TOPICS
2009奨学生スタート
本年度は6名の奨学生が選出されました。暖かく見守り下さい。
2009CPA-LAB奨学生TOP

------------------------------------------------------------------------------------

2009奨学生近況 2009奨学生TOP
黒猫さん 合格体験記 →nktさん 結果 →フリーさん 論文式試験結果 →mitanさん 報告 →めろんぱんさん お知らせ →アキさん 2009-06-26 04/25 10:02

------------------------------------------------------------------------------------

2008奨学生近況 2008奨学生TOP

------------------------------------------------------------------------------------

受験生ブロガーのひとりごとpickup! → エェ(;゜Д゜)ェエ新聞ブロッコリー9/1の勉強記録世界とつながる疲れた・・・→ 詳しくは、オールリストへ

Top合格体験記2006年度版 > 専門学校講師が会計士試験を受けてみたZOOM-前編

専門学校講師が会計士試験を受けてみたZOOM-前編

| | トラックバック(0)

合格体験記

「撤退も一つの選択肢、ただ諦めずに勉強を続ければきっと夢は叶う」
       ~会計実務、講師、生徒の三つの観点から~
                        ハンドルネーム ZOOM


基礎データ

・ 受験暦
  1 数回受験
  2 一度試験から撤退し会計事務所に就職
  3 復帰後
    2005年 復帰後一回目  短答式通過 大原公開模試400番台 論文式A判定
    2006年 復帰後二回目  短答式通過 大原公開模試400番台 論文式 合格
・ 利用した学校
   大原簿記専門学校
・ 年齢
   30歳
・ 状況
   復帰後二回目の受験は他の専門学校で講師をしながら受験

・ 特に読んでいただきたい人に

 私は上記の経歴の通り、何回かの受験の後に試験から撤退、その後会計事務所に就職、再度挑戦、その間専門学校で講師をしつつの受験であったという少し変わった経歴であると思います。

もし今この試験からの撤退を考えている人や、過去に受験暦があり再度受験を考えている人の少しでも参考になればと思います。

 

 はじめに

 私が公認会計士を目指した動機は試験に合格すれば税理士も登録できるという軽い気持ちでした。

 当初は皆さんと同様一発合格を目指し、失敗すれば何回か受験すれば合格できるだろうと思っていました。

 もちろん公認会計士が果たす社会的な役割の重要性にもこの頃は気づいていませんでした。今思えば目的はあるが中身がない状態での受験をしていた気がします。

 そのような気持ちの中で受験を続け大原簿記専門学校での公開模試で全国80番台を記録し自信満々で挑んだ論文の原価計算(現在管理会計)で大きな失敗をしてしまい落ちてしまいました。

 判定はA判定。もう一年やればなんとか受かる成績でした。しかし今思うとその後の一年は専門学校の成績も信じられずただ惰性で続けた一年だったと思います。受験生活の苦しさに耐えられずあまり勉強もしていなかったと思います。もちろんその年の論文もA判定で落ちてしまいました。

 もうこれ以上受験を続けるのは無理と判断し、ここで試験からの撤退を決めました。もう一年勉強しても同じ結果になると思われること。更に精神的・経済的な面からも限界でした。

 就職先は個人の会計事務所(税理士)でした。この事務所で非常に良い影響を受けました。まず事務所が急激に成長していっており非常に勉強してきた知識が役に立ったこと。

 また周りの方々が非常に私の有している会計や企業法の知識を頼りにしてくれたこと。この時に初めて試験勉強をした知識が社会の役に立つのだと実感しました。

 また試験勉強中に培った問題を考える力が非常に実務にも役立ちました。試験勉強は非常に個人での勉強となり、どのような役に立つかもわからずやっていましたが会計現場に出ると非常にその知識は必要とされており役に立つと思いました。

 この時期に非常に公認会計士の役割についてよく考えました。私見ですが公認会計士は経済が健全に成長していくことに対して非常に大きな役割を持っていると思います。経済全体の健全な発展は、回りまわって社会全体の利益につながり社会全体の幸せにつながると思います。その社会的な役割を微力ながら担っている。ここに公認会計士の大きな役割があるということに気づきました。

 会計現場で仕事を続けるうちにこれだけ社会から必要とされている公認会計士であること。このままでは自分の中で「なぜあの時にもう少し頑張れなかったのだ」と一生後悔するかもしれないという気持ちが起こってきました。また精神的にもこの期間はかなりの休息となり受験前の新鮮な気持ちが再度戻ってきました。

そこでもう一回受験をすることを決めました。もちろん将来に対する不安はありました。

ブランクがあきすぎてほぼ記憶がなくなっていること。仕事をやる前と同じ結果にならないかという不安。ただその際に多くの人が私の背中を押してくれました。ここまでやってきたのだからやりきったら良いという感だったのでしょうか。ただ反対する人はいなかったことを記憶しています。

