このページは旧CPA-LAB ver1のコンテンツです。新CPA-LABトップページはこちら


TOP > 再現答案 > SHIRO 経営
公認会計士試験に合格するための勉強法 CPA-LAB

2005年 公認会計士試験 再現答案 経営学

 

第十一問答案用紙

(経営1問目)

ハンドルネーム

SHIRO

問題1 

問1

 

 

 

問2

 

(1)

モジュール

(2)

 

 

垂直統合

 

問3

範囲の経済

理由 (2行)

 技術、情報、ノウハウ、マーケティング力等を複数の段階で活用する事により、複数の段階を複数の企業でおこなうよりも1社で行うほうが費用が安くて済むからである。

 

問4 (10行)

 一般に外部調達のメリットとしては、調達先企業が、大量受注・大量生産に伴う規模の経済性・学習効果の享受によって得られるコスト低下を自社もが市場を通して享受でき、また、競争圧力による製品品質・機能の向上を享受できる点にある。一方内製のメリットとしては情報の漏洩防止。一貫した品質向上等があげられる。

 資産の取引特殊性が高い場合、取引特殊的資産を保有した側は、それを保有することで取引の相手方が限定されてしまい、不利な条件を突きつけられるというホールドアップ問題が生じやすくなる。逆に資産の取引特殊性が低い場合にはそのような問題は起こらない。なぜなら取引相手も複数であり、競争圧力によってそのような問題を起こす企業は駆逐されるからである。

 よって資産の取引特殊性は部品の内製か外部調達の選択に影響をあたえるといえる。すなわち特殊性が高ければ外部調達、低ければ内製を選択すると考えられる。

 

問5

他社による模倣が困難であること

自社の経営資源・能力を活かせる組織の存在

自社の経営資源・能力が複数分野で活かせること

自社の経営資源・能力の稀少性

 

問6

(A)

 自社のノウハウや情報等の漏洩をおそれてEMSの利用を削減しなくてよいように、EMSとの信頼関係を構築するため、情報交換等を積極的に行うよう考慮すべきである。

2

(B)

 EMSは他社の製造を請け負い、他社からの依存を受けるが、それを逆手に取るのではなく、自社の技術水準、作業内容等を積極的に伝達して友好な関係を構築すべきである。

2

 

自己採点:5〜6割くらい

感想:量が少ない。問4めちゃくちゃ。問6何書いていいか分からない。

   全体的な感想は2問目の後に。

 

 


第十二問答案用紙

(経営2問目)

問題1

問1

 裁定取引とは、リスクなしで確実に利益を得られる裁定機会を見つけ出し利益の獲得を目指す行為である。この裁定取引が機能するためには、合理的投資家に資金の制約がないこと、空売りに制約がないこと、取引コストが存在しないこと、非合理的投資家が存在するとしてもその取引がランダムであること等が必要である。

 

問2

(1)

 (1)の文は必ずしも市場の非効率性を意味しているとはいえない。市場が効率的であればリスクに見合った以上のリターンを継続的に得ることはできないが、仮にこの投資信託はリスクが高いのであれば3年連続市場よりも高いリターンを得ていてもそれが市場の非効率性を意味しているわけではない。

やって必ずしも市場の非効率性を意味しているのではない。

(2)

 (2)の分は市場の非効率性を意味しているといえる。市場が効率的であれば最新の情報は瞬時に的確に株価に反映される。したがって決算短信によって増益が報告されたにもかかわらず、株価が変化しないという事は最新の情報を瞬時に反映していないため市場の非効率性を意味しているといえる。

 

 

問題2

 

@完全市場

A企業価値

B税金

C支払利息

D取引コスト

E直接コスト

F間接コスト

G自己株式

H情報の非対称性

I

J自家製配当

K後悔回避

Lフレーム効果

M

 

自己採点:4割くらい

感想:量がとても少ない。穴埋めあまりわからない。経営ひどすぎる。全体で80くらいか(160満点)。穴埋めはみんなできてないみたいでよかった。第12問、問題2はTAC回答だと真逆、0点。大原の解答なら半分くらいくるかも。そしたら100の可能性もあり。とりあえず失敗に終った。

 

 

 

 

TOP > 再現答案 > SHIRO 経営
公認会計士試験に合格するための勉強法 CPA-LAB