このページは旧CPA-LAB ver1のコンテンツです。新CPA-LABトップページはこちら


TOP > 再現答案 > 再現マン5号 経営
公認会計士試験に合格するための勉強法 CPA-LAB

2005年 公認会計士試験 再現答案 経営学

第十一問答案用紙

(経営1問目)

ハンドルネーム

再現マン5

問題1 

問1

 

 

 

問2

 

(1)

モジュール

(2)

アウトソーシング

 

垂直統合

 

問3

範囲の経済

理由 (2行)

 複数の段階を社内で行なうことが合理的なのは、ノウハウや生産設備を複数の段階で共通利用したり、資源の不分割性をもつ生産設備や本社の人的資源などの未利用資源の有効活用を行なうことができるからである。

 

問4 (10行)

事前に多数の取引相手が存在すれば、取引相手が自己の利益のために情報を歪曲するといった機会主義的行動をとったとしても取引相手を変更できるため、取引相手が機会主義的行動をとる可能性は低い。しかし、取引に必要な特殊な資産への投資が行なわれれば取引相手が限定され、相手が機会主義的行動を取る可能性が高まる。このように取引特殊性資産を原因として不利な条件を強いられることをホールドアップ問題といい、これにより取引コストは増大する。

 取引特殊性資産の特殊性が低い場合、取引相手が多数いるため、ホールドアップ問題が生じる可能性は低い。また、資産の特殊性が低い場合、外注される企業は大量生産が可能であり、規模・学習効果により、生産コストが減少し、市場による競争圧力が働いて品質も向上する。よって取引特殊性資産の特殊性が低い場合には、外部調達によることが合理的である。

 取引特殊性資産の特殊性が高い場合、取引相手が限定されるため、ホールドアップ問題が発生しやすくなる。また、資産の特殊性が高い場合、内製による生産量と外部調達による生産量とはあまり差がないと考えられるため、規模・学習効果によるメリットはあまりない。よって取引特殊性資産の特殊性が高い場合には、内製によることが合理的である。

 

問5

模倣困難性

組織能力

コアコンピタンス

継続的にイノベーションを行なうこと

 

問6

(A)

企業がEMSを活用する場合、外部委託した業務について、その分野における経営資源が薄くなる、当該業務に対する企業のコントロール機能が低下するといった弊害が生じる。そのため、付加価値の高い主力業務は委託しない、EMSと密接な協力関係を結んでおくことが重要である。

2

(B)

)EMSは委託された業務を誠実に遂行し、委託企業の信頼を得ることが必要である。特に、生産技術の漏洩などに対して配慮しなければならない。

2

 

自己採点 6割

感想 解答用紙を見た瞬間、量少な!と思いました。時間がかなり余りそうなので、問4は一度下書きをして書きました。問4は機会主義的行動とホールドアップ問題の定義を用意していたので、それを中心に関西TACのT先生のレジメに載っていたことをそのまま書けたと思います

 

 


第十二問答案用紙

(経営2問目)

ハンドルネーム

再現マン5

 

問題1

問1

裁定取引とは、実際価格が適正価格から乖離した場合に、その価格差を利用して利益を得る取引をいう。裁定取引が有効に機能するためには、売買手数料や情報収集のためのコストが不要である、裁定取引を実現できる代替的証券が存在する、CAPMに代表される資産価格モデル等のベンチマークの信頼性に問題がない、などの条件が必要である。

 

問2

(1)

市場が効率的である場合、通常、リスクに見合う以上のリターン、すなわちアブノーマルリターンを継続的に得ることはできない。よって3年連続で市場よりも高いリターンをあげている投資信託が存在するため、市場の非効率性を意味しているといえる

(2)

市場が効率的であり、企業と投資家の間に情報の非対称性が存在しない場合、株価は決算短信ではなく企業のファンダメンタルズを即座に反映して価格形成がなされる。 よって()の文は市場の効率性を意味しているといえる。

 

問題2

 

@完全競争市場

A企業価値

B法人税

C負債

D倒産コスト

E直接コスト

F間接コスト

G負債

H情報の非対称性

I株式発行による調達はなるべく控えるべき理論

J自家製配当の形成能力

K後悔回避

L配当と資本利得の非無差別性

M余剰資金還元

 

 

自己採点 7割

感想 問題1の問1は、裁定取引を制限するケースを思い出して、裁定取引が有効に機能する条件として書きました。

問題2の穴埋めで分からないところILMは、加藤先生の本を読まない限り分からないので適当に答えました。

 

 

 

TOP > 再現答案 > 再現マン5号 経営
公認会計士試験に合格するための勉強法 CPA-LAB