TOPICS
2009奨学生スタート
本年度は6名の奨学生が選出されました。暖かく見守り下さい。
2009CPA-LAB奨学生TOP

------------------------------------------------------------------------------------

2009奨学生近況 2009奨学生TOP
黒猫さん 合格体験記 →nktさん 結果 →フリーさん 論文式試験結果 →mitanさん 報告 →めろんぱんさん お知らせ →アキさん 2009-06-26 04/25 10:02

------------------------------------------------------------------------------------

2008奨学生近況 2008奨学生TOP

------------------------------------------------------------------------------------

受験生ブロガーのひとりごとpickup! → エェ(;゜Д゜)ェエ新聞ブロッコリー9/1の勉強記録世界とつながる疲れた・・・→ 詳しくは、オールリストへ

Top再現答案2008年度 > 管理会計-キングヴェテ

管理会計-キングヴェテ

| | トラックバック(0)
水色で塗りつぶした部分は、専門学校の解答と一致しているところです(ただし、数値、選択肢の部分のみ)

1問答案用紙<1>

(会計学)

問題1

問1

標準製造原価差異

    264,000 円( 不利 )

 

問2

営業利益

          7,116,000

 

問3

貢献利益率

70

損益分岐点の売上高

69,940,000

安全余裕率

8.8

 

 

 

問4

必要年間売上高

      82,940,000

 

問5

製品1個当たり変動費の引き下げ額

            741

年間固定費の引き下げ額

4,368,000

 

問6 (約6行)

     変動費の引き下げは、直接材料の買入単価を引き下げることや歩留まりを上げて材料投入量を引き下げること、また、間接部門の経費削減を図ることが考えられる。

 

②固定費の引き下げは、給料カットや人員の合理化による労務費の削減、経費削減を通じた間接部門固定費や一般管理費の削減、効率的な販売活動の推進による販売費の削減などが考えられる。

 

問7 (約8行)

      

 

 

 

     全部標準原価計算を採用している場合であっても、CVP分析によれば、売上高や製造原価、販売費などの変動が利益額に与える影響を動態的に分析することが可能となるため、短期的な利益計画の策定にあたってはCVP分析は有効な分析手法である。

 

 

1問答案用紙<2>

(会計学)

問題2

問1

10,895

 円

 

問2 (約5行)

 多品種少量生産が多くなっている現代の製造環境のもとでは、組別総合原価計算を行なうにあたっては、製品種類別の製造コストの集計が困難という問題がある。すなわち、個流しや小さいロットでの製造を行っている場合では、製品種類別に直接作業時間や機械稼働時間を集計するのに手間を要するため、組別総合原価計算のためのデータ入手が困難ないし不可能であるという問題が生じる。

 

問3

 円

     円

 

問4 (約5行)

ABCは製造間接費を製造活動の因果関係に基づいて振り当てる計算方法であるため、なるべく因果関係に基づいた計算を行なうために、活動をグループ別に分けて間接費の計算を行なう。

 

 

 

問5 (約5行)

 

 

 

 

 

 

 

 

第2問答案用紙<1>

(会計学)

 

問題1

問1

許容原価

          410,000

問2

 2.6

    1.9

 2.4

1.7

問3

構成部品

目標原価

最終見積原価

未達成額

金額(円)

構成比率

金額(円)

構成比率

金額(円)

未達成率

エンジン

123,820

0.302

161,200

0.350

37,380

0.232

ボディー

90,610

0.221

115,800

0.252

25,190

0.218

サスペンション

114,390

0.279

103,000

0.224

11,390

0.111

タイヤ

81,180

0.198

80,000

0.174

1,180

0.015

410,000

1.000

460,000

1.000

50,000

0.109

 

問4

 

 

     

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第2問答案用紙<2>

(会計学)

 

問題2

問1

時間価値

キャッシュ・フロー

正味現在価値法

利益

 

 

 

 

問2

 

A案

B案

単純回収期間法

4.35

3.93

ウの方法

24,499千円

15,000千円

 

問3

 

A案

割引回収期間

5.60

 

問4

社長の主張:投下資金を早く回収し、また、将来の不確実性に備えるために、単純回収期間の早いB案の採用を主張した。

 

財務担当副社長の主張:各投資案の正味現在価値を比較すると、A案の方が大きい。このため、時間価値を考慮すれば、A案を採用する方が合理的である。

 

 

問5

メリット:投資の成果によっては撤退するというオプションを残し、投資のリスクを減少させられるというメリットがある。また、投資の分割により資本投下の一部を遅らせることができるため、その分の資金調達コストが節約できるというメリットもある。

具体的な方法:通常の投資と同様、正味現在価値法などにより評価することができる。

 

 

感想

何も考えず素直に前から解く。CVPはすんなり終わったけど、組別&ABCで死亡。なんか工程費を計算する段階で端数が出るし、答えが合ってる気がしない。焦りながらドツボにハマって20分くらいロスした挙句に答えが出ない。計算が解けないから理論も埋まらないし。勇気を持ってこの問題全部捨てて第2問へ。タイムプレッシャーがあったのでひたすら電卓叩きまくったけど、どれも解きにくく、合ってる気がしない。そんな感じで試験終了。終わった瞬間、顔面蒼白でした。

 

キングヴェテさんのプロフィール

2008年の免除科目;なし
受験履歴:2004~2006短答落ち、2007短答合格(論文科目無し)
受験回数:  5回
(試し受験は含まない)
メインの予備校:単科バラバラで組合せ
公開模試での最高順位:TAC第2回全答練 上位25%

カテゴリ

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 管理会計-キングヴェテ

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.cpa-lab.com/cgi-bin/mt420/mt-tb.cgi/304

最近のコメント

管理人へ連絡

メール(メーラー)

SPOK'S OTHER SITES

購読する このブログを購読(atom) /  (RSS2.0)

このブログ記事について

このページは、spokが2008年9月19日 21:50に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「企業法-キングヴェテ」です。

次のブログ記事は「財務会計-キングヴェテ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

携帯QRコード

http://www.cpa-lab.com/i/
Powered by Movable Type 4.2-ja