このページは旧CPA-LAB ver1のコンテンツです。新CPA-LABトップページはこちら


TOP > 再現答案 > M 原計
公認会計士試験に合格するための勉強法 CPA-LAB

2005年 公認会計士試験 再現答案 原価計算

第五問答案用紙<1>

(原計1問目の1枚目)

ハンドルネーム

問題1 問1 (1)

原 価 計 算 表                単位:円

 

1工程加工費

2工程加工費

原料費

月初仕掛品

4,000,000

4,040,000

自工程費

前工程費

小計

4,000,000

当月受入

123,600,000

81,328,000

48,400,000

自工程費

前工程費

118,000,000     )

小計

123,600,000

(  199,328,000   )

合計

(127,600,000    )

(   199,328,000  )

(   52,440,000    )

9,600,000     )

(  13,568,000   )

(   13,200,000    )

完  成  品

(   118,000,000 )

(   185,760,000  )

(   39,240,000    )

 

(2)6

 非累加法とは完成品原価を各工程の費目ごとに直接計算する方法である。したがって、前工程の計算が終わらなくとも

次肯定の計算ができるため計算の迅速化が図れるという製品原価上の特徴があり、各工程の能率の良否を肯定ごとに把握

できるという原価管理上の特徴がある。

 

 

 

 

問2 (1)

完成品単位原価

25,000円/kg

販売価格

31,250円/kg

 

(2)

完成品単位原価

25,309円/kg

販売価格

34,375円/kg

 

問3 (1)

7行)

 原価計算基準によると等級製品とは、同一工程において同種材料から生産される異種の製品である。

 等級製品の原価計算方法は各等級製品ごとに等価計数を算定して計算する。等価係数は面積、重量などの製品の諸性質にもとずいて算定する、または、標準材料消費量、標準直接作業時間にもとずいて算定する。

 

 

 

 

(2)

7行)

 当製作所において、等級別全原価要素工程別総合原価計算による完成品総合原価を計算するために、さらに必要な情報は等価係数を算定する基礎データである。

 すなわちアウトプットにもとずく方法によれば各等級製品の面積、重量などの製品の諸性質であり、インプットにもとずく方法によれば各等級製品の標準材料消費量、標準直接作業時間である。

 

 

 

 


第五問答案用紙<2>

(原計1問目の2枚目)

問題2 問1

計画営業利益の金額

3,506,000

実際営業利益の金額

1,932,327

計画営業利益と実際営業利益との差異額

1,573,673

(約7行程度)

計画=1,000*(3,6002,730+2,000*4,7583,440)=3,506,000

実際=3,500*900+4,740*2,2001,126,4883,782,625282,000240,6001,200,000135,000719,000

   2,500,000320,0001,340,0001,932,327

差異=3,506,0001,932,3271,573,673

 

 

 

 

 

問2

予算差異

1,073,553

能率差異

82,713

操業度差異

123,000

5行、150文字程度)

 三分法とは、実際操業度における予算と実際発生額を予算差異とし、実際操業度と標準操業度の差異を能率差異とし

、操業度の多寡により生じた差異のうち固定費に関する部分を操業度差異とする方法である。

 

 

 

 

問34

 B製品専用の新ラインを追加することによる投資額及び新たな固定費の追加発生額に関する情報を入手することが一番重要である。

 また、A・B両製品の売り上げに与える影響や、B製品の変動費の変化に与える影響に関する情報も考慮すべきである

 

問46

 CVP分析を導入する必要がある。

 そのためには、直接原価計算を導入し、損益計算書上に原価、営業量、利益の関係を明示するひつようがある。

 

 

 

 

 

自己採点:40点

感想:個人的には難しく感じた、でも最近の本試験の傾向からするとかんたんな方なんだろう。

理論多すぎで苦手なパターン。

みんなできてるであろう第一問の理論と第二問の計算が書けてないのは痛い。

 

 

 

 

第六問答案用紙<1>

(原計2問目の1枚目)

ハンドルネーム

問題1 問16行、150文字程度)

 A事業部からは500万円の損失が発生しているから収益性は悪く、B事業部からは3,000万円の利益が出ている

から収益性はよい。

 しかし、A事業部からは43,500万円の固定費が発生しているのでA事業部を廃止すると43,000円の損失

が増加するのでA事業部を廃止することはできない。

 

 

 

問2

A事業部

−6,250万円

 

B事業部

37,500万円

 

計算過程

A=−500÷0.08=6,250

B=3,000÷0.08=37,500

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

問3

(1)

正味現在価値

5,317万円

 

(2)

A事業部

1,700万円

B事業部

3,200万円

 

(3) (6

 意思決定権限を有する事業部長の業績評価は全社的利益と一致した意思決定がなされるように営業利益額での業績評価をすることが望ましい。

 対して事業部の評価はそれぞれの事業部は規模が異なっているため利益額での評価は望ましくない。規模の差異等を考慮して営業利益率で評価すべきである。

 

 

 

 

 

 


第六問答案用紙<2>

(原計2問目の2枚目)

問題2 問1

 

生 鮮 食 品

加 工 食 品

健 康 食 品

売上高差異

−50,000千円

150,000千円

40,000千円

限界利益率差異

24,000千円

105,000千円

28,000千円

固定費差異

11,035千円

15,319千円

9,716千円

営業利益差異

14,965千円

29,681千円

2,284千円

問2

 

生 鮮 食 品

加 工 食 品

健 康 食 品

損益分岐点売上高

1,404,800千円

856,356千円

263,788千円

損益分岐点百分率

96.9

63.4

77.6

5行)

 生鮮食品は損益分岐点が高いので、販売価格の引き上げまたは変動費の引き下げによって、損益分岐点を下げるべき

である。

 加工食品と健康食品は損益分岐点が低いので、多少損益分岐点を高くしてでも販売量を増やすべきである。

 

 

問3

(4行)

 共通費を売上高に応じて配分しても、共通費による恩恵が享受できる程度が売上高に比例しているわけではない。従って、各製品の収益性を見誤り、共通費の配賦額のわりに恩恵を受けることができない部門のモチベーション低下を招くといった問題点がある。

 

(4行)

 上記の問題点を解消するためには活動基準原価計算を用いるべきである。すなわち、共通費をまずその発生要因となる活動にあとずけ、その活動量に応じて各部門に共通日を配布するべきである。

 

 

問4

生鮮食品の値引

加工食品の値引

(a)変動費

(a)固定費

(b)生鮮食品

(b)共通費

(c)鮮度の低下による値引きの要因は生鮮食品にの

み起因するから。

 

 

(c)セールによる値引きは集客を狙ったものであり

他の商品の売上高増大も目的としているから

 

 

 

自己採点:30

感想:こっちも難しすぎ理論多すぎ時間足らなすぎ。

しかも得意なはずの計算ぜんぜんあってないし。

 

 

 

 

TOP > 再現答案 > M 原計
公認会計士試験に合格するための勉強法 CPA-LAB