このページは旧CPA-LAB ver1のコンテンツです。新CPA-LABトップページはこちら


TOP > 再現答案 > スライム 経済
公認会計士試験に合格するための勉強法 CPA-LAB

2005年 公認会計士試験 再現答案 経済学

第十三問答案用紙<1>

(経済1問目の1枚目)

ハンドルネーム

スライム

水色は予備校模範解答と一致(数値、数式部分のみ検証)

問題1 

問1

売上高最大化の生産量=

     5

 

問2

総余剰の損失=

        0

 

問3

落札額=

    50/3r

 

問4

従量税収最大化のもとでの落札額=

 

 

問5

 

 

 

問6

A国における価格=

              8

 

B国における価格=

              8

 

問7

市場均衡価格=

          10/3

 

問8

市場で正の生産量をもつ企業の数=

          500

 

問9

企業Bが設定する最適な価格=

 

 

問10

企業Aの生産量=

 

 

企業Bの生産量=

 

 

 


第十三問答案用紙<2>

(経済1問目の2枚目)

 

問題2 

問1

q

     50

 

問2

π0A

    2500

π0B

     275

 

問3

(πA+πB)*=

    2900

 

問4

q*=

   40

 

問5

  100

<tB<

  225

 

問6

q**

   40

 

問7

  400

<tA<

 2400

 

問8

t=

   20

 

 

自己採点:75点(問題1:5点×5、問題2:完答)

感想:まず見た目で解きやすそうな問題2(外部性・コースの定理)から始めました。見た目の解きやすさと同様に実際も非常に簡易な問題でした。20分で解き終えたと記憶しています。次に問題1は独占の問題でした。見た感じでは問題量が多く圧倒されかけましたが、それぞれの小問は独立していたため、解けそうな問題をチョイスしながら解きました。結果的に半分近く正答することができました。

ミクロの問題は50分かけたと思います。

 

 

 

 


第十四問答案用紙<1>

(経済2問目の1枚目)

ハンドルネーム

スライム

問題1

 

問1

r = 0.022Y+115.5

 

問2

r = 0.02Y94.5

 

問3

国内総生産=  5000

 

利子率=    5.5

 

問4 (1)

2704                                  万人

(2)

7.5           

 

問5 (1)

  168

(2)

    56

 

問6 (1)

   

(2)

 左

 

問7 (1)

国内総生産= 5000+5000α-10000β

 

利子率= 5.5+100α+220β

(2)

α=     0.006

 

β=     0.02

 

 


第十四問答案用紙<2>

(経済2問目の2枚目)

問題2

 

問1 (1)

財政均衡        

(2)

e = t

 

問2

財政収支が悪化する。

 

 

問3

財政収支が改善する。

 

 

問4

 

 

問5

 

 

問6

 

 

問7

増加する。

 

 

問8

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自己採点:55点(問題1:完答、第二問:5点×1)

感想:見た目で解きやすそうな問題1から取り掛かりました。問題1はISLM、国債発行の問題でした。この問題は非常にシンプルな問題でした。特に問題2が非常に難問だったこともあり多少時間をかけてもじっくり解くべき問題でした。この論点は試験委員対策として各予備校が重視していていたため他の受験生もかなり高得点したと思います。ミスの許されない問題でした。問題1は30分かけました。打って変わって、問題2のプライマリー・バランス均衡(?)の問題は見た目も実際も非常に難問でした。ただ今年の問題はこの問題2を除いて比較的解きやすい問題が多かったため、この問題2に時間をかけるよりも、他の問題の見直しを重視すべきだと思い、殆ど時間をかけなかったです。実際に試験後の友人談でもほぼ解けておらず、できなくてもよかったと思います。

 

 

 

 

TOP > 再現答案 > スライム 経済
公認会計士試験に合格するための勉強法 CPA-LAB