ようこそゲストさん

08公認会計士合格目標マダマダタマゴ

2008/11/18(火) 実は昨日の内にこれ書いてました~

2008/11/18 9:43 合格体験記

合格体験記


合格体験記を今回書きましたが特に自分オリジナルの方法でやっていたわけではなく、改めて自分が書く意味があるのかわかりませんが参考になるところがあれば幸いです。




目次
1、合格までのプロセスと成績の推移
2、合格して思うこと
3、一番重要なこととその具体策
4、勉強法
5、もう一回ゼロから受けるならこうします






1、合格までのプロセス
 

 まず自分の合格までのプロセスを書きます。はっきりいってかなり長期化してしまったので、反面教師として、参考になれば幸いです。たぶん長期化する人の典型だと思うので、今こんな感じに陥ってる人はすぐに直したほうがいいです。
 

 会計士を意識しだしたのは大学受験の時くらいです。そのため入学後すぐに大学内であった簿記3級の講座に申し込みました。3級はそのまま6月に合格することが出来ました。これがそもそも会計をなめてしまったきっかけです。ほとんど一夜漬けで合格できたので自分はこの世界向いてるんじゃないかと勘違いしてしまいました。
そして、その秋にTACの1,5L というコースに申し込みました。これは大学3年に合格を目標としたものです。つまり05目標ということです。入門期は授業のコマ数も少なかったためバイトも続けていましたし、遊びまくっていました。そのためTACでは授業に出ることはしていましたが復習などは一切していませんでした。ただ、最初の勘違いのせいで、すぐにマスターできるっていう根拠のない自信がありました。またダブルスクールをしているっていう自分にどこか満足していたと思います。他の大学生とは違うというようなものです。ちなみにTACを選んだのは通いやすいとこにあったからです。
  
結局そのまま2年生の秋ごろに上級クラスに合流することになりました。はっきりいって、この時点で入門期の内容はほとんど身についていない状態でした。しかしまったく危機感というものがなかったのです。上級期が始まると、バイトをする暇もなくなりました。ただ大学生は遊ぶものだと思っていたので、遊ぶ時間を犠牲にしてまで勉強したくないというわけのわからない姿勢だったため授業に出るだけという感じのままでした。そして3年生になるころに直前期が始まったのですがそのころにはまったく授業に出なくなってしまいました。結局その年の短答はめちゃくちゃでした。というか受験料丸々無駄にしたと思います。この時点でもまだ危機感はありませんでした。
その後、先輩が短答に通ったというので、どれくらい勉強してるか聞きました。すると一日10時間はやってるよ、とのことでした。自分は試験前にのみ10時間やって普段は2.3時間くらいだろうと思っていましたが、1年間毎日10時間やってるってことでした。これを聞いて、自分も毎日10時間やればよかったのですが、そんなやらんでも受かるやろっと、試験をなめていました。
 

06目標では大学の授業や遊びも忙しくまた、05みたいに授業に出れないともったいないと思ったので通信にしました。これは大失敗でした。授業は全コマ見れたのですが、ホントに見るだけでした。自分は意志がかなり弱い人間だとわかりました。結局大学4年でも短答を受けたのですがボロボロでした。
 

そしていよいよ07目標開始です。さすがにこの頃には危機感が出てきました。夏休みは実家に帰り地元のTACにこもりました。やはり実家なので朝は早く起きれるし、ご飯の心配もないし、掃除洗濯もしなくてよいので本当に勉強にのみ専念できました。ここでやっと入門期のマスターが出来たと思います。しかし夏休みも終わり一人暮らしに戻ると、朝起きれない、意志が弱くて勉強しない、友達と遊んで現実逃避、みたいに戻ってしまいました。後から思えばこれが07でぎりぎり不合格になった最大の原因です。
 

ただ今回は最後までこの生活を続けることはなかったです。1、2月ごろからブログをはじめました。これをきっかけに全てを捨てて会計士試験に集中するようになりました。
ブログをはじめてから毎日勉強時間をつけるようになりました。ただそれだけなのですが、劇的に生活が変わりました。そして卒業後実家に帰り、より勉強に集中できるようになりました。結局その年の07期では短答のみ合格しました。論文はAランクで落ちるという結果でした。幸い受験に専念して続けられることになったため、08目標を開始しました。
 

