このページは旧CPA-LAB ver1のコンテンツです。新CPA-LABトップページはこちら


TOP > 再現答案 > たけもと 簿記
公認会計士試験に合格するための勉強法 CPA-LAB

2005年 公認会計士試験 再現答案 簿記

第一問答案用紙

(簿記1問目)

 

ハンドルネーム

たけもと

 

水色は予備校模範解答と一致

 

問1

損益計算書                              単位千円

 

 1

975400

2

1345000

3

130000

4

1296600

5

31540

6

65907

7

 

8

23160

9

 

10

21300

11

2130

12

2100

13

2200

14

3840

15

800

16

2400

17

2100

18

9100

19

1200

20

1200

21

 

22

16484

 

 

 

貸借対照表                                  単位千円

 

23

366410

24

78000

25

1590

26

115710

27

22000

28

81900

29

35000

30

6868

31

3640

32

49800

33

440490

34

10800

35

20250

36

155000

37

50000

38

2280

39

342

40

13724

41

1800

42

1400

43

550

44

 

45

71607

46

55000

47

81300

48

2000

49

 

50

2400

 

 

 

自己採点80               

 

感想:時間を70分かけたため、また論点もそれほど難しくなかったことから、点数を伸ばすことができた。

 

 

 

(スポック注:配点が不明だが、正解41×100/50=82点程度か)

 

 

 

 

 


第二問答案用紙

簿記2問目

 

ハンドルネーム

たけもと

 

問1

1A社にかかる資本連結の開始仕訳                (単位:千円)

 

1

9400

2

314925

3

55575

4

3800

5

201200

6

70000

 

 

1B社にかかる資本連結の開始仕訳                (単位:千円)

 

7

13500

8

171846

9

63623

10

5400

11

318800

 

1連結貸借対照表                         単位千円

 

12

 

13

 

14

 

15

 

16

1697000

17

119168

18

194750

19

215070

20

 

21

 

22

 

23

 

24

 

25

174000

 

 

2連結損益計算書                         単位千円

 

26

 

27

 

28

 

29

 

30

 

31

 

32

 

33

 

34

 

35

4750

36

 

37

 

 

 

3連結剰余金計算書                       単位千円

 

38

100000

39

 

40

100000

41

285000

42

28250

43

 

44

 

45

 

 

 

 

自己採点20

 

感想:連結は自分的に得意な論点であったが、資本連結にほとんど時間を費やしてしまい、持分法をやった後、成果連結はほとんど手をつけられなかった。

 

 

(スポック注:配点が不明だが、正解12×100/45=26点程度か)

 

 

 

TOP > 再現答案 > たけもと 簿記
公認会計士試験に合格するための勉強法 CPA-LAB