TOPICS
2009奨学生スタート
本年度は6名の奨学生が選出されました。暖かく見守り下さい。
2009CPA-LAB奨学生TOP

------------------------------------------------------------------------------------

2009奨学生近況 2009奨学生TOP
黒猫さん 合格体験記 →nktさん 結果 →フリーさん 論文式試験結果 →mitanさん 報告 →めろんぱんさん お知らせ →アキさん 2009-06-26 04/25 10:02

------------------------------------------------------------------------------------

2008奨学生近況 2008奨学生TOP

------------------------------------------------------------------------------------

受験生ブロガーのひとりごとpickup! → エェ(;゜Д゜)ェエ新聞ブロッコリー9/1の勉強記録世界とつながる疲れた・・・→ 詳しくは、オールリストへ

Top再現答案2008年度 > 管理会計-ゲルマン

管理会計-ゲルマン

| | トラックバック(0)
水色で塗りつぶした部分は、専門学校の解答と一致しているところです(ただし、数値、選択肢の部分のみ)

1問答案用紙<1>

(会計学)

問題1

問1

標準製造原価差異

     264000円( 不利 )

 

問2

営業利益

7116000    円

 

問3

貢献利益率

70

損益分岐点の売上高

   69940000

安全余裕率

8.8

 

 

 

問4

必要年間売上高

    82940000      円

 

問5

製品1個当たり変動費の引き下げ額

            741

年間固定費の引き下げ額

4368000

 

問6 (約6行)

 

①直接材料を安価なものにするなどして変動費の節減を図る。

 

②固定費を発生させる間接業務をシェアードサービスセンターなどを利用することにより合理化を図り節減させる。

  

 

問7 (約8行)

 

①全部標準原価による営業利益は期間原価としての性質を有する。

一方CVP分析による営業利益は純粋に製品の利益に対する貢献度を示している。

②全部標準原価を採用している場合であっても簿外で操作を行うことによりCVP分析を有用なものとすることができる。

 

 

 

 

 

1問答案用紙<2>

(会計学)

問題2

問1

 円

 円

 

問2 (約5行)

組別総合原価計算では直接費を各組製品に賦課し間接費を各組製品に配布する計算が行われるが、現代のように工場での機械作業が増えることや間接業務の占める割合が多くなる製造環境では間接費の配布に際して生産量等の一括した基準で各製品の製造原価を算定すると配布計算が歪められるおそれがある。

 

 

問3

 円

     円

 

問4 (約5行)

適切な製品原価計算を行うためにはコストプールに集計した原価を適切な配布基準を用いて製品に配布する必要がある。そのため本問では配布基準ごとにグループ分けし、適切な製品原価計算を行おうとしているのである。

 

 

問5 (約5行)

組別総合原価計算では間接費の配賦基準に生産量に比例して増加する操業度という一括した基準で配賦を行っていいたため、操業度と無関連の間接費までも同様に配賦されることにより製品間で内部相互補助が行われていた。一方ABCによれば活動ごとにコストを集計しそれぞれ適切な配賦基準によって製品原価を算定しているため本問のような差があらわれたのである。

 

 

 

 

第2問答案用紙<1>

(会計学)

 

問題1

問1

許容原価

         410000  円

問2

3.017 

  2.317 

2.683 

1.983

問3

構成部品

目標原価

最終見積原価

未達成額

金額(円)

構成比率

金額(円)

構成比率

金額(円)

構成比率

エンジン

123820

0.302

161,200

0.350

37380

0.232

ボディー

95120

0.232

115,800

0.252

20680

0.179

サスペンション

109880

0.268

103,000

0.224

タイヤ

81180

0.198

80,000

0.174

410000

1.000

460,000

1.000

 

 

 

問4

 

ハイブリッドエンジンを採用する

     

エンジンの排気量を減らす

 

エンジンに使用される材料をリサイクルする

 

 

ハイブリッドエンジンを採用するには初期投資に高度にシステム化された機械が必要となるが

長期的に見れば労働人員の削減から安定した経費の節減に繋がると考えられる。

 

電力を利用することによりエンジンの排気量を減らし排気ガスを減少させることから環境にとっては優しいと考えられる。

  

 

 

第2問答案用紙<2>

(会計学)

 

問題2

問1

時間価値

金額

正味現在価値法

利益率

内部利益率法

 

 

 

問2

 

A案

B案

単純回収期間法

5

ウの方法

千円

千円

 

問3

 

A案

割引回収期間

 

問4

社長の主張はB案が早期に多額の資金を回収できることから投資案の安全性を考慮してB案を採用したいと考えたものである。

 

財務担当副社長の主張は、長期的に見ればA案の方が利益率で上回っているためにA案を採用するべきと考えたためである。

 

 

 

問5

投資計画を分割することにより再投資をする際に状況を判断できることから投資の不確実性を回避することができることがメリットである。

 

 

 

 

感想

とにかく難しかったです。

ゲルマンさんのプロフィール

受験履歴:2007年短答合格
受験回数: 2回(試し受験は含まない)
メインの予備校:TAC
公開模試での最高順位:TAC予備校の公開模試 上位35%



ゲルマンさんは無償応募です。ありがとうございました。

カテゴリ

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 管理会計-ゲルマン

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.cpa-lab.com/cgi-bin/mt420/mt-tb.cgi/310

最近のコメント

管理人へ連絡

メール(メーラー)

SPOK'S OTHER SITES

購読する このブログを購読(atom) /  (RSS2.0)

このブログ記事について

このページは、spokが2008年9月20日 06:58に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「財務会計-ゲルマン」です。

次のブログ記事は「企業法-ゲルマン」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

携帯QRコード

http://www.cpa-lab.com/i/
Powered by Movable Type 4.2-ja