このページは旧CPA-LAB ver1のコンテンツです。新CPA-LABトップページはこちら


TOP > 再現答案 > SHIRO 監査
公認会計士試験に合格するための勉強法 CPA-LAB

2005年 公認会計士試験 再現答案 監査論

第七問答案用紙<1>

(監査1問目の1枚目)

ハンドルネーム

SHIRO

問題1

問1 (10行)

  内部統制とは事業経営の有効性と効率性を高め、企業の財務報告の信頼性を確保し、かつ事業経営に係る法規の遵守を促す事を目的に企業内に設けられ、企業を構成する者のすべてによって運用される仕組みである。この内部統制は上述の企業目的の達成に関して絶対的ではないが合理的な保証を経営者に提供する仕組みであるためにその構築・維持責任は経営者にある。内部統制が経営者に提供する保証の程度が絶対的ではないが合理的とされるのは内部統制それ辞退に固有の限界があるからである。すなわち内部統制は、内部統制を設定した当初は想定していない取引が生じた場合、無い舞踏性担当者の判断の誤りや不注意により内部統制からの逸脱が生じた場合、内部統制担当者当が共謀した場合、内部統制責任者自身が内部統制を無視した場合には機能しないという固有の限界があるからである。

 

問2  (8行)

 会計上の見積もりとは、決算日現在において未だ確定いない事象や、既に確定していてもそれに関する情報を適時にあるいは経済的に入手しえない場合において概算額を計上することを言う。通常会計上の見積もりに関して有効な内部統制を構築することは困難であるが、経営者は以下の手続を実施する事で統制リスクの程度を相対的に低くすることができる。すなわち、会計上の見積もりに関してのリスク管理方針を策定すること、会計上の見積もりがどのようなときに必要になるかといったマニュアルを作成すること、専門家の業務を利用すること、・・・こと、・・・ことの5つである。

 

・・・の部分はその場で適当に考えたため覚えておりません。申し訳ございません。

問3  (8行)

 内部監査とは、企業内部の者の保護を目的に企業内部の者によって実施される監査であって、経営管理のために経営者が企業内部に設定した内部機関による経営管理体制の監査である。内部監査は内部統制の構成要素である監視活動の役割を担う。すなわち、内部統制が継続的に有効に運用されていることを確かめ、それを管理・監督し、その結果を経営者に報告し経営者に対して、企業目的に関する合理的な保証を提供する役割を担っている。

 

 

※もう少し書きましたが覚えておりません。申し訳ございません。


第七問答案用紙<2>

(監査1問目の2枚目)

問題2

問1  (8行)

 監査リスクとは、監査人が財務諸表の重要な虚偽の表示を看過して誤った意見を表明する可能性をいう。一方、監査上の重要性とは、財務諸表の利用者の経済的意思決定に与える影響の程度を考慮して、発見した虚偽の表示が個別にまたは集計して財務諸表全体にとって重要であるか否かの判断規準をいう。両者には負の相関関係がある。すなわち、監査上の重要性を当初の値より大きくした場合、他の条件を一定とすれば重要と判断される虚偽の表示の範囲は相対的に狭くなるため、監査リスクは低くなる。逆に、監査上の重要性を当初の値より小さくした場合、他の条件を一定とすれば重要と判断される虚偽の表示の範囲は相対的に広くなるため、監査リスクは高くなる。

 

問2  (12行)

  監査上の重要性は本来、財務諸表の利用者の経済的意思決定に与える影響の程度を考慮して監査人が職業的専門家としての判断により決定する。この監査上の重要性を過度に大きく設定した場合、監査人は本来発見すべき虚偽の表示を看過する可能性が高まる。すなわち、監査人は社会的に要求される水準の監査を実施すべきところ、それができなくなるおそれが生じる。また適切な監査資源の配分ができなくなるといった問題や本来実施すべき監査手続を実施しないといった問題も生じる。

一方、利用者の観点からは、利用者は財務諸表が誤っていることを原因として不足の損害が被る可能性が生じる。すなわち、情報リスクが高い財務諸表を利用することになり、意思決定を誤るおそれがあるのである。

 

 

自己採点:7割くらい

感想:問2は短答の時に見た記憶があるが全く思い出せませんでした。ここはできる人は満点でしょうから差がついたと思います。他は無難に書きました。おそらく平均もかなり高いでしょう。1問16点満点と仮定すれば、順に16、3、10、16、12の60弱くらいでしょうか。

 

 


第八問答案用紙<1>

(監査2問目の1枚目)

ハンドルネーム

SHIRO

 

問1 

 

(1)

記載の必要なし

1

(2)

記載の必要なし

 

 

 

 

 

 

7

(3)

記載の必要なし

 

 

 

 

 

5

(4)

C社株式会社に対する貸倒引当金設定額を除き

1

(5)

適正に表示しているものと認める

1

(6)

追記情報

1

(7)

連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項4.(2)に記載の通りA株式会社は減価償却方法を定率法から定額法に変更しております。

 

 

 

 

4

(8)

 当監査法人は上記の会計方針が正当な理由に基づくものであると認めます。

 

 

 

 

4

 

問2 (11行)

 A株式会社のC株式会社に対する貸倒引当金計上額と監査人の考える適切な計上額の差は36百万円、当期純利益に与える影響は21・6百万円である。またB監査法人においては除外事項を付した限定付き適正意見の表明の判断規準は当期純利益の2%すなわち8.64百万円であり、不適正意見表明の判断規準は当期純利益の10%すなわち43.2百万円である。よって本件はその間に位置するため限定付き適正意見を表明すると判断した。

本試験ではもっと書きましたが覚えておりません。申し訳ございません。

 

 

 

 

第八問答案用紙<2>

(監査2問目の2枚目)

問3

(a)

 監査人は意見を表明しないのであるから、監査人の責任は独立の立場から連結財務諸表に対する意見を表明する事にある旨の記載は削除し、連結財務諸表の作成責任は経営者にある旨の記載のみを行う。

 

 

5

(b)

連結財務諸表に対する意見は表明しないのであるから、意見表明のための合理的な基礎を得た旨は削除し、意見拒否の理由を述べる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

11

(c)

監査人は意見を表明しないのであるから、意見を表明しない旨を記載する。

 

 

 

 

 

 

 

8

(d)

追記情報は適正意見が前提であるから、追記情報は削除する。

 

 

 

 

5

(e)

変更なし

 

 

 

 

5

 

自己採点:40点

感想:半分が限界か。問題を見た瞬間しまったと思った。短答の時にやった記憶があるが・・。まあここはみんなできてないのでは。逆にできる人はできるだろうからその意味では差がつくのかも。問2は本質的には間違ってないがやはり%で判断すべきであった。なお、本試験では再現答案よりも若干多く書いていると思いますが思い出せませんので思いだせる範囲で再現しております。申し訳ございません。監査は100点くらいではないかと思っております。

 

 

 

 

TOP > 再現答案 > SHIRO 監査
公認会計士試験に合格するための勉強法 CPA-LAB