このページは旧CPA-LAB ver1のコンテンツです。新CPA-LABトップページはこちら


TOP > 再現答案 > たけもと 監査
公認会計士試験に合格するための勉強法 CPA-LAB

2005年 公認会計士試験 再現答案 監査論

第七問答案用紙<1>

(監査1問目の1枚目)

ハンドルネーム

たけもと

 

問題1

 10

内部統制とは、事業経営の効率性と有効性を高め、財務報告の信頼性を確保し、事業経営に関わる法規

の遵守を目的として、企業内に設置され企業を構成するものすべてによって運用される仕組みである。

この内部統制は以下の場合には機能しないため、内部統制の保障の程度合理的とされる。

・内部統制担当者の判断の誤りや不注意により内部統制からの逸脱が生じた場合。

・内部統制担当者が共謀した場合

・内部統制設定当初は想定していない取引が生じた場合

・内部統制責任者が、内部統制を無視した場合

 

 

  8

白紙

 

 

 

 

 

 

  8

内部監査は、内部統制の構成要素である監視活動のうち、独立的評価を行う部門である。そして内部

監査は、内部統制が適切に構築されているかどうか、または内部統制が内部統制担当者によって正しく

運用されているかどうかについて、企業からある程度独立した立場から、評価を行い、それに対する

是正措置を行う。

 

 

 

 

 


第七問答案用紙<2>

(監査1問目の2枚目)

問題

  8

監査リスクと監査上の重要性には負の相関関係がある。

すなわち、他の条件が一定であれば、監査上の重要性を当初の値より大きくした場合は監査リスクは小さくなり、また、監査上の重要性を当初の値より小さくした場合は監査リスクは大きくなるという関係がある。

 

 

 

 

 

 

 

  (12

監査上の重要性を過度に大きくした場合、財務諸表利用者の観点からは、財務諸表を利用する上におい

て問題とすべき虚偽の表示が、適切な監査が実施されず、看過されているという疑念が生じることから、

財務諸表を信頼して受容できなくなるという問題がある。

また、監査上は、このように監査信用されなくなった結果、財務諸表に関して独立の立場から、意見を表明し、その結果、財務諸表に社会的信頼性を付与するという目的が果たせなくなるという点で問題がある

言える。

 

 

 

 

 

 

 

自己採点:50点程度

感想:問題1と問題2の問1に関しては点くれ問題で完璧に書けた。他の問題に関しては、その場で考えたため、ややずれた答案を書いてしまった。

 

 


第八問答案用紙<1>

(監査2問目の1枚目)

ハンドルネーム

たけもと

 

問1 

 

(1)

記載の必要なし

1

(2)

財務諸表において、貸倒懸念債権の貸倒引当金に関して計上不足が存在している。この貸倒に関して会社に訂正を求めたが、当該影響は財務諸表に反映されていない。

 

 

 

7

(3)

記載の必要なし

 

 

 

5

(4)

貸倒懸念債権の貸倒引当金に関する事項を除き

1

(5)

すべての重要な点において適正に表示していると認める。

1

(6)

追記情報

1

(7)

財務諸表において重要な減価償却に関する事項に関する会計方針の変更が生じている。

 

 

4

(8)

 

記載の必要なし

 

 

4

 

 11

取引や会計事象に虚偽の表示が生じており、その影響が無限定適正意見とできないほど重要である場合、除外事項を付した限定付適正意見か不適正意見が表明される。ここで除外事項とすべきか、不適正を表明すべきかの判断は、そ

 '82フ影響が財務諸表が全体として虚偽の表示とすべきか否かで行われる。そして本問の監査に関しては重要性の判断基準として除外事項とすべきか、不適正を表明すべきかの判断がせっていされており。純利益の2パーセントを超える場合は除外事項とされ、純利益の10パーセント 2超える場合は不適正を表明すべきとされる。

本問においては、貸倒懸念債権の貸倒引当金に関して36百万円の虚偽の表示が発生しており、これに重要性の判断を加えると純利益の2パーセントを超えるため除外事項とされる。従って、本問では、除外事項を付した限定付適正意見が表明される。

 

 

 


第八問答案用紙<2>

(監査2問目の2枚目)

問3

(a)

監査人の責任に関する事項を削除する。これは、本問では合理的な基礎が得られていないためめ、合理的な基礎がえられないまま意見の表明を強制すると誤った意見が表明される_ 8bーれがあり、ひいては監査制度に対する社会的信頼性の低下を招くおそれがあるためである。

 

 

5

(b)

概要区分においては、まず合理的な基礎が得られていないため、合理的な基礎が得られた旨の

の記載を削除する。

また重要な実施できなかった監査手続きについても記載を行う。

 

 

 

 

11

(c)

監査の意見の区分においては、除外事項を付した限定付適正意見を意見拒否に変更し、意見を表明しない旨、及び、その理由を記載する。

 

 

 

 

8

(d)

会計方針に関する追記を削除する。

 

 

 

5

(e)

変更なし

 

 

 

5

 

 

自己採点40

感想:一見、正しい答案を書いているように思ったが、記載の内容に関してはやや異なることを書いてしまった。問題を読むのに時間がかかり、文の量は答案用紙を埋めるほど書けなかった。

 

 

 
 

 

 

TOP > 再現答案 > たけもと 監査
公認会計士試験に合格するための勉強法 CPA-LAB