TOPICS
2009奨学生スタート
本年度は6名の奨学生が選出されました。暖かく見守り下さい。
2009CPA-LAB奨学生TOP

------------------------------------------------------------------------------------

2009奨学生近況 2009奨学生TOP
黒猫さん 合格体験記 →nktさん 結果 →フリーさん 論文式試験結果 →mitanさん 報告 →めろんぱんさん お知らせ →アキさん 2009-06-26 04/25 10:02

------------------------------------------------------------------------------------

2008奨学生近況 2008奨学生TOP

------------------------------------------------------------------------------------

受験生ブロガーのひとりごとpickup! → エェ(;゜Д゜)ェエ新聞ブロッコリー9/1の勉強記録世界とつながる疲れた・・・→ 詳しくは、オールリストへ

Top合格体験記2006年度版 > 専門学校講師が会計士試験を受けてみたZOOM-後編

専門学校講師が会計士試験を受けてみたZOOM-後編

| | トラックバック(0)

時期的勉強方法

 私はこの一年の受験勉強は精神的な強さが必要と同時に科学的に管理することも必要だと考えました。

 そこで毎日の勉強の記録を寝る前に10分くらいで記録し続けました。この方法は非常に大きな効果を生んだと思います。まず、一日の記憶を寝る前に喚起することができたこと。次に一日の勉強量を客観的に管理できたこと。そして勉強の進捗度を客観的に把握できたことです。

(年明けまで)

 租税法と企業法にほとんど時間をとられました。またスタートが遅かったので授業を申し込まず答練主体にしようとも考えたのですが見る、聞く、書くという人間の感覚をフルに使えるほうが効率的かと考え全ての科目の授業をとりました。この時期の計算科目は勘とスピードを取り戻すために一日一問解いていました。

(年明けから4月まで)

 年明けから全科目を少しの時間でも良いからやろうと決めました。しかしここでも租税法の負担は大きく2月までは経営学はほとんど手をつけられませんでした。2月からは経営学を加えた全科目でバランスよく時間を配分することに決めました。ただ、今思うと比重としては租税、企業法が重かったと思います。

 この時期には論文のことを意識し直前に使える資料を科目ごとにまとめていく作業をしていたのを覚えています。一科目で何冊かのファイルにまとめテキスト、答練、レジュメ等を同じ分野ごとに綴じました。この作業をしたのはこの試験は非常に範囲が広く膨大な量の情報を処理しなくてはいけません。そこで情報の集約を図ろうと考えたからです。

 4月ごろから少しずつ短答式を意識し始めました。ただ大原の科目別短答式答練を受け間違えた部分をやり直していたという感じでした。

(5月から短答式試験まで)

 この時期になると経営学の勉強時間を忘れない程度に少なくしました。租税法は受験生レベルから考えると非常に遅れていると実感したので直前まで答練を受け続けました。他の科目は短答式を意識した勉強に切り替えました。

短答式の勉強は私見ですがやりすぎて困ることはないと思います。なぜなら短答式の問題を解くことで自分の論点への誤った理解が訂正される効果や、知識の精度化が図られると考えられるからです。ただ、時間配分には気をつけてください。論文受験も考えると租税法、選択科目にかける時間も必要と考えられるからです。

 今年から短答式試験が2週間に渡って実施されたので一週目の科目の答えあわせをするか悩みましたが私はすぐにやりました。問題の難易度を見極めたかったこと、自分が後何点とれば合格できるのかを知りたかったからです。ただこの点については周りの友達でも採点していたのは半々くらいでした。

(論文式まで)

 この時期は全科目のバランスに非常に気をつけました。全科目を毎日やることはもちろん自分が弱い部分についてどの程度時間を配分するかも考えました。この際には非常にまとめ続けたファイルが役に立ちました。合格するための情報はここにつまっていると信じていたので後はこのファイルを何回転できるかどうかにかかっていると考えたからです。最終的には自分も驚くほどのスピードで回転させていた気がします。

計算科目について簿記は毎日1問、管理会計は専門学校の答練だけ、租税法は毎日2問解いていました。

 

各論(各科目)

【短答式】

■簿記

 非常にパズルに近い感覚があります。ただ解いた問題の量が成績に比例すると思います。また全体の大まかな理解が必要かと思います。

■財務諸表論

 意見書と会計基準の読み込みをお勧めします。この二つは公表されているものなので大半の受験生は確実に得点してくる部分です。

■管理会計

 論文式の問題のコンパクト版だと思ってください。このため論文式の問題の練習で対応できると思います。原価計算基準の部分は何度か読んで書き込み等をお勧めします。
監査論

