このページは旧CPA-LAB ver1のコンテンツです。新CPA-LABトップページはこちら


TOP > 再現答案 > トチカラ 経営
公認会計士試験に合格するための勉強法 CPA-LAB

2005年 公認会計士試験 再現答案 経営

第十一問答案用紙

(経営1問目)

ハンドルネーム

トチカラ

問題1 

問1

 

 

 

問2

 

(1)

モジュール

(2)

コア

 

垂直統合

 

問3

範囲の経済

理由 (2行)

一つの段階のを行う企業より、情報の共有による生産コストの削減、生産調整、中間マージンの消滅などが生じるため。

 

問4 (10行)

資産の取引特殊性が高いと、それだけ取引コストが生じる。・・・(続く)

 

 

(何か書いたはずなんですが、思い出せません。かなり支離滅裂なことを書いているはずです。)

 

 

 

 

 

 

問5

資源の重要性

資源の利用可能性

模倣困難性

資源の

 

問6

(A)

EMSを単なるアウトソース先として自社のコスト削減にばかり追及するのではなく、互いに利益を享受できるようなWINWINの関係を築くように留意すべきである。

2

(B)

コスト削減や品質改善について努力するのはもちろんのこと、トップマネジメントがリーダーシップを発揮して依頼企業のニーズを満たすべく努力すべきである。

2

 

自己採点:

感想:

おそらく問4の出来・不出来が経営のボーダー越えか否かを決するんだろうな・・・と

思いつつも解けなかったので、試験終了後はものすごく後味が悪かった。

 

 


第十二問答案用紙

(経営2問目)

問題1

問1

まず、非合理的投資家の取引の影響が少ないこと、非合理的投資家の取引がランダムであること、が上げられる。さらには合理的投資家が行った裁定取引が適切に市場に反映されることも必要である。

 

 

 

問2

(1)

効率的な市場であれば長期的には投資収益は市場の平均的なリターンに収束し、継続的に市場より高い

収益を上げることは出来ないと考えられる。しかし短期的に見れば、裁定取引を行うなどして、市場よりも高いリターンを獲得することは可能であると考えられる。そのため、3年連続で市場より高いリターンをあげていることが市場の非効率性を意味しているとは必ずしも言えない。

(2)

効率的な市場であれば株価は当該株式から得られる将来キャッシュフローを投資家の期待収益率で割り引いた値になると考えられる。したがって決算で増益が報告され、それにより株式から得られる将来キャッシュフローが増加したとしても、それに見合うだけのリスクを投資家が負うことにより、期待収益率が高まれば、株価に変化は生じない。そのため、決算短信によってソニーの増益が報告されたが、株価に変化がないことが市場の非効率性を意味しているとは必ずしも言えない。

 

問題2

 

@完全市場

A企業価値

B法人税

C支払利息

D取引コスト

E直接効果

F間接効果

G配当

H情報の非対称性

I残余配当

J自家製配当

K後悔回避

Lフレーム効果

M優先配当

 

自己採点:

感想:

問題数の少なさに唖然とした。と同時に、この問題とさっきの簿記の問題の解答時間が何で同2時間なんだよ・・・と意味のない憤りを感じつつ問題を解いていました(明らかにおかしいだろという意味)。ただ、問題が少ない分解くのに慎重になりすぎちゃったかなと事後的に感じました。

 

 

TOP > 再現答案 > トチカラ 経営
公認会計士試験に合格するための勉強法 CPA-LAB