このページは旧CPA-LAB ver1のコンテンツです。新CPA-LABトップページはこちら


TOP > 再現答案 > たけもと 経営
公認会計士試験に合格するための勉強法 CPA-LAB

2005年 公認会計士試験 再現答案 経営学

第十一問答案用紙

経営1問目

ハンドルネーム

たけもと

 

問題 

 

 

 

問2

 

(1)

モジュール

(2)

 

 

垂直統合

 

範囲の経済

理由 2

共通利用できる資源の存在、資源の不分割性に基づく未利用資源の活用、副産物の利用に起因する。

 

 

 10

分化を行うと、受託先は競争圧力を受け、また規模の経済や学習効果等の利益を受けるため、委託先は

自社で生産をするよりも、生産コストが安く済むというメリットがある。他方、分化を行うと取引コスト

とが高くなってしまうというデメリットがある。これに対し、統合を行うと、自社での調整にコストは

要しないことから、取引コストはかからない。しかし、分化を行った場合に比べて生産コストは高くなってしまう。そこで分化か統合かの決定は、生産コストとトレードオフによって決定される。

ここで取引特殊的資産が存在すると、相手方が取引が少なくなったことをつけこんでコストの低下を要求するなどホールドアップ問題が生じる恐れがある。このため、取引において慎重になるなど取引コストは

多くかかる。そのため取引コストに影響を及ぼし、さらに分化か統合かの決定にも影響を及ぼすといえ

る。

 

 

 

 

 

問5

空白

 

 

 

 

問6

(A)

当該企業はEMS企業と信頼性を築きつつ、相手方の生産方法等に違法なものはないか等を

調べる必要がある。

 

2

(B)

EMS企業は、なるべくたくさんの企業と関係を作ることで利益を得ることができる。

 

2

 

自己採点50

感想:問題量が減ったため、その分を問4に関しての問題構成に時間をかけた。例年よりも易化したという印象を受けた。


第十二問答案用紙

経営問目

問題1

問1

裁定取引が成立すうためには、複数の証券市場が存在し、かつ、その市場の間で、情報の非対称性が

存在していることが必要である。また、証券を購入するための手数料等がかからないことも必要である。

 

 

 

 

問2

(1)

効率的市場においては、株価はランダムウォークするために、投資家は継続的にリターンを得ることが

できない。継続的にリターンが得られていることは株価が一定の方向に動いていることを指し、市場が

効率的でないことを示す。

 

 

 

(2)

効率的市場においては、情報は瞬時に株価に反映される。ここで、将来キャッシュフローの現在値で決

まる株価は、将来キャッシュフローが増加する情報があればその情報が瞬時に反映され上昇するはずで

ある、しかしこれが起こっていないため、これは市場が効率的でないことを示す。

 

 

 

 

 

 

問題

 

@不完全市場

A企業価値

B法人税

C所得税

 支払利息

E直接コスト

F 間接コスト

G負債

H 情報の非対称性

I

J自家製配当

K後悔回避

L

Mフリーキャッシュフロー

 

自己採点50

感想:難しいのは、裁定取引の条件を書くものだけだった。時間はかなり余った。

 

 
 

 

 

TOP > 再現答案 > たけもと 経営
公認会計士試験に合格するための勉強法 CPA-LAB