そして今回なんとか合格を勝ち取ることが出来ました。この1年は淡々と毎日勉強時間を維持しやるべきことをこなしていった感じです。
 
 

自分がこんな長引いてしまった最大の原因は会計士試験をなめていたとこにあります。自分の力を勘違いし資源を集中できなかったことが問題でした。



総合の成績の推移


05~06目標までは答練すら受けていなかったので不明
07目標短答答練はだいたいBランクくらい 論文答練はほとんどD,Eランク
2回目の全答練は3000人中2700位くらいでした。でもなんとかあきらめずに踏ん張ったからか本試験はAランク落ちでした。たぶん追い込みで相当伸びたと思います。
08目標は07の追い込みの貯金を生かしてほぼAランクでした。最低でも500位くらいで最高は100位きるくらいでした。



なんか短答合格してからやっと勉強がわかるようになってきた気がします。短答まではがむしゃらに詰め込んでいたのをその年の論文までに理解しだした感じです。たぶん最初の山の短答越えての追い込みって相当実力つくと思います。その惰性でがんばればその年だめでも次の年には少し余裕を持って勉強を進められると思いました。




2、合格して思うこと


 合格して今一番思うことは、じぶんは合格したのではなく、合格させてもらったのだ
っということです。家族には専門学校のお金に始まり、大学を卒業してまで家に住みつき、ご飯も食べさせてもらい、掃除洗濯もしてもらい、最高の受験環境を整えてもらっていました。また彼女には何年も受験生と付き合うというめんどくさい状況を我慢してもらったし、あらゆる面で支えてもらいました。さらに友達にはお守りとかもらったり応援してもらえました。
 

自分が合格するためにやったのはホントTACにこもっていただけです。あとは全てサポートしてもらいました。なので自分は合格したというより合格させてもらったといえます。
感謝だけです。本当にありがとうございました。これ以上迷惑をかけなくてすんで、すげーホッとしています。




3、一番重要なこととその具体策


モチベーションを維持することです。そして全資源を会計士試験に集中させることです。そのためにはブログを書くのが一番です。それも毎日書いてください。なるべくみんなに見てもらえるようにしてください。奨学生になるとか、ポータルページに登録するとかするといいです。これで自分はどっぷり会計士試験につかることが出来ました。

なぜモチベーションを維持することが大事かというと、会計士試験の内容自体は難しいことはありません。ただ量が半端なく多いです。そのため暗記するためには何度も何度も同じことを繰り返す必要があります。ホントに自分はボケているんじゃないかと思うくらい忘れます。いやになるほど繰り返さないといけませんでした。それにはある程度のまとまった勉強時間を確保する必要があります。しかしさすがに飽きてきます。ただの作業で全然おもしろくないです。
はっきりいってわくわくしたり、知識欲みたいなのはほとんどわきません。そのため無理やりモチベーションを高め勉強時間を確保しなければなりません。そのためモチベーションの維持がもっとも大事だと思います。
 

危機感や誰かに見られてるっていうのは結構モチベーション維持に役立ちました。だからブログはお勧めです。




4、勉強法


長期化してしまった人の勉強法なんて参考にならないと思います。ただトータルの受験期間は長いですが実際に集中的に勉強したのはそれほど長期ではないと思うので、自分では短期で合格できたと思っています。それなりに効率的に勉強できたと思うので、もしよかったら読んでください。
基本的に専門の講師の言うことを聞いてください。これは当たり前の事ですが相当難しいと思います。自分はよく出来るとか俺みたいに勘違いしていた人は特に難しいです。必要な勉強時間とか、勉強方法とか、ノートのとり方とか、一度だまされたと思って講師の言うとおり素直にやってみてください。その上で自分の方法を確立したほうがいいです。講師は短期合格する人の共通点を知っています。講師は合理的で正しいことを言っていると信じてください。たとえ合理的で正しいことを言ってなくても、それが正しいもんだと信じることで迷いはなくなり勉強に集中できます。たとえ若干ずれた方法でも毎日10時間1年かそれくらいやれるくらいの時間的余裕があるならたぶん何も考えずにその時間勉強できれば十分合格できます。 具体的な勉強法として自分がやったオリジナルの勉強法は何一つありません。全部講師の勉強法をとりいれたものです。


