このページは旧CPA-LAB ver1のコンテンツです。新CPA-LABトップページはこちら


TOP > 再現答案 > バンビ 原計
公認会計士試験に合格するための勉強法 CPA-LAB

2005年 公認会計士試験 再現答案 原価計算

第五問答案用紙<1>

(原計1問目の1枚目)

ハンドルネーム

バンビ

問題1 問1 (1)

原 価 計 算 表                単位:円

 

1工程加工費

2工程加工費

原料費

月初仕掛品

4,000,000

4,040,000

自工程費

前工程費

小計

4,000,000

当月受入

123,600,000

 81,328,000

48,400,000

自工程費

前工程費

( ○       )

小計

123,600,000

( ○        )

合計

(    ○     )

( ○        )

(   ○       )

(    ○     )

( ○        )

(   ○       )

完  成  品

(    ○     )

( ○        )

(   ○       )

 

(2)6行、150文字程度)

非累加法とは各工程費ごとに工程別原価計算を進めていく方法であるという点に製品原価計算としての特徴がある。この計算方法によれば各工程費ごとに不能率がどこで発生したかを明確化する事ができ原価管理に有用な情報を提供する事ができる。

 

 

 

 

 

 

問2 (1)

完成品単位原価

                                                      円/kg

販売価格

                                                     円/kg

 

(2)

完成品単位原価

                                                      円/kg

販売価格

                                                      円/kg

 

問3 (1)

7行)

等級製品とは同一工程、同一原料から生産された製品を重量、長さ等の基準から等価係数を算定しこの等価係数をもって製品原価計算を行う方法である等級別原価計算により原価が計算された製品をいう。     

等級別原価計算においては各等級製品間に有機的な関連のある等価係数を算定しこの等価係数をもって完成品原価を各等級製品に按分するかもしくは当期製品製造原価を各等級製品に按分して行く。

 

 

 

 

 

 

(2)

7行)

等級製品PQ間に有機的関連ある等価係数を算定するためのデータが必要である。さらに等級別原価計算を行う方法によっては期末仕掛品に関する原価データが必要となる。

 

 

 

 

第五問答案用紙<2>

(原計1問目の2枚目)

問題2 問1

計画営業利益の金額

                                 ×                            

実際営業利益の金額

                                                             

計画営業利益と実際営業利益との差異額

                                 ×                            

(約7行程度)

売上 13,578,000

原価 11,645,673

   1,932,327

 

 

 

 

問2

予算差異

                                                            

能率差異

                                                            

操業度差異

                                                             

5行、150文字程度)

3分法とは製造間接費の原価差異を実際操業度に対応する予算許容額から実際発生額を差し引き製造間接費の浪費額を示す予算差異、能率の良否を示す能率差異、基準操業度に応じた固定費の配賦過不足を示す操業度差異の3つに区分する方法を言う。このように3つに差異を分ける事で原価管理により有用なデータを入手する事が可能となる。

 

 

 

 

 

問34行、150文字程度)

B製品専用の新ラインを追加するので新ラインにおける標準原価データが必要となる。

 

 

 

問46行、150文字程度)

予算管理と一体化した利益管理に活用できる原価計算を実現するためには直接標準原価計算システムを追加すべきである。現行の標準原価計算システムの中に原価・操業度・利益の関係を分析するCVP分析に役立つ直接標準原価計算システムを導入する事により短期利益計画に役立つ原価データを入手することが可能となる。この計算システムを導入する際にはCVP分析を財務会計の主要帳簿に組み入れる事で経常的・継続的にCVP関係を把握することができるようにしなければならない事に留意すべきである。

 

 

 

 

 

 

自己採点:70点/100点

感想: 計算はかなり平易な問題で理論も典型論点だったと思います。何を書いたか細かく思い出せないため要点だけ再現しましたが解答用紙はほぼ埋めました。

 

 

 

第六問答案用紙<1>

(原計2問目の1枚目)

ハンドルネーム

バンビ

問題1 問16行、150文字程度)

A事業部の営業利益は赤字、B事業部の営業利益は黒字であるが貢献利益はA事業部が48,000万円、B事業部が20,000万円発生している。よってA事業部よりもB事業部の方が収益性が高いといえる。

 

 

 

 

 

 

問2

A事業部

                    ×             万円

 

B事業部

              ×                   万円

 

計算過程

 

 

 

白紙

 

 

 

 

 

 

 

 

問3

(1)

正味現在価値

                   ×           万円

 

(2)

A事業部

                   ×           万円

B事業部

                   ×           万円

 

(3) (6行、150文字程度)

事業部ないし事業部長の業績評価の観点からは営業利益を業績指標として用いるのは妥当ではない。なぜなら営業利益は額による尺度であり規模の異なる事業部の収益性を比較する事が困難であるからである。また各事業部にとっては管理不能な投資に関する減価償却費が営業利益の計算に含まれてしまうからである。

 

 

 

 

 

 

 

第六問答案用紙<2>

(原計2問目の2枚目)

問題2 問1

 

生 鮮 食 品

加 工 食 品

健 康 食 品

売上高差異

×千円

×千円

×千円

限界利益率差異

×千円

×千円

×千円

固定費差異

○千円

○千円

○千円

営業利益差異

×千円

×千円

×千円

問2

 

生 鮮 食 品

加 工 食 品

健 康 食 品

損益分岐点売上高

×千円

×千円

×千円

損益分岐点百分率

×%

×%

×%

5行)

 

白紙

 

 

 

問3

(4行)

 

白紙

 

 

(4行)

 

白紙

 

 

問4

生鮮食品の値引

加工食品の値引

(a) ○

(a) ○

(b) ○

(b) ×

(c)

 

 

 

(c)

 

 

 

 

自己採点:20点/100点

感想: 時間が無く最後はほぼ白紙状態。事業部の計算もミスをしました。周りも時間が足りなかったようで最後は白紙の部分が目立っていました。

 


 

 

TOP > 再現答案 > バンビ 原計
公認会計士試験に合格するための勉強法 CPA-LAB