 申し込みは大原簿記専門学校にしました。TACにすることも考えたのですが初心だった頃の自分が選んだのが大原であったこと。また授業料や通学といった経済的なことを考えると大原が安かったというのも理由です。

復帰後一回目の受験は短答式通過、論文A判定でした。一回での合格を目指していたので非常にショックでした。しかし、以前に同じ経験で次の年も失敗しており、もう一年やると決めた際にはどんな苦しいことがあっても決して現実から逃げないでいようと覚悟をしてから勉強を再開させました。

 復帰後二回目の受験は経済的な事情もあり他の専門学校で教えながらの受験になりました。

 

講師としての視点から

 専門学校での教えながらの受験は時間もなく大変でした。しかし、非常に受験生活に役立ったと思います。なぜなら、私が主に担当したのはこれから簿記を始めようと考えている方々でした。その方々にいかに一般的に見て非常に難解と考えられている簿記について興味を持たせるか、また難解である簿記の要点を捉え易しく教えられるかと私なりに非常に考えました。

 これは受験勉強については非常に大事なことだと思います。なぜなら特に理論の解答を考える際に、人に要所を捉え簡単に説明できるということは本当に理解していることだと考えられるからです。

 よく専門学校で見る友達同士での話し合いながらの問題解決は非常に良い方法だと思います。一度、自分の中であやふやな部分は講師や友達に話してみるのもどうでしょう。

 また資格試験に非常に受かりやすいタイプ、この反面受かりにくいタイプがいるということにも気づきました。

 非常に受かりやすいタイプはまず素直に話を聞いてくれます。

 またこういうやり方はどうでしょうというアドバイスも適切に実行してくれます。これは私が過去に受かった経験をもとにアドバイスしているので合う、合わないかはわかりませんがとりあえず実行はしてくれていました。

 反面、受かりにくいタイプは全く上記のタイプと逆だと思います。また細かい部分に捉われすぎるというタイプでしょうか。事実、非常に細かい点について質問を繰り返してきた人は受かりにくかったと思います。

 ただこれは資格試験に対していえることであって他の分野にいけば必要なことかもしれませんので。

 反面、講師をやりながら非常に不安に感じていた点があります。それは私の通っていた専門学校には現在、論文合格者で講師をやっている人がいませんでした。

 これはあくまでも私見ですが会計士試験は非常に多くの科目のバランスが必要だと思います。一つの科目が非常にできても合格することができません。

 このバランス感覚はやはり合格者にしかわからないと思います。

 そのバランス感覚について質問できる人がいなかったことです。そこで私はこの感覚については過年度の合格者に聞くことで解決しました。皆さんもこのバランス感覚については合格者の方に聞くことをお勧めします。
 


受験について 

(撤退後一回目)

 私の場合以前に受験経験がありました。

 しかしその記憶は就職期間中にほぼなくなりました。

 ただ理解をしている部分についての理解は残っていました。

 そこでもう一度受験生に戻った際にはまず計算科目から手をつけました。計算科目は皆さんもご存知の通り解いた問題の量にある程度成績が比例すると思います。そこで勘とスピードを取り戻すため一日一問と決め解き続けました。ただやはりかなり戻るまで時間がかかったのを覚えています。ただ、自分の中であの程度できたのだからきっとそのレベルまで戻ると信じ続けました。

 理論科目については残っていたのは理解しているということだけでした。このため全ての授業を再度受講し直し、一からまとめファイルを作り直しました。時間がかかりましたが作っている間は楽しかった記憶があります。

非常に受験生の生活環境に適応するのに時間がかかり苦労しましたが、新しい環境で新しい受験仲間も多くでき受験環境には恵まれたと思います。

また経済的な面でも貯金と失業保険の給付があり初年度は経済面についても余裕があったと思います。

 

(撤退後二回目)

一回の受験と決めていたので合格発表まで何もしていませんでした。このため非常にスタートが遅れました。大改正のあった企業法、今年から導入された租税法。不安の要素はたくさんありました。二回目の詳細は時期的勉強方法で詳しく書きます。

(後編に続く)

カテゴリ

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 専門学校講師が会計士試験を受けてみたZOOM-前編

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.cpa-lab.com/cgi-bin/mt420/mt-tb.cgi/130

最近のコメント

管理人へ連絡

メール(メーラー)

SPOK'S OTHER SITES

購読する このブログを購読(atom) /  (RSS2.0)

このブログ記事について

このページは、spokが2007年11月15日 20:11に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「元SEのポジティブ勉強法-アップル」です。

次のブログ記事は「専門学校講師が会計士試験を受けてみたZOOM-後編」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

携帯QRコード

http://www.cpa-lab.com/i/
Powered by Movable Type 4.2-ja