このページは旧CPA-LAB ver1のコンテンツです。新CPA-LABトップページはこちら


TOP > 再現答案 > たろすけ 経営
公認会計士試験に合格するための勉強法 CPA-LAB

2005年 公認会計士試験 再現答案 経営学

第十一問答案用紙

(経営1問目)

ハンドルネーム

たろすけ

問題1 

問1

 

 

 

問2

 

(1)

モジュラー

(2)

クローズ

 

垂直統合

 

問3

範囲の経済

理由 (2行)

範囲の経済が生じる理由は複数の事業を同時に営むことによりそれぞれの事業を単独で行うよりもコストが割安になることであり、それぞれの資源の共通利用によってコスト削減が図られる

 

問4 (10行)

資産の取引特殊性の程度が低いと部品の外部調達を選択すると考える。

すなわち資産の取引特殊性の程度が低いと、競争圧力が強まり、製造業者にとって規模の経済が働く結果として部品の調達コストは低くなる。よって部品の外部調達を選択する。

資産の取引特殊性の程度が高いと部品の内製の意思決定を行うと考える。

すなわち資産の取引特殊性の程度が高いと学習効果が高いために部品を内製する効果が高い、よって部品の内製の意思決定を行うと考える。またこの場合ホールドアップの考え方も重要である。

(行数はもっと書いたと思います、内容は上記を膨らませて書いたと思いましたが詳細は忘れました)

 

 

 

 

問5

人的資源の優位性

物的資源の優位性

豊富な金銭

情報的資源の優位性

 

問6

(A)

当該企業の立場からは複数のEMSと取引を行うことによりコストを削減することが重要である。

2

(B)

EMSの立場からは多量の取引を受注することにより規模の経済を働かせて、コストを削減することが重要である。

2

 

自己採点:50点ぐらい

感想:問5が全くわからず埋めただけになってしまった。


第十二問答案用紙

(経営2問目)

ハンドルネーム

たろすけ

問題1

問1

裁定取引とはリスクがなく確実に利益を得られるような裁定機会を見つけて取引をすることであり、合理的投資家の存在を所与として、裁定取引が機能するための条件としては、まず裁定取引を行うだけの豊富な金銭があることが必要である。そして空売りの制約がない(もしくは少ない)ことが必要である。さらに取引コストがない(もしくは少ない)ことも裁定取引が機能する為には必要である。

 

 

 

 

問2

(1)

本問は市場の非効率性を意味していると考える。

すなわち市場が効率的であれば、リスクに見合った以上のリターンを継続的に得ることは困難なはずである。しかし本問の投資信託は3年連続で市場よりも高いリターンを上げているのでリスクに見合った以上のリターンを継続的に得ている。よって本問は市場の非効率性を意味していると考える。

(2)

本問は市場の効率性を意味していると考える。すなわち市場が効率的であれば、株価に影響する情報は即座に且つ正確に反映されているはずである。そして本問では決算短信によってソニーの増益が報告されたが、ソニーの株価に変化はなかったことからすでに株価に影響を与えるようなこの情報が既に反映されていることを示している。よって本問は市場の効率性を意味していると考える。

 

問題2

 

@完全資本市場

A企業価値

B税金

C負債

D倒産

E財務コスト

F

G負債

H情報の非対称性

I

J自家製配当

K株主保護

L配当政策の顧客効果

M

 

自己採点:60点ぐらい

感想:穴埋めが悩みました

 

 

 

 

TOP > 再現答案 > たろすけ 経営
公認会計士試験に合格するための勉強法 CPA-LAB