このページは旧CPA-LAB ver1のコンテンツです。新CPA-LABトップページはこちら


TOP > 再現答案 > SHIRO 経済
公認会計士試験に合格するための勉強法 CPA-LAB

2005年 公認会計士試験 再現答案 経済学

第十三問答案用紙<1>

(経済1問目の1枚目)

ハンドルネーム

SHIRO

水色は予備校模範解答と一致(数値、数式部分のみ検証)

問題1 

問1

売上高最大化の生産量=

 

問2

総余剰の損失=

 

 

問3

落札額=

50/3r

 

問4

従量税収最大化のもとでの落札額=

 

 

問5

 

 

 

問6

A国における価格=

 

B国における価格=

 

問7

市場均衡価格=

10/

 

問8

市場で正の生産量をもつ企業の数=

1000

 

問9

企業Bが設定する最適な価格=

4.5

 

問10

企業Aの生産量=

4.8

 

企業Bの生産量=

3.6

 

 


第十三問答案用紙<2>

(経済1問目の2枚目)

 

 

問題2 

 

問1

Q

50

 

問2

π0A

2500

π0B

275

 

問3

(πA+πB)*=

2900

 

問4

Q*=

40

 

問5

100

<tB<

225

 

問6

Q**

40

 

問7

100

<tA<

225

 

問8

t=

40

 

 

自己採点:55〜63(配点は推定)

感想:簡単なとこ間違えすぎ。できる人はおそらく80はこえるような問題。にがてといってもこれくらいはときたかった。こういうミスを積み重ねると落ちるのだと思う。


第十四問答案用紙<1>

(経済2問目の1枚目)

ハンドルネーム

SHIRO

 

問題1

 

問1

r=−0.022Y+115.5

 

問2

r=0.02Y−94.5

 

問3

国内総生産=5000

 

利子率=5.5

 

問4 (1)

2704万人

(2)

7.5%

 

問5 (1)

168

(2)

84

 

問6 (1)

右方

(2)

左方

 

問7 (1)

国内総生産= 5000+5000α−10000β

 

利子率=5.5+100α+220β

(2)

α=

 

β=

 

 


第十四問答案用紙<2>

(経済2問目の2枚目)

問題2

 

問1 (1)

財政収支均衡

(2)

E=T

 

問2

時間の経過にしたがい公債発行残高の変化に比して、国内総生産の変化が小さいことになるから国債が多く発行されていることを意味している。

 

問3

時間の経過に従い、国債発行残高の変化に比して国内総生産の変化が大きいことになるから国債の発行に頼らない経済成長が達成されていることを意味している。

 

問4

 

 

問5

 

 

問6

 

 

問7

 

 

 

問8

 

 

 

 

 

自己採点:45点

感想:マクロ2問目無理。全体として100〜110か。短答後に始めたがなんとか経済が原因で落ちるのは回避できたはず。でも差をつけられたのは間

 

 

 

 

TOP > 再現答案 > SHIRO 経済
公認会計士試験に合格するための勉強法 CPA-LAB