TOPICS
2009奨学生スタート
本年度は6名の奨学生が選出されました。暖かく見守り下さい。
2009CPA-LAB奨学生TOP

------------------------------------------------------------------------------------

2009奨学生近況 2009奨学生TOP
黒猫さん 合格体験記 →nktさん 結果 →フリーさん 論文式試験結果 →mitanさん 報告 →めろんぱんさん お知らせ →アキさん 2009-06-26 04/25 10:02

------------------------------------------------------------------------------------

2008奨学生近況 2008奨学生TOP

------------------------------------------------------------------------------------

受験生ブロガーのひとりごとpickup! → エェ(;゜Д゜)ェエ新聞ブロッコリー9/1の勉強記録世界とつながる疲れた・・・→ 詳しくは、オールリストへ

Top再現答案2008年度 > 管理会計-オー

管理会計-オー

| | トラックバック(0)
水色で塗りつぶした部分は、専門学校の解答と一致しているところです(ただし、数値、選択肢の部分のみ)

1問答案用紙<1>

(会計学)

問題1

問1

標準製造原価差異

264000円(不利)

 

問2

営業利益

  7116000 円

 

問3

貢献利益率

70

損益分岐点の売上高

69940000  円

安全余裕率

8.8

 

 

 

問4

必要年間売上高

82940000  円

 

問5

製品1個当たり変動費の引き下げ額

    741  円

年間固定費の引き下げ額

4368000

 

問6 (約6行)

①材料供給業者と協議し、材料の購入価格の値下げを図ることで変動費を引き下げる方策。

②ABCを導入し、製品の収益性を分析した上で、ABMを用いて非付加価値活動を排除、ないし効率化することで固定費を引き下げる方策

 

 

 

 

 

 

問7 (約8行)

     CVP分析において算定される営業利益は、固定費を回収したあとに算定されるものであるため、貢献利益の性格を有するものと捉えられる。

一方、全部標準原価において算定される営業利益は全部原価を回収したあとに算定されるものであるため、処分可能な利益と捉えられる。

②標準原価は、科学的、統計的調査により算定されたものであるため、全部標準原価を用いてcvp分析をした場合においても営業量の変化と営業利益の変化の関係を適切に把握できるためである。

 

 

 

 

 

 

1問答案用紙<2>

(会計学)

問題2

問1

 円

 円

 

問2 (約5行)

組別総合原価計算を行うと、少量生産品が負担すべき製造間接費まで大量生産品が負担するという内部相互補助が生じるという問題がある。その結果、製品の適切な収益性が識別できないという問題が生じる。

 

 

 

問3

 円

     円

 

問4 (約5行)

活動をグループ別に分けて間接費の計算を行うのは、それぞれのグループごとに製品との関連性が異なるためである。すなわち、正確な製品原価計算のために、製品との関連性に応じて間接費を配賦する必要があるが、そのためには活動を製品との関連性に応じて分類する必要があるためである。

 

 

 

問5 (約5行)

本問の相違をもたらす事となった最大の要因は、組別総合原価計算において内部相互補助が生じていた事にある。すなわち、製品Qが負担すべき製造間接費を製品Pが負担する琴となった分だけ、完成品単位原価が相違する事となったのである。

 

 

 

 

 

 

 


第2問答案用紙<1>

(会計学)

 

問題1

問1

許容原価

   410000      円

問2

3.017 

2.317  

2.683

1.983

問3

構成部品

目標原価

最終見積原価

未達成額

金額(円)

構成比率

金額(円)

構成比率

金額(円)

構成比率

エンジン

123820

0.302

161,200

0.350

37380

0.232

ボディー

95120

0.232

115,800

0.252

20680

0.179

サスペンション

109880

0.268

103,000

0.224

-6880

-0.067

タイヤ

81180

0.198

80,000

0.174

-1180

-.0.015

410000

1.000

460,000

1.000

50000

-0.109

 

問4

 

部品の少量化、共通利用化に努める。

    

材料のリサイクルを図る。

 

現場作業員の業績評価指標に、原価低減の指標に加えて、環境負荷低減の指標も加える。

 

①部品の少量化、共通利用化につとめることにより部品の発注費を削減できるからである。また、部品を共通利用するので、一度に大量仕入れする事となり、規模の経済を享受できるからである。

②部品の少量化により、部品の製造に必要な原材料が少なくなるので、環境負荷を低減できる事につながるからである。

 

 

 

 

 

 

 


第2問答案用紙<2>

(会計学)

 

問題2

問1

時間価値

キャッシュフロー

正味現在価値

利益率

投資利益率法

 

 

 

問2

 

A案

B案

単純回収期間法

  5.15

5.08

ウの方法

1220千円

1109千円

 

問3

 

A案

割引回収期間

 

問4

社長の主張:B案は経済命数の初期に比較的多くのキャッシュフローが得られるので、投資額を早期に回収でき、安全性が高いといえるから。

財務担当副社長の主張:A案はB案よりも正味現在価値が大きいため、企業価値の最大化のためにはA案を採用することが合理的であるといえるから。

 

 

 

 

問5

メリット:投資計画を分割して実施する事で、実際の投資案の良否を見極めながら追加投資するか否かを判断できるので、不確実性を軽減でき、リスク回避につながるというメリットがある。

具体的な方法:リアルオプションを投資案の評価に利用する方法。

 

 

 

 

 

感想;ところどころ理論がぐちゃぐちゃになったのが残念。


オーさんは、2008年度CPA-LAB奨学生です。

カテゴリ

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 管理会計-オー

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.cpa-lab.com/cgi-bin/mt420/mt-tb.cgi/328

最近のコメント

管理人へ連絡

メール(メーラー)

SPOK'S OTHER SITES

購読する このブログを購読(atom) /  (RSS2.0)

このブログ記事について

このページは、spokが2008年10月26日 19:57に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「租税法-ゲルマン」です。

次のブログ記事は「財務会計-オー」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

携帯QRコード

http://www.cpa-lab.com/i/
Powered by Movable Type 4.2-ja