TOPICS
2009奨学生スタート
本年度は6名の奨学生が選出されました。暖かく見守り下さい。
2009CPA-LAB奨学生TOP

------------------------------------------------------------------------------------

2009奨学生近況 2009奨学生TOP
黒猫さん 合格体験記 →nktさん 結果 →フリーさん 論文式試験結果 →mitanさん 報告 →めろんぱんさん お知らせ →アキさん 2009-06-26 04/25 10:02

------------------------------------------------------------------------------------

2008奨学生近況 2008奨学生TOP

------------------------------------------------------------------------------------

受験生ブロガーのひとりごとpickup! → エェ(;゜Д゜)ェエ新聞ブロッコリー9/1の勉強記録世界とつながる疲れた・・・→ 詳しくは、オールリストへ

Top合格体験記2006年度版 > H.Monkeyやる気を起こさせる勉強法-前編

H.Monkeyやる気を起こさせる勉強法-前編

| | トラックバック(0)

名前 H.Monkey
年齢 満26歳
受験歴3回(04 05短答合格 06 短答 論文合格)
予備校 04目標TAC2年本科に8月入学以後05、06とTAC
得意科目 財務会計(特に簿記)
苦手科目 経営 監査論

1 はじめに

 初めまして、私が受験生活を通して大変だと感じたのはモチベーションの維持でした。

 初受験、複数受験の双方の観点から自身の受験体験を通じて私の勉強の流れ、考え方、モチベーションの建て直しの方法を書いて行きたいと思います。
 私の勉強時間を書きますと平均して上級1年目は8~9時間、2年目は5~6時間、3年目(今回)は3時間程度でした。

 私は絶対に受かる合格マニュアルなんて存在しないと思っています。

 勉強の仕方は十人十色であり、初受験の時は成績がいい人、既に受かった人の意見をいろいろ取り入れて試していました。今思えば初受験の段階では、全体的に勉強方法は確立しておらず探索し続けました。

 ただ、その中で適切な勉強方法はその人の性格に結びつくものだと思いました。そこで、私自身の性格はおおざっぱなためこれから紹介する方法は神経質で慎重な性格の人には向いていないのかなと個人的には思いますが少しでも参考になればと思います。


2 短答式試験

・総論

 個人的には短答式試験は予備校で実施する答練の結果がそのまま反映されにくい(特に管理会計、財表)と思います。(優秀な方すいません、あくまで私見です)短答式試験への取り組み方は1~3回目の受験生活ではさほど変わらなかったです。論文の勉強の大半は短答の勉強範囲と重複しているため、普段からこちらに重点をおけば短答対策にそんなに時間をとられることはないと思います。この考えは受験生活を通してずっと変わりませんでした。 

 まず、短答対策の開始時期は4月最後の週からでした。初受験のとき(以下に記載する事はほとんどが初受験の事で2、3回目も同じ感じなので省略させていただきます)ちょっと遅いかとも思いましたが、細かい事が嫌いな私は3月くらいから始めたってどうせそのことは4月には忘れ、また同じ事を繰り返す。試験は1日の間にある(しかも文章をかくのではない)のだから細かい知識を何回転もさせて頭に定着させる必要はないと思い周囲の声は聞き入れませんでした。実際理論科目の勉強が授業に追い着いていないということもあり3月後半に3回あった短答直前等練はすべてE判定でした。

 しかし私は短答試験までには間に合うと思いました。その根拠は科目別の判定にありました。私は簿記に関して大体A判定をとっていました。管理会計の方は大体C判定くらいで計算科目は総合したらB判定と考えていました。残りの理論は全てE判定でした。

 ここで念頭にあったのが計算科目は人それぞれできる、できないがはっきりしやすいのに対し、理論科目は結論を知っているか、知らないかだけの問題であって誰でも短期間で十分に伸ばすことができ、しかも5個の選択肢の内3個わかればほぼ確実に答えが出せる問題(組み合わせ問題)が多いという事でした。

 そして、各予備校で出版される肢別チェックなどの短答問題集はいっさい使いませんでした。

 時と場合によっては例え成績が悪くても自分の勉強方法を通す事は大事だと思います。では、各科目(バラツキがありますが)に勉強の流れを書いて行きます。


・会計学(簿記)