一番お勧めは付箋を貼りまくる方法です。答練で間違えた論点をテキストに戻り付箋を貼るって方法です。意外に一度間違えた問題は何度も間違えてしまいます。そこだけ意識することで同じミスをすることは減ります。
 

あとはみんなが出来るとこをしっかりとるってことです。これって結構勉強が進まないと出来ないですが、本番でも常に意識することなので、これが出来るように意識することはかなり重要です。なぜこれが難しいかというとまずみんながどこが出来るかを把握する必要があるからです。これは一見簡単そうですが、ある程度勉強が進んでいないと出来ません。でも簡単に見分ける方法があります。自分はどうやって見分けていたかというと答練に出たとこはみんな出来ると思っていいってことです。たとえば応用答練を受けるとします。そのうちの何割かは過年度の答練のどこかで出た問題です。基本的にこの過年度の問題を見分けることが出来て、それを確実に取っていけばよくてAランクくらいとれます。結局本番も同じで今まで答連で出たのを見つけそれをとればよいのです。それで十分合格できるのです。過年度の答練までやる余裕がない場合も、その年の答練を全部頭に入れておけば本番で同じことが出来ます。これで十分だと思います。
 

つまり答練をメインにしたアウトプットの方法がベストです。間違えた論点のみテキストに戻るって事です。
 

短答も基本的には同じと考えていいと思います。テキスト全部を1回くらい読んだら後は、答練まわしてテキストに戻る、って方法が効率いいと思います。あくまでテキストベースじゃなくて答練ベースでやってください。テキスト読んで、覚えたつもりでも実際問題として聞かれたときに答えられないってことは何度もありました。これはホント効率悪いし配点とかも意識できないし、いいこと少ないと思います。
 

各科目についてですが基本的にはどれも上述のとおり、答練まわして、テキストに戻るってだけです。特に各科目で意識していたことはありません。ただある科目に偏らないように答練の成績からバランス取れるように時間配分していました。偏差値の低かった科目にもう少し時間を割くって程度です。




5、もう一回ゼロから受けるならこうします


大学1,2年は思いっきり遊びます、バイトして旅とか出ます。大学3年の春から一年本科で大学4年の合格を目指します。たぶん短答のみ通るので卒一で合格するってプランです。
正直3年から一年本科だと授業がまだたくさん残っていると思うので、なかなか難しいかな、まぁ理想です。







このブログでは読んでくれる人のことを意識したことはほとんど書かずに自分のモチベーション維持に役立てただけだったので最後に、もしなんか質問とかあれば役に立たないかもしれませんが答えられれば答えたいと思います。



あとなんかコメントもらえるとうれしいです。前から読んでくれてる人とか去年自分と同じように悔しい思いしてコメントくれた人とか、もしこれ読んでたらコメントください。




最後に、見ず知らずの受験生の自分に一年間奨学生という制度で援助していただいた
スポックさんに感謝します。本当にありがとうございました。

# つみしょー 2008年11月18日(火) 午後0時20分

初めまして!合格おめでとうございます♪
以前から日記拝見してましたー

この勉強始めて俺も色んな人に支えられてる事が感じられてよかったです
こういう経験は人生の糧になるんでしょうねー
これから社会人生活頑張って下さい♪

# Gomez9393 2008年11月18日(火) 午後10時08分

合格おめでとうございます!

私がBlogを立てた際、初めてコメントを下さったのがrcmさんでした。そんなrcmさんが受かって大変嬉しいです。


ところで質問なのですが、短答免除者が次の一年を乗り切る際に気をつけたいポイントとかってありますか?勉強法、モチベーション等、何でもよいので、もしありましたらご教授下さい。

# sha 2008年11月18日(火) 午後11時46分

今日はどーもありがとうございました。
まさか、こんな形でお会いするとは思っていませんでしたが…(笑)
今後とも会う機会があると思うので、よろしくお願いします♪

# RCM 2008年11月18日(火) 午後11時52分

お二方ありがとうございます

社会に少しでも貢献というか意味のある仕事ができるよう
死ぬ気ではたらきます!


