TOPICS
2009奨学生スタート
本年度は6名の奨学生が選出されました。暖かく見守り下さい。
2009CPA-LAB奨学生TOP

------------------------------------------------------------------------------------

2009奨学生近況 2009奨学生TOP
黒猫さん 合格体験記 →nktさん 結果 →フリーさん 論文式試験結果 →mitanさん 報告 →めろんぱんさん お知らせ →アキさん 2009-06-26 04/25 10:02

------------------------------------------------------------------------------------

2008奨学生近況 2008奨学生TOP

------------------------------------------------------------------------------------

受験生ブロガーのひとりごとpickup! → エェ(;゜Д゜)ェエ新聞ブロッコリー9/1の勉強記録世界とつながる疲れた・・・→ 詳しくは、オールリストへ

Top合格体験記2006年度版 > 一発合格者のエッセンス-yuta-前編

一発合格者のエッセンス-yuta-前編

| | トラックバック(0)

合格体験記

基礎データ
受験回数:1回
年齢:22歳
予備校:TAC

1、 序章

 公認会計士試験は難関資格といわれており、新試験制度になった今年度も結局、合格者は増加しませんでした。この現実を見て、会計士試験挑戦に二の足を踏んでいる方もいらっしゃることと思います。確かにこの試験は一般的に長期の受験勉強を強いられ、試験に合格しない限り前には進めない厳しいものです。

 私も大学2年のとき、会計士に挑戦するか普通に就職するかで悩みました。会計士に挑戦することは自動的に3年生の就職活動を放棄することになるからです。

 2007年は団塊の世代大量退職のため就職活動もそこまで厳しくないといわれていましたが、私の背中を押したのは会計士のキャリアの魅力です。

 独占業務である監査だけでなく、財務の知識は一般企業でも重宝されるものです。苦労して取るだけの価値はあります。また、最短で大学4年生のうちに受かってしまえば、その年ではかなり高い給料を手にできるということも魅力でした。

 よって、現在会計士試験挑戦を考えている方も資格という大きな武器を得られるということをもう一度考えてみてください。また現在勉強中の方も合格すれば無限の可能性が広がることをもう一度思い返し、今後の活力として欲しいと思います。

 私の体験記が皆様の一助となれば幸いです。

2、 受験生活について

 私はTACの1,5L本科生というコースに大学2年の9月に入学しました。

まず予備校選びですが、その当時は最大手であるということと、友人が通っていたということだけで選びました。

 今になって思うのは、予備校はどこに行ってもそんなに変わらないということです。よく、合格者占有率などが掲載されていますが、母数が違うし、結局は自分個人の問題なので関係ありません。

 また、どこの予備校予想が当たったとかいう話も結果論に過ぎません。今年に関していえばTACはかなり外しましたが、受かるときは受かります。大切なのは各予備校で与えられるものをしっかりと消化することだと思います。

 さて、TACに入学した私ですが、最初は簿記が週一回あるのみで有り余るやる気のはけ口がありませんでした。やる気の継続に不安のある方はあえてスケジュールのタイトなコースに申し込むこともありだと思います。

 ここから具体的な受験生活について述べたいと思います。私は今年運よく一発合格することができましたが、その最大の要因は勉強の入門・基礎段階をサボらなかったことだと思います。

 一発合格を目指す場合、前年の試験終了後過年度生と争わないといけません。そこで入門・基礎段階をサボっていた人は絶対に勝てません。その場合、追いつくまで時間がかかりますし、下手すると追いつけないこともありえます。よく言われることですが、基礎段階は予備校の上級講義が始まるまでに完璧にしておきましょう。

わかっていても意外とできないことだと思います。

 また、受験生活に休息は必要かということがよく議論されますが、これはYESです。

 いくらやる気があっても本番まで毎日勉強し続けることは不可能です。無理をすれば肉体的にも精神的にも支障をきたすおそれがあります。

 私は上級期でも最低2週間に一回は勉強から離れていました。変に罪悪感を抱かず、思い切り遊んだり飲んだりすることが大事です。

 1日のうちでも朝から晩まで予備校にこもるのではなく10時間くらいに勉強時間を抑えて質を高めることが大事です。10時間あればかなりのことができます。自習室に席だけとって友達としゃべっていたり、寝てばかりいたけど、一応朝から晩まで予備校にはいた、というのは論外です。私は夜の講義がないときは19時くらいには帰宅していました。

 強い意志を持っていれば適度な休息を取りつつ勉強することは可能です。

 最後にひとつ付け加えたいのは、答練などのテストは必ず教室で受けるべきだということです。過密スケジュールで準備ができずテストを避けたくなる気持ちもあるでしょうが、時間を計って答案を作成するという作業は実践でしか身につきません。答えだけもらって自分でやるのとは効果が必ず違うと思います。

(後編に続く)

カテゴリ

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 一発合格者のエッセンス-yuta-前編

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.cpa-lab.com/cgi-bin/mt420/mt-tb.cgi/132

最近のコメント

管理人へ連絡

メール(メーラー)

SPOK'S OTHER SITES

購読する このブログを購読(atom) /  (RSS2.0)

このブログ記事について

このページは、spokが2007年11月15日 21:20に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「専門学校講師が会計士試験を受けてみたZOOM-後編」です。

次のブログ記事は「一発合格者のエッセンス-yuta-後編」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

携帯QRコード

http://www.cpa-lab.com/i/
Powered by Movable Type 4.2-ja