 主に論文対策(後の論文対策で記載)がメインだったため短答対策は一週間前に帳簿組織や企業再編等論文ではあまり出そうにない論点の所の教科書ないしはレジェメに目を通し教科書に例題と答練のその部分だけ切り取ったものをまとめて解きました。

 これらの出ても短答のみと考えられている論点は回答パターンが少なく限られているため、あまり理解ができていなくても短期間でパターンを覚えて解けるようになります。


試験結果は04、05が9割程度、06は22/24(仮定)でした。

 

・会計学(財表)

 これは苦手でした。あまり参考にならないと思います。

 私は小さい文字の文章があまり好きではないため法規集は読まず教科書メインで勉強しました。

 TACの教科書は量が大変多く、法規集の文章を抜粋しておりそれだけでも覚えるのに精一杯だったため法規集なんて読むのはナンセンスだと思いました。

 教科書を読む上で論文と違い答案構成を考えずひたすら主軸となる単語と結論のみを押えてながら進んだため、短時間で多く読めます。注記事項は出ても一問と思い覚えるには費用対効果が悪いと考え、全てとばしました。

 アウトプットはTACの答練全部と大原の短答公開模試のみでした。

 予備校講師は間違えた箇所に該当する法規集の部分にマーカー等チェックをつけて試験前に読むといいといいました。

 私はこの意見に賛成なのですが、私は法規集を買っていないし読む気もなかったので答練で間違えた場所は解答用紙の裏の部分に間違えた論点にマーカーでチェックをいれ、各項目に分けて試験直前にまとめて読みました。法規集を読むよりは時間が短縮できるのではないかと思います。


試験結果は04、05が5~6割程度、06は 10/16(仮定)でした。

 

・会計学(管理会計)

 この科目は短答、論文ともに計算パターンを押さえるだけでなく、それをどこで使うかを判断するための資料の読み取りが重要であるため問題文をゆっくりじっくりと読む事を心がけました。

 そのため確実に点を取る道をいえば、読解力の向上だと思います。この点私は国語が苦手なため良い策は見つかりませんでした。

 実際文章を読むのが遅く答練などでは時間がなくなってしまうことが多いため、私は全体の8割の問題に手をつけその内9割をとる。つまり全体で7割をとるという意識で答練を受けていました。

 勉強材料は上級1回目が主にアクセス、2回目以降はTACで配布された上級問題集でした。

 これで原価計算基準等の理論対策さらに計算パターンは十分だと思います。具体的なアクセスの使い方は後の論文対策で紹介します。TACが実施する短答対策は時間に余裕がある人以外は必要ないと思います。


試験結果は04、05が5割程度 06は18/20でした。

 

・監査論

 前述の財表と同様、委員会報告書を読み込むことはあまりしませんでした。読んだのは平成14、17年度の改定部分だけで後は教科書中心に学習しました。教科書の欄外に書いてある事まで学習して行けばかなり○×の判断ができると思います。勉強方法や答練のチェックは財表とほぼ同じであるためここでは割愛させていただきます。


試験結果は 04、05が9割程度、06は 17/20でした。


・企業法(旧商法)

 この科目が一番短答の勉強時間を費やしました。全体の半分を占めているじゃないかといってもいいくらいです。

 財表や監査と違いTACの短答パワーアップ(太字部分)を読み込みました。

 なぜなら、一点の重みが大きい短答式試験で大半の受験生は9割以上とってくる科目であるため離されていけないという意識が強かったからです。

 そうは言っても、読む条文は限られているというTACの小飯塚先生の講義で指摘した条文(例え指摘の程度が軽くても)を読むだけでしたがそれでも沢山ありました。

アウトプットは答練と小飯塚先生が別途配布してくれた短答○×問題のみでした。

試験結果は 04、05は9割程度 06は 18/20でした。

 

(論文式の勉強法-後編に続く)

 

カテゴリ

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: H.Monkeyやる気を起こさせる勉強法-前編

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.cpa-lab.com/cgi-bin/mt420/mt-tb.cgi/107

最近のコメント

管理人へ連絡

メール(メーラー)

SPOK'S OTHER SITES

購読する このブログを購読(atom) /  (RSS2.0)

このブログ記事について

このページは、spokが2007年10月21日 22:35に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「たかかず-社会人経験受験者の勉強法-後編」です。

次のブログ記事は「H.Monkeyやる気を起こさせる勉強法-後編」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

携帯QRコード

http://www.cpa-lab.com/i/
Powered by Movable Type 4.2-ja