あと短免で一年間気を付けるのは
シビアに答練の成績と向き合うことです
なるべく全部うけて
毎回aランクとるつもりでうけることです
短免てのはアドバンテージなので
他の人よりいい成績は当たり前と考え
aランク目指してしっかり全科目うけて成績をだすことを
自分は意識してやりました。


やっぱ答練大事にしてペースメーカーにすれば何やるか悩まないと思います

それで全答にピークをもっていきます

一回目までにはある程度完成させるようにやりました

二回目まではあとはそれの維持と底上げって感じです



ただこれでちょっと自分が失敗したなって思ったのは
一回目の全答練で結構満足してしまい
二回目までで全然伸びなかったことです


一番のピークはもちろん本試験にあわせましたが
二回目の全答練では中だるみしてしまいました


そのへんはうまいことピークをもってくるよう考えるとよかったと思いました


とにかく普段の答練の成績は本試験に直結すると思って
毎回こだわってやるといいと思いました




こんな感じでしょうか?いまいちよく分からないとこあったらまた質問してください~

# RCM 2008年11月18日(火) 午後11時54分

shaさん同期として迷惑かけるかもしれませんがお互いがんばっていきましょ~

ホントよろしくお願いしま~す!

# Gomez9393 2008年11月19日(水) 午後10時51分

「シビアに答練の成績と向き合うこと」
「全答1回目までにある程度完成させること」
「全答2回目に中だるみしないこと」

了解しました。胸に刻んで一年を乗り越えたいと思います。
懇切丁寧にご回答下さり、ありがとうございました(`・ω・´)ゞ

良い社会人生活を!

# だらだら 2008年11月22日(土) 午後10時55分

おめでとうございます。

私(男性です)もrcmさんと同じくらいの年齢で、07短答合格論文A落ち科目なし(08全科目合格)だったので、よくブログを拝見させて頂いておりました。

ただ、私は経済的な事情と仕事への好奇心から、この1年は監査法人勤務でした。

そのため、平日の勉強時間は多くて2時間、休日も疲れのため、土日のどちらかは全休で片方は3時間という生活を送っておりました。しかも、小金を稼ぎ出した反動で付き合いなど多く、少なくとも週1日は飲んでいました。

そんな中、繁忙期前の3月に丸1ヶ月勉強していないことに気づき、rcmさんのような専業の方のブログを拝見することで非常にモチベーションアップにつながりました(上記の勉強時間は1.5倍になりました)。また、数少ない勉強でいかに専業の方に匹敵する実力をつけるか。。etc...色々感じることは多かったです。

そして、法人は直前期が休みになるんですが、その高めたモチベーションと勉強のクオリティのために直前期に伸び、本試験では恐らくかなりの上位層に入っているのでは無いかと思う出来でした。

これもそれもrcmさんのブログのおかげです。ありがとうございました。



# とー 2008年12月05日(金) 午後5時43分

阿部レジュメほしいなー

# kana 2009年06月19日(金) 午前10時23分

すごく参考になりました。
あたしは関西地域の今大学生3回生てす。
公認会計士資格取得を目指そうと思い始めたのは、ここ2、3ヶ月くらぃのことで、今すごく悩みまくりです。あたしは、すごく優柔不断です。大学受験のときも、あれもこれもと参考書に目が向き、結局中途半端におわりました。
専門学校もメリットデメリットを考えると選べなくなるほどでした。

しかし、OBの公認会計士のかたにも全く同じことをいわれました。

自分の決めた専門学校だけを、テキストだけを信じて、他に浮気しないこと、また、合格の秘訣は、ただひたすら『基本』をおさえることだとおっしゃっていました。

あたしは、1日10時間も勉強したことがありません。

遊ぶのも寝るのもだぃすきです。

携帯よくさわります。

自分に甘いです。


でも、負けず嫌いでしつこいです。
公認会計士試験に何度落ちても必ず受かりたいです。いや、受かります。


あたしもブログかきます!良かったらあたしの受験期アドバイスくださぃ��(゚□゚ノ)ノ

ブログホントにありがとうございました★なんか勇気づきました!

# rcm 2009年06月28日(日) 午後0時35分

〉kana さん
ありがとうございます。自分はただの勉強記録つけてただけなんで、そんな事言われるとうれしいですね!
どのブログですか~??URL張ってくれるとありがたいっす!
継続あるのみ!この試験は。応援しますよ!!


#  非公開コメント