 監査基準は必ず読み込んでほしいと思います。意見書はかなり範囲が膨大になっているので答練等で出題された部分だけでよいかなと思います。

■企業法

 私の場合はテキストに答練で出題された部分の書き込みを行い、直前期にはひたすらテキストを読んでいました。書き込みの際には必ず関連した部分の相互関係を書き込みました。

【論文式】

■簿記

 解いた問題の量が比例すると思います。ただ解き方の工夫が必要な科目だと思います。具体的には各々の分野ごとの下書きを確定させ、その確定した下書きの形式で多くの問題を解くのが良いかと思います。一定のレベル(上位30%)まで確定させてしまうと後は少しのフォローで実力が維持されるので早期に一定レベルの到達をお勧めします。

 この科目が一定のレベルに到達していないと本試験前に多くの時間をとられてしまい不利な状況になる可能性も考えられます。

■財務諸表論

 多くの方の考え方が反映され一つの確定した考え方がないぶん非常に難しい科目だと思います。ただ会計基準、意見書は世間一般に公表されており考え方の統一が図られている部分なのでこの部分については完璧といわなくても理解は必要だと思います。

私の場合は多くの論点を問題提起しそれに対してキーワードを使って答えを用意し、文章化は専門学校の答練で練習をしました。

この科目については非常に専門学校の採点に対しては疑問を感じます。

 おそらく何百枚もの答案を一気に採点するので解答例通りで答えあわせをしていると思われますが、書いている内容が合っていても非常に厳しい点数という場合もありました。この科目であまり良い点がつかないという方は書いてある内容が合っていればあまり気にしないほうが良いと思います。私の場合は講師の方々に内容が合っているかを確認してもらうということをやっていましたが。

■管理会計

 本試験を考えると非常にリスクが高い科目だと思います。過去の本試験を解かれた方はご存知だと思いますが、非常に指示があいまい、解答が最終値だけを求めさせると言った一発勝負が強い科目だと思います。

 事実、私もこの科目には苦い経験もあり非常に勉強方法を悩みました。そこで私がとった勉強方法はこの科目は計算科目 ではなく理論科目であると考えることでした。具体的には計算に付随してくる理論部分については一つのファイルにまとめました。そして専門学校の答練で計算の練習を行い、その後には必ずその分野の理論を確認しました。

管理会計は一定のレベルまで達すると計算部分については専門学校の答練だけで十分だと思います。それ以上のレベルを目指すなら計算の量を増やすより理論に時間をかけるほうが良いと思います。計算、理論の繰り返しで飛躍的に成績は伸びると思います。

■監査論

 非常に苦手科目でした。なぜ苦手かというとある程度の暗記が必要とされる科目だからです。私は無意味な暗記ができず理解してからある程度の暗記というスタンスを勉強全体に取っていたからです。そこで私は監査論については以下の勉強方法を取りました。

 まず全ての論点について絵や図を使い一枚のルーズリーフにまとめていきました。そして絵や図の中にキーワードを入れていきました。この方法は非常に試験の際の下書き用紙に役立ちました。また一度書いてしまうと忘れにくいという方法だったと思います。

 その結果、監査論についての高得点は期待できなくてもどの部分がでても合格点が取れるというぐらいのレベルまでは到達したと思います。

■企業法

 今年から大改正があり大変な科目でした。この科目についてはどこまでやるかの見極めが非常に大切だと考えていました。事実、専門学校では「新・会社法100問」葉玉匡美著の購入を行い勉強している人が多数いました。私も購入しましたがあまりにも量が多すぎると判断しました。私の場合は週に何回か働きながらであったので時間が限られており参考書程度に利用することに決め、メインは専門学校のテキスト・答練だけを利用しました。
専門学校のテキストはバラバラにし、論点ごとにフローチャートを作成し論証例と共に一つのファイルにまとめました。後は繰り返し論証例を読みこむという勉強をしました。文章化の練習は、専門学校の答練を解く際には下書き用紙にフローチャートとキーワードだけを作成しその場で文章は作成するという方法をとりました。
条文は必ず論証例を読む際にも一つ一つ確認しました。条文は本試験の際にも必ず参照できます。試験場で見ることができるものなので引くことを続ければ何らかの役に立つと考えていたからです。

■経営学

 経営学の戦略論、組織論については試験委員の方が考えられた独自の理論が存在します。このため問題に対して解答をしたとして問題意図に沿った解答をしないと点数が付かないといった科目だと思います。私も答練では非常に厳しい点が付くことがよくありました。そこで私は経営学については伝統的理論(バーナードやファヨール、ポーター等)については適切な理解を行い、これらの範囲以外が出題されたらその場で現場思考しようと考えていました。

