TOPICS
2009奨学生スタート
本年度は6名の奨学生が選出されました。暖かく見守り下さい。
2009CPA-LAB奨学生TOP

------------------------------------------------------------------------------------

2009奨学生近況 2009奨学生TOP
黒猫さん 合格体験記 →nktさん 結果 →フリーさん 論文式試験結果 →mitanさん 報告 →めろんぱんさん お知らせ →アキさん 2009-06-26 04/25 10:02

------------------------------------------------------------------------------------

2008奨学生近況 2008奨学生TOP

------------------------------------------------------------------------------------

受験生ブロガーのひとりごとpickup! → エェ(;゜Д゜)ェエ新聞ブロッコリー9/1の勉強記録世界とつながる疲れた・・・→ 詳しくは、オールリストへ

Top再現答案2008年度 > 企業法-ニコル

企業法-ニコル

| | トラックバック(0)
水色で塗りつぶした部分は、専門学校の解答と一致しているところです(ただし、数値、選択肢の部分のみ)

1問答案用紙<1>

(企業法)

問1(約14行)

 甲会社が株主Cから自己株式の取得する行為は、たとえ両者間に合意があったとしても他の株主に対しては不公正な取引であり、株主平等原則(190)に反する。そこで、手続きに関し以下のような規制がある。

 甲会社は、取得株式数等(156)、価格(157)、株主への通知(158)について、原則として株主総会特別決議により決定しなければならない(1601項、30922)。これは、特定の株主に有利な自己株式の取得を防ぐためである。また、他の株主にも平等に機会を与えるために、追加請求権も認められている(16023)

 

 

  

 

問2(約16行)

(1)について

 株式併合を用いてCを排除するには、100株超の株式を1株にするような株式併合を行えばよい。これにより、株主は株式の対価として現金等を受け取り、排除される。

 しかし、株式併合は株主が不利益を被るおそれがあるため、株主総会特別決議が必要であり(180条、30924)、加えて取締役はその株主総会で株式併合の理由を説明しなければならない(1803)。また、株主への通知または広告を要する(181)

 

(2)について

 Cは株主総会決議取消の訴えにより、甲会社に対して当該株式併合の効力を争うことができる(83113)。なぜならCの株式数を故意に端数株式にして排除するという行為は会社の権利の乱用であり、著しく不当であるため、このように不利益を被る株主は保護されるべきだからである。

 

第2問答案用紙<1>

(企業法)

問1(約15行)

 Aが甲会社とする取引が利益相反取引である場合には、Aはその取引について重要な事実を開示し、取締役会(非設置会社の場合は株主総会)の承認を受けなければならない(35612号、3651)。これは、取締役が会社の利益を犠牲にして、自己または第三者の利益を優先することを防ぐためである。

 上記の手続きを経ないでなされた取引の効力については、会社の利益を保護するために原則無効である。ただし第三者に対しては、法的安全性を考慮し、悪意であることを立証しなければ無効を主張できない。

 

 

 

問2(約14行)

 甲会社は監査役会設置会社であるから、取締役会設置会社である(32712)

まず、取引が利益相反取引の場合で取締役会の承認を受けていた場合、取引をした取締役Aと当該取引に賛成した取締役、及び異議を議事録にとどめなかった取締役には任務懈怠責任を負う(4233項、3695)。また、Aが直接取引によって自己の利益を得ようとしていた場合には無過失責任となり、責任から逃れることはできない(428)

 次に、取締役会の承認を受けていなかった場合、他の取締役には監視義務があることから(362)、これを怠っていたならば任務懈怠責任を負う(4231)

 なお、無過失責任である場合を除き、総株主の同意によって責任を免除することができる(242)

 

(感想)

昨年の本試験では、余白がもったいなくて(不安で)余計なことを書いて自滅してしまったので、今年は不安に負けないようにコンパクトな解答を心がけたのですが...そう上手くはいきませんでした。

ところどころ抜けているのですが、極めつけは最初の問題。

財産規制をごっそり忘れていました...仮にも2年目なのにありえない。

試験残り数分くらいで見直しをしていて気づいたのですが、時すでに遅し。

書いたところを修正していては間に合わないので死に物狂いで続きに書き加えましたが、やっぱり間に合いませんでした。

文章が途中で終ってしまうと明らかに変なので、結局追加部分は修正テープで全消し。

内容が簡単だっただけに、一番後悔の残る科目になりました。


ニコルさんは、2008年度CPA-LAB奨学生です。

カテゴリ

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 企業法-ニコル

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.cpa-lab.com/cgi-bin/mt420/mt-tb.cgi/337

最近のコメント

管理人へ連絡

メール(メーラー)

SPOK'S OTHER SITES

購読する このブログを購読(atom) /  (RSS2.0)

このブログ記事について

このページは、spokが2008年10月26日 21:11に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「監査論-ニコル」です。

次のブログ記事は「経営学-ニコル」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

携帯QRコード

http://www.cpa-lab.com/i/
Powered by Movable Type 4.2-ja