは「活動が原価を消費し、原価計算対象が活動を需要する」という思考のもと、資源ドライバーを基準に原価を各活動に配賦し、コストドライバーを基準に各活動から製品へ原価を配賦する。これにより、各活動の活動量に応じた原価を製品へ配賦することを可能とし、正確な製品原価計算を行える。

 

 

問5 (約5行)

伝統的部門別計算による間接費の配賦は、直接作業時間を基準として製品へ配賦する。これは、製品Pが直接作業時間を多く消費しているが、比較的多額である製品設計や資材購買といった直接作業時間に比例しない原価を直接作業時間により配賦することにより相違をもたらしていると考えられる。ABCによれば、この多額な製品設計や資材購買を各活動量に応じ配賦しているため、間接費を一括して直接作業時間で配賦する部門別原価計算との差異につながる。

 

 

第2問答案用紙<1>

(会計学)

問題1

問1

許容原価

        410,000 円

問2

3.017

   2.317

2.683

1.983

問3

構成部品

目標原価

最終見積原価

未達成額

金額(円)

構成比率

金額(円)

構成比率

金額(円)

構成比率

エンジン

 

 

161,200

0.350

 

 

ボディー

 

 

115,800

0.252

 

 

サスペンション

 

 

103,000

0.224

 

 

タイヤ

 

 

80,000

0.174

 

 

 

 

460,000

1.000

 

 

 

問4

 

      

VE活動

     

      

MD

 

      

テアダウン

 

 

 

 

 

 

第2問答案用紙<2>

(会計学) 

問題2

問1

時間価値

金額

正味現在価値法

   率

内部利益率法

 

 

 

問2

 

A案

B案

単純回収期間法

6年

6年

ウの方法

千円

千円

 

問3

 

A案

割引回収期間

6年

 

問4

社長の主張:投資期間全体で評価すれば、B案の方が有利なためB案を選択すべきと主張したと考えられる。

 

財務担当副社長の主張:B案は投資後半に利益が減少しているため、需要後退が考えられるがA案は投資後半に利益が上昇しているため消費者需要を考えて、将来的な有効な投資はA案であるからA案を選択すべきと主張しているのである。

 

問5

メリット:将来の不確実性を考慮し、状況に応じて投資意思決定を行えるとうメリットがある。分割投資計画は、投資案であれば投資を中止し他の投資機会を検討したりするということに役立つ。

具体的な方法:投資前半の120,000千円の投資と、投資後半の90,000千円の投資案を区別して収益性を評価する。

 

(感想)

後から聞けばABCは埋没だったのに手を出し、時間を消費してしまった。未達成率を解けば良かったです。あと理論も後から解答を見れば簡単でしたので空白が悔やまれます。ABCの理論はよく書けたかと思います。自己採点では40点から45点くらいかと思います。平均ちょい下かと。

ぴよさんのプロフィール
2008年の免除科目;なし
受験履歴:2007年短答不合格、2008年短答合格
受験回数:  2 回(試し受験は含まない)
メインの予備校:大原
公開模試での最高順位: 2500人中2200ぐらい
最終学歴:会計専門職大学院在学中

カテゴリ

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 管理会計-ぴよ

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.cpa-lab.com/cgi-bin/mt420/mt-tb.cgi/299

最近のコメント

管理人へ連絡

メール(メーラー)

SPOK'S OTHER SITES

購読する このブログを購読(atom) /  (RSS2.0)

このブログ記事について

このページは、spokが2008年9月14日 14:22に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「監査論-ぴよ」です。

次のブログ記事は「企業法-ぴよ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

携帯QRコード

http://www.cpa-lab.com/i/
Powered by Movable Type 4.2-ja