このページは旧CPA-LAB ver1のコンテンツです。新CPA-LABトップページはこちら


TOP > 再現答案 > M 経営
公認会計士試験に合格するための勉強法 CPA-LAB

2005年 公認会計士試験 再現答案 経営学

第十一問答案用紙

(経営1問目)

ハンドルネーム

問題1 

問1

 

 

 

問2

 

(1)

 

(2)

コア・コンピタンス

 

垂直統合

 

問3

規模の経済

理由 (2行)

生産量を増大させることによる。製品単位あたりの固定費の低減や、経験効果による製品単位あたりの変動費の低減など。

 

問4 (10行)

部品の内製、外部調達のいずれかの選択が決定される要因としては資産の取引特殊性の程度に依存する。

すなわち、部品の製作によって規模の経済・学習効果が得られやすい場合には部品の内製化によってこれらの恩恵を受けようとする場合が多い。

 しかし、ホールドアップや競争圧力が激しく、部品の製作がリスクを負うことになる場合には、外部調達によってこれらのリスクを減らそうとすることが多いのである。

 

 

 

 

 

問5

レント

事前の競争制限

事後の競争制限

限定された取引相手

 

問6

(A)

企業はEMSに対して技術の提供や資金の融資などを通じてEMSとの関係をマネジメントしようとする。

2

(B)

EMSは企業の要求した製品の品質や納期をまもったり、従業員の受け入れを通じて企業との関係をマネジメントしようとする。

2

 

自己採点:20点

感想:すごく難しかった。見たことない問題が多かった気がする。

それにしても範囲の経済と規模の経済の経済を間違えたのはあまりにも実力不足。競争優位

の条件も満足に書けなかったし。

 

 


第十二問答案用紙

(経営2問目)

問題1

問1

 リスクとリターンの関係を意識しないノイズトレーダーが合理的投資家と比べて十分な資金を有しておらず、その取引量が限定的であること。

 

 

 

問2

(1)

 市場は非効率であるとは限らない。

 なぜならば、3年連続で高いリターンを得た投資信託といえども、今後も同様に高いリターンを得られる保証はなく、たまたま高リターンを得ることができただけかもしれないからである。

 

(2)

 市場は非効率である可能性がたかい。

 なぜなら、効率的市場とは株価が利用可能な情報を即座に、かつ、適正に反映する市場のことをいう。

 したがって、市場が効率的ならば決算短信による増益情報は即座に株価の反映られるべきであるが、株価に変化がないのは市場が非効率的である事を示唆しているのである。

 

問題2

 

@完全資本市場

A総資本コスト

B税金

C負債利用

D自己資本コスト

Eデフォルトリスク

Fデフォルトリスク

G負債

H情報の非対称性

I

J配当無関連説

K後悔回避

L配当肯定説

M配当肯定説

 

自己採点:30点

感想:こちらも難しかった。特に問2。こちらも実力不足。

 

 


 

 

 

TOP > 再現答案 > M 経営
公認会計士試験に合格するための勉強法 CPA-LAB