TOPICS
2009奨学生スタート
本年度は6名の奨学生が選出されました。暖かく見守り下さい。
2009CPA-LAB奨学生TOP

------------------------------------------------------------------------------------

2009奨学生近況 2009奨学生TOP
黒猫さん 合格体験記 →nktさん 結果 →フリーさん 論文式試験結果 →mitanさん 報告 →めろんぱんさん お知らせ →アキさん 2009-06-26 04/25 10:02

------------------------------------------------------------------------------------

2008奨学生近況 2008奨学生TOP

------------------------------------------------------------------------------------

受験生ブロガーのひとりごとpickup! → エェ(;゜Д゜)ェエ新聞ブロッコリー9/1の勉強記録世界とつながる疲れた・・・→ 詳しくは、オールリストへ

Top再現答案2008年度 > 監査論-ニコル

監査論-ニコル

| | トラックバック(0)
水色で塗りつぶした部分は、専門学校の解答と一致しているところです(ただし、数値、選択肢の部分のみ)

1問答案用紙<1>

(監査論)

 

 

問題1(約8行)

 近年、企業を取り巻く経営環境は激化の一途をたどっており、それに伴い、企業は様々な事業上のリスクに直面している。この事業上のリスクの中には、監査人の監査対象である財務諸表等に影響を及ぼすものも含まれており、重要な虚偽の表示のリスクについて適切に判断するためには、事業上のリスクについても理解し、重視することが望ましい。

 ゆえに、この事業上のリスクについて理解するためにも、企業及び企業環境を十分に理解することが求められている。 

 

 

 

問題2

1

 

識別すべき事業上のリスク

(財務諸表全体レベル)

生じる可能性のある虚偽の表示

(財務諸表項目レベル)

株式交換による企業買収に頼った業容拡大

株価を高めるための仕入債務の過少計上

技術革新が著しい業界に属している

 

陳腐化による棚卸資産及び固定資産の過大計上

売上代金の回収期間の長期化

 

売上債権の貸倒引当金の過小計上

運転資金を財務制限条項付で借り入れている

継続企業の前提に重要な疑義があるという注記漏れ

 

 

 

 

 

 

 

 


1問答案用紙<2>

(監査論)

 

問2

(約10行)

 「株式交換による大型の企業買収」は重要な否定形的取引に当たり、このような取引においては、重要な虚偽の表示が発生しやすい。

さらに本問の場合、最近になって経理部長が変わっており、しかも畑違いの営業部出身の従業員が担当している。この従業員には会計的知識及び経験が不足しているおそれがあり、このような状況では、会計処理に関して経営者から強い干渉があったとしても拒否できない可能性が高い。したがって、重要な否定形的取引に係る虚偽表示のリスクが増大していると考えられる。

 以上のような状況から、当該取引には特別な検討を必要とするリスクが存在すると判断できる。

 

 


第2問答案用紙<1>

(監査論)

 

問題1

(社長の提案の番号)

 

(約8行)

(理由)内部監査とは、会社経営者の指示の下、会社の業務が適正に行われているかを監視することであり、その業務の実施者に会社からの独立性は求められてはいない。一方、監査人が実施する監査証明業務には会社からの独立性が求められているため、これら2つの業務を兼任するということは監査人の独立性を害する上に自己監査となってしまう。ゆえに、当該提案には問題があり、解消しなければならない。

  

 

 

 

(社長の提案の番号)

 

(約8行)

(理由)監査報酬について当該提案のような成果制度を導入すると、監査人が自己の利益を優先し、不当な監査結果を招くおそれがある。このため、当該提案には問題があり、解消しなければならない。

 

 

 


第2問答案用紙<2>

(監査論)

 

問題2

問1

 

(記載事項の番号)

1

 

(約6行)

(理由)二重責任の原則によれば、財務諸表等の作成責任は経営者にあり、財務諸表等を適正に表示することについての第一義的責任は経営者にある。加えて、監査人は合理的保証による意見表明責任を負っているのみで、その保証は絶対ではない。したがって、監査人の監査を受けたことをもって自らの責任を果たしたかのような当該記載は不適切である。

 

 

 

問2

(約8行)

経営者が確認書を拒否した場合には監査範囲の制約として扱うため、意見に関する除外の枠組内である不適正意見は適切ではない。

また、経営者確認書には財務諸表監査の前提となるような事項が含まれており、これを全部拒否された場合にはもはや財務諸表監査は成り立たない。

 したがって、監査人は原則として意見を表明してはならない。

 

 

 

 

(感想)

全体的に書きやすかったですが、第一問の問題2-2は、委員会報告書内の該当ページを見つけていながらも暴走してしまいました。

問題文に「具体的に」とあったのでつい...大人しく3つの当てはめをしなかったのが悔やまれます。


ニコルさんは、2008年度CPA-LAB奨学生です。

カテゴリ

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 監査論-ニコル

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.cpa-lab.com/cgi-bin/mt420/mt-tb.cgi/336

最近のコメント

管理人へ連絡

メール(メーラー)

SPOK'S OTHER SITES

購読する このブログを購読(atom) /  (RSS2.0)

このブログ記事について

このページは、spokが2008年10月26日 21:06に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「財務会計-ニコル」です。

次のブログ記事は「企業法-ニコル」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

携帯QRコード

http://www.cpa-lab.com/i/
Powered by Movable Type 4.2-ja