このページは旧CPA-LAB ver1のコンテンツです。新CPA-LABトップページはこちら


TOP > 再現答案 > 再現マン5号 原計
公認会計士試験に合格するための勉強法 CPA-LAB

2005年 公認会計士試験 再現答案 原価計算

第五問答案用紙<1>

(原計1問目の1枚目)

水色は予備校模範解答と一致(数値部分のみ検証)

ハンドルネーム

再現マン5

問題1 問1 (1)

原 価 計 算 表                単位:円

 

1工程加工費

2工程加工費

原料費

月初仕掛品

4,000,000

4,040,000

自工程費

前工程費

小計

4,000,000

当月受入

123,600,000

81,328,000

48,400,000

自工程費

前工程費

(  118000000  )

小計

123,600,000

( 199328000  )

合計

( 123600000 )

( 199328000

(   52440000    )

(    9600000 )

( 13568000  )

(   13200000  )

完  成  品

(  118000000  )

185760000   )

(  39240000  )

 

(2)6行、150文字程度)

非累加法によれば、完成品の中に占める工程ごとの原価の内訳が明らかになる。また、工程で発生した作業の不能率や原価要素の価格の上昇が完成品原価にどのような影響を与えるかが把握できる

 

 

 

 

問2 (1)

完成品単位原価

25000円/kg

販売価格

31250円/kg

 

(2)

完成品単位原価

25309円/kg

販売価格

34799円/kg

 

問3 (1)

7行)

等級製品は、同一工程において同種の製品を生産するが、大きさ、品位、純分度等の物的な価値によって等級別に区分できる製品をいう。原価計算基準によれば、等級別原価計算はアウトプット時の等価係数を用いる方法、インプット時の等価係数を用いる方法などが定められているが、これに限らず同類型のさまざまな等級別の原価計算方法が存在しうる。

 

 

 

 

 

(2)

7行)

原価を合理的に負担させるための大きさ、重量、品位、濃度、硬度などの等価係数

 

 

 

 

 

 

 


第五問答案用紙<2>

(原計1問目の2枚目)

問題2 問1

計画営業利益の金額

2442866

実際営業利益の金額

計画営業利益と実際営業利益との差異額

(約7行程度)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

問2

予算差異

40820

能率差異

68020

操業度差異

123000

5行、150文字程度)

 

 

 

 

 

 

問34行、150文字程度)

新ラインを導入することによって追加的に発生する原価や、それによりどれだけの原価削減などのメリットがあるかの情報

 

 

 

問46行、150文字程度)

 

 

 

 

 

 

 

自己採点:4割

感想:計算で時間がかかり、理論を書く暇がありませんでした。結果的には先に理論をもっと書いておくべきでした。

 

 

 

 

 

 

第六問答案用紙<1>

(原計2問目の1枚目)

ハンドルネーム

再現マン5

問題1 問16行、150文字程度)

A事業部の営業利益はΔ500万円、B事業部の営業利益は3000万円である。また、A事業部の貢献利益は48000万円、B事業部の貢献利益は20000万円である。よって経営レバレッジ係数はAのほうが高いので、Aの売上をあげるべきである。なお、投下資本利益率は、Aが−1%、Bは15%であるので、Bの方が収益性が高いといえる。

 

 

 

 

問2

A事業部

48003万円

 

B事業部

31978万円

 

計算過程

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

問3

(1)

正味現在価値

万円

 

(2)

A事業部

万円

B事業部

万円

 

(3) (6行、150文字程度)

事業部の業績評価という観点からは、営業利益は投資の効率性を反映しないので、投資規模の異なる案件の比較が出来ないため、妥当ではない。事業部長の業績評価という観点からは、投下資本利益率によれば部分最適化問題が生じるが、営業利益によればこれを回避できるので、事業部長の業績評価として有用である。

 

 

 

 

 


第六問答案用紙<2>

(原計2問目の2枚目)

問題2 問1

 

生 鮮 食 品

加 工 食 品

健 康 食 品

売上高差異

50000千円

150000千円

40000千円

限界利益率差異

13333千円

1500千円

3200千円

固定費差異

8800千円

17400千円

10240千円

営業利益差異

17200千円

27600千円

1760千円

問2

 

生 鮮 食 品

加 工 食 品

健 康 食 品

損益分岐点売上高

1403226千円

755272千円

242198千円

損益分岐点百分率

96.8

55.9

71.2

5行)

(ここ何を書いたのか忘れました)

 

 

 

 

問3

(4行)

共通費を売上高に比例して各商品グループに負担させれば、売上をあげるほど共通費の負担が増えるため、売上高をのばすインセンティブが弱められてしまう。

 

 

(4行)

活動基準原価計算を導入し、操業度との関係では固定費とされている項目を活動に基づいて変動費として扱い、用役提供度合いに応じて各商品グループに配布させる方法を行うべきである。

 

 

 

問4

生鮮食品の値引

加工食品の値引

(a)

(a)

(b)

(b)

(c)

 

 

 

(c)

 

 

 

 

自己採点:3割

感想:時間が足りませんでした。理論も何を書いていいものか悩みました。

問題22は予備校によって解答が割れているようです

 

 

 

TOP > 再現答案 > 再現マン5号 原計
公認会計士試験に合格するための勉強法 CPA-LAB