このページは旧CPA-LAB ver1のコンテンツです。新CPA-LABトップページはこちら


TOP > 再現答案 > トチカラ 監査論
公認会計士試験に合格するための勉強法 CPA-LAB

2005年 公認会計士試験 再現答案 監査論

第七問答案用紙<1>

(監査1問目の1枚目)

ハンドルネーム

トチカラ

問題1

問1 (10

内部統制とは、事業経営の有効性と効率性を高め、企業の財務報告の信頼性を確保し、かつ事業経営にかかわる法規の遵守を促すことを目的として企業内部に設けられ、企業を構成するもの全てによって運営される仕組みである。そのため企業目的の達成のためには内部統制の構築は不可欠であるといえる。しかし内部統制には以下の固有の限界がある。すなわち内部統制担当者の判断の誤りや不注意により内部統制から逸脱が生じた場合、当初想定していなかった事象や状況の発生、内部統制担当者が共謀した場合、内部統制責任者が無視した場合、内部統制は有効に機能しない。そのため内部統制が経営者に提供する保証の程度は絶対的ではないが合理的であるといわれる。

 

 

 

問2  (8

会計上の見積に関する内部統制の構築は経営者の見積に対するものであるため、一般にそれ以外の内部統制の構築よりも困難であることが多い。そのため以下のような手続きを実施すべきである。

・会計上の見積に関する実務経験の豊富な役職者を配置する

・数理計算人などの専門家の利用が必要かどうかを検討する。

(後は空欄)

 

 

 

 

問3  (8

内部監査は内部統制の一部を構成するため内部統制そのものによって内部統制の有効性は高まる。具体的には内部監査は監視活動における独立的評価を構成する。そのため内部統制に関して監視し、評価し、是正することを通じて内部統制を監督しつつ、内部統制が有効に機能しているかどうかを確かめる。

 

(もうちょっと何か書いた気がするのですが、思い出せません。)

 

 

 

 

 

 

 


第七問答案用紙<2>

(監査1問目の2枚目)

問題2

問1  (8

監査リスクとは、監査人が財務諸表の重要な虚偽の表示を看過して誤った意見を形成する可能性をいう。監査リスクと監査上の重要性との間の相関関係とは、監査上の重要性を当初の水準より大きくした場合には、監査リスクは当初の水準よりも低くなり、監査上の重要性を当初の水準より小さくした場合には、監査リスクは当初の水準より高くなるという関係である。ここに監査上の重要性とは、監査計画から監査意見形成までの監査全体を通じて監査人の判断に影響を与える重要性である。

 

 

 

 

 

 

 

問2  (12行

当初の監査上の重要性を過度に大きく設定するということは、監査人の判断に影響を与える重要性の水準が大きくなる、すなわち監査リスクは大きくなるということを意味している。そのためその場合に生じる問題としては、かかる監査上の重要性の水準に基づいて行われる場合、たとえ適正に監査の手続きが実施されていたとしても、意見表明に反映されない可能性がる。そして監査意見の質の水準に問題が生じ、ひいては監査制度に対する信頼を失う可能性がある。

また財務諸表利用者にとっては、このような監査によって表明された意見は最早投資意思決定情報としては利用できず、企業の財務情報に関する判断を行うことが出来なくなるという問題が生じる可能性がある。

 

 

 

 

 

 

 

自己採点:

感想:

 

どの問題も解答欄が大きいなぁ(埋められないなぁ)と感じた。


第八問答案用紙<1>

(監査2問目の1枚目)

ハンドルネーム

トチカラ

 

問1 

 

(1)

記載の必要なし

1

(2)

C社に対する売掛金期末残高に対する貸倒引当金の設定に関する事項。

 

 

 

 

 

 

7

(3)

記載の必要なし。

 

 

 

 

 

5

(4)

上記事項の与える影響を除き

1

(5)

適正に表示している。

1

(6)

追記情報

1

(7)

A社は当連結会計年度より正統な理由により会計方針を変更している。当該会計方針の変更による影響が財務諸表に注記されている。

 

 

 

4

(8)

該当なし

 

 

 

 

4

 

問2 (11

財務諸表の表示に不適切な事項が存在する。しかしその事項が連結ベースでの当期純利益の2%を越えず、意見を表明できないほどに重要ではないと考えられる。そのため除外事項を付す必要があるが無限低適正意見を表明すべきである。

(もう少し何か書いた気がしますが、表現の仕方も含めてこんな感じだったと思います。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第八問答案用紙<2>

(監査2問目の2枚目)

問3

(a)

「当監査法人の責任は独立の立場から連結財務諸表に対する意見を表明することにある」との記述を削除する。

 

 

 

 

5

(b)

「記」以降の除外事項を削除する。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

11

(c)

合理的基礎を得られなかったため、意見を表明しない旨を記載する。

 

 

 

 

 

 

 

8

(d)

「追記情報」の見出し及びその内容を削除する

 

 

 

 

5

(e)

変更なし

 

 

 

 

5

 

自己採点:

感想:

7問を終えてあまった時間で考えに考えたんだけど、結局各問題1行位ずつしか書けなかった。埋没問題になりますようにと祈った。

 

 

 

TOP > 再現答案 > トチカラ 監査論
公認会計士試験に合格するための勉強法 CPA-LAB