 この反面、財務論、投資論についてはほぼ完璧にしました。この範囲は数字で解答できる部分であり、かつ戦略論、組織論と異なり大きな一つの考え方が解答としてあるため努力した分、報われると考えたからです。

■租税法

 租税法は今年の一番のネックの科目でした。まず年内はひたすら租税法の授業のフォローをしました。年内に終われば良かったのですが年内に消化できず年明け二月までかかりました。本当にこの科目は間に合うのかという不安の毎日でした。答練期が始まっても最初の頃は答練も満足に受けられませんでした。

 私の場合、実務経験で税務申告等もやっていたのですが、現在の税務申告はコンピューター申告となっており精緻な理解がなくても入力のみできれば申告が適切に行えるという状況になっています。このため大まかな理解はあったのですが試験に対応ができるというレベルではありませんでした。

ただ、租税法は短答式直前まで勉強を続け、短答式明けに受験生の並みのレベルには追いついたのかなと思います。

 

今年の本試験を振り返って

 今年の論文式本試験は今思うと非常にミスが少なかったと思います。解答例をみても内容的には近いことを書いているかなという感覚でした。落ちた年はなんであんなことを書いたのだろうとか、この問題は解答できたのにといったミスが非常に多かったと思います。   

 具体的にはリスクの高い管理会計は解答できた部分の数字はあっていたと思います。企業法の第一問は片方の会社からの観点からしか書いていませんが問題の意図を把握した答案を書いたと思います。ただ租税法は非常にできなかったと思います。


最後に

 私の今年一年を振り返ってみると勉強、講師の仕事といった記憶しか残っていません。そ

 れぐらい必死に生きた一年だったと思います。ただ、今思うとその時間にいる時には不思議と世間の人が思っている程苦しい日々ではなかったかなと思います。目標があり、ひたすらその目標に向かって生きていけるのはある意味幸せなことかもしれません。

 自分の中で会計の専門家になる試験を合格するために勉強しているのだから世間の人と同じことを期待してはいけないとも思い続けました。

 その際には気持ちだけは誰にも負けたくなかったので学校等ではいつも明るい自分でいたと思います。

 今回の論文式の試験の前日は極度の緊張から一睡もできませんでした。

 当日は監査論、租税法の試験でした。自分に「ここまで我慢できたから一日ぐらい寝なくても大丈夫」と言い聞かせ問題を解いたのを覚えています。最終的にはこの一年間の形には見えない精神面での強さが出たのかと思います。

 この試験は非常に難関な試験であると思います。ただこれは公認会計士が担っていく社会貢献の重要性から考えると仕方がないと思います。勉強は自己責任です。誰の責任にもできません。自分に負けてしまうとこの試験は受からないかもしれません。

 しかし、実力があるのに受からない人が多数いるのも事実だと思います。私は今回運よく受かりました。この試験は撤退するのも自由です。続けるのも自由です。ただどちらに進んでも皆さんはきっとやっていけると思います。

 一度、撤退した自分からするとあの頃は自分が社会から必要とされておらず非常に疎外感を感じていました。ただ撤退してしまうと終わりではなく、色々な可能性が開かれると思ってください。会計にとらわれず色々な自分の可能性に勇気を出して一度挑戦してみてください。私は運よくもう一度この試験に復帰することができました。もしかすると私のようにもう一度復帰するかもしれませんので。

 続けると決めた方はもう一年自分を信じて頑張ってください。今回はたまたま運が悪かったと前向きにとらえてください。「努力は決して裏切らない」私はそう思います。ただ今後、様々な困難があると思います。それは公認会計士になるための資質を試されているのだと思って我慢してください。

合格すると多くの人に支えられ続けたことに気づくと思います。

時間がかかれば応援してくれる人が増え、色々な人の痛み、苦しみがわかると思います。

私も合格してから多くの人々に支えてもらったことに素直に感謝できました。

 

「夢は叶えてこそ夢」 

自分を信じ頑張ってください。

カテゴリ

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 専門学校講師が会計士試験を受けてみたZOOM-後編

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.cpa-lab.com/cgi-bin/mt420/mt-tb.cgi/131

最近のコメント

管理人へ連絡

メール(メーラー)

SPOK'S OTHER SITES

購読する このブログを購読(atom) /  (RSS2.0)

このブログ記事について

このページは、spokが2007年11月15日 20:15に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「専門学校講師が会計士試験を受けてみたZOOM-前編」です。

次のブログ記事は「一発合格者のエッセンス-yuta-前編」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

携帯QRコード

http://www.cpa-lab.com/i/
Powered by Movable Type 4.2-ja