TOPICS
2009奨学生スタート
本年度は6名の奨学生が選出されました。暖かく見守り下さい。
2009CPA-LAB奨学生TOP

------------------------------------------------------------------------------------

2009奨学生近況 2009奨学生TOP
黒猫さん 合格体験記 →nktさん 結果 →フリーさん 論文式試験結果 →mitanさん 報告 →めろんぱんさん お知らせ →アキさん 2009-06-26 04/25 10:02

------------------------------------------------------------------------------------

2008奨学生近況 2008奨学生TOP

------------------------------------------------------------------------------------

受験生ブロガーのひとりごとpickup! → エェ(;゜Д゜)ェエ新聞ブロッコリー9/1の勉強記録世界とつながる疲れた・・・→ 詳しくは、オールリストへ

Top再現答案2008年度 > 監査論-オー

監査論-オー

| | トラックバック(0)
水色で塗りつぶした部分は、専門学校の解答と一致しているところです(ただし、数値、選択肢の部分のみ)

1問答案用紙<1>

(監査論)

 

 

問題1(約8行)

監査人が企業及び企業環境を十分に理解する事が求められているのは、財務諸表全体レベル及び財務諸表項目レベルの重要な虚偽の表示のリスクを評価するためである。

すなわち、現代の経営環境においては、経営者の不正による、特定の財務諸表項目に関連づけられない、広く財務諸表全体にわたる重要な虚偽の表示が相対的に多くなっていることに対応するために、監査人に企業及び企業環境を充分に理解する事を求める事で、監査人の視野を広げ、リスク評価手続をより充実させ、財務諸表全体レベル及び項目レベルの重要な虚偽表示のリスクをより適切に評価する事が出来る様にするためである

 

 

問題2

1

 

識別すべき事業上のリスク

(財務諸表全体レベル)

生じる可能性のある虚偽の表示

(財務諸表項目レベル)

株式交換による企業買収に頼った業容拡大

株価を高めるための仕入債務の過少計上

過剰な設備投資

 

減価償却費の過小計上

厳しい受注競争

 

商品の過大計上

経理部門に一任されている事務部門の管理

経理部長による従業員不正

長期化傾向にある売掛金の回収

 

貸倒引当金の過小計上

財務制限条項付きの借入金

 

利益額を達成するための売上の架空計上

 

 


1問答案用紙<2>

(監査論)

 

問2

(約10行)

「株式交換による大型の企業買収」は、重要な非定型な取引に該当するため、関連する内部統制の構築が困難であるためである。また、当該「株式交換による大型の企業買収」には事業上のリスクが存在するうえに、関連当事者間で行われ、不正の疑いがある取引であると判断できるからである。さらに、株式交換には多くの会計上の見積もりを含むものであることも理由となる。

  

 

 


第2問答案用紙<1>

(監査論)

 

問題1

(社長の提案の番号)

2 

 

(約8行)

(理由)

内部監査は、経営者に従属して行われるものであるため、監査人が内部監査業務を併せて行うと、監査人の独立性がそこなわれるおそれがあるためである。

また、内部監査は、内部統制の構成要素である監視活動において独立的評価の機能を果たすものである。それゆえ、監査人が内部監査業務を併せて行うと、財務諸表の監査において自己監査となってしまうおそれがあるためである。

 

 

 

 

 

(社長の提案の番号)

3 

 

(約8行)

(理由)

適正意見の表明をもって監査報酬を増額する旨の提案は、成功報酬に該当する。

成功報酬を結んで監査業務を行うと、監査人の公正不偏の態度が失われ、精神的独立性や外観的独立性がそこなわれるおそれがある。その場合、公正な意見表明は困難になるおそれがあるためである。

また、このような成功報酬は倫理規第11条においても禁止されているものであるためである。

 

 

 

 


第2問答案用紙<2>

(監査論)

 

問題2

問1

 

(記載事項の番号)

1 

 

(約6行)

(理由)

財務諸表の監査は経営者と監査人との協力関係によって成り立つものである。にもかかわらず、本問の書面には、財務諸表の監査を受けていることをもって適正な財務諸表であるとしており、上述の協力関係について記載がないためである。

また、本問の書面には、財務諸表の作成責任は経営者にあり、意見表明責任は換算にあるという二重責任の原則についての記載がないためである。

 

 

 

 

問2

(約8行)

「不適正意見の表明を視野に入れる」ことは、意見に関する除外があったときに検討されるべきものであり、本問の見解は不適切であると判断する。なぜなら、経営者による確認書の入手は重要な監査手続きに該当し、当該確認書を入手できないことは監査範囲の制約として取り扱われるべきだからである。

そして、本問の経営者による確認書において確認が拒否された事項は、財務諸表における経営者と監査人の協力関係及び二重責任の原則といった監査の前提となるようなものである。そのため、本問においては意見不表明を視野に入れるべきであると判断する。

 

感想:解答量が少ないと思ったのでかなり慎重に答案構成しました。すると時間がなくなって特別な検討リスクの問題は七割くらいしか埋められなかった。ほかの問題はほぼ埋められました。


オーさんは、2008年度CPA-LAB奨学生です。

カテゴリ

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 監査論-オー

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.cpa-lab.com/cgi-bin/mt420/mt-tb.cgi/330

最近のコメント

管理人へ連絡

メール(メーラー)

SPOK'S OTHER SITES

購読する このブログを購読(atom) /  (RSS2.0)

このブログ記事について

このページは、spokが2008年10月26日 20:09に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「財務会計-オー」です。

次のブログ記事は「企業法-オー」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

携帯QRコード

http://www.cpa-lab.com/i/
Powered by Movable Type 4.2-ja