このページは旧CPA-LAB ver1のコンテンツです。新CPA-LABトップページはこちら


TOP > 再現答案 > うっちー 経営
公認会計士試験に合格するための勉強法 CPA-LAB

2005年 公認会計士試験 再現答案 経営学

 

第十一問答案用紙

(経営1問目)

ハンドルネーム

うっちー

問題1 

問1

 

 

 

問2

 

(1)

モジュール

(2)

暗黙知

 

垂直統合

 

問3

範囲の経済性

理由 (2行)

 範囲の経済性とは、複数事業を営むことによって単一事業を営む時よりもコストが割安になることであり、それは複数事業間で資源の共通利用などができるからである。

 

問4 (10行)

 資産の取引特殊性の程度が低い場合、外部調達を選択すると考えられる。なぜなら、取引特殊性の程度が低いのであればルールや標準を守ればどの企業でも容易に製造することができるし、その委託先の企業に多数の企業が委託している場合、規模の経済性や経験効果により低コスト化が図られ、委託先の企業が多数存在していれば、競争圧力による品質向上や低コスト化が図られ、これらの委託先の企業で生じる利益を享受することができるからである。

 これに対して、資産の取引特殊性の程度が高い場合、部品の内製を選択すると考えられる。なぜなら、取引特殊性の程度が高い場合には、部品間の相互依存関係が緊密であるから内製するべきであるし、このような部品の場合、取引主体数が少数と考えられるので、委託先の企業の圧力に負けてしまうというホールドアップ問題が生じるおそれがあるからである。

 

 

問5

複数事業間で共通利用できる経営資源であること

顧客価値の増大を図るものであること

他企業によって模倣・複製されにくいものであること

特殊な資源や人材

 

問6

(A)

 多数のEMSと契約を結ぶことで、EMSの機会主義的行動を抑止することを考慮すべきである。また、EMSへの依存を低下させ、パワーを拡大すべきである。

2

(B)

 企業と継続的に関係を結ぶことで、企業との情報の共有や技術提供を受けることを考慮すべきである。

2

 

自己採点:60/100

感想:再現度80% 最初の穴埋めのカタカナという指示を見落としてしまった。経営の勉強素材は@大原まとめテキスト・答練 ATAC応用・直前答練・全答練 BAXLLEC模試

 

 


第十二問答案用紙

(経営2問目)

問題1

問1

 裁定取引とは、リスクなしに確実に利益を得られるような裁定機会を見つけて取引を行なうことである。このような裁定取引が機能するためには、いわゆるノイズトレーダーリスクがないこと、資金制約がないこと、空売り制約がないこと、取引コストが存在しないこと、といった条件が必要である。

 

 

問2

(1)

 効率的市場においては、リスクに見合ったリターンが得られるように株価が形成されており、リスクに見合った以上のリターンを継続的に得ることはできない。ところが、本問において3年連続で市場よりも高いリターンをあげており、リスクに見合った以上のリターンを継続的に得ているといえる。よって、市場の非効率性を意味しているといえる。

 

(2)

 効率的市場においては、新たに入った情報は株価に即座に、かつ、正確に反映される。とすれば、本問において、増益が報告されれば、増益によって配当が増額されると、配当割引モデルにより、株価は上昇するはずである。ところが、本問において株価は変化しておらず、情報を即座に、かつ、正確に反映しているとはいえないので、市場の非効率性を意味しているといえる。

 

 

問題2

 

@効率的市場

A企業価値

B法人税

C支払利息等

D倒産

E倒産コスト

F財務コスト

G配当額

H情報の非対称性

I負債調達

Jホームメイド配当

K後悔回避

L配当の顧客効果

Mモラルハザード防止

 

自己採点:60/100

感想:再現度80% 穴埋めが難しかったと思う。空欄を作らないことが目標だったので、埋めるには埋めたが、見当ハズレな気も…。

 

 

 

 

TOP > 再現答案 > うっちー 経営
公認会計士試験に合格するための勉強法 CPA-LAB