ようこそゲストさん

黒猫の公認会計士試験合格ダイアリー

メッセージ欄

分類 【短答式試験受験記】 で検索

一覧で表示する

2009/06/26(金) 短答についてのまとめ

(以下は短答式試験受験直後に書いたものです。無事合格していましたので、アップします。もしご質問などありましたら、遠慮なくコメント欄にお書きください。気付き次第返答いたします)

短答式試験直前一ヶ月の勉強などをまとめておきます。
教材については、(TAC)と表記のあるものはTACの教材ですが、それ以外のものについては法規集と六法を除いてすべて大原のものです。

続きを読む

2009/06/26(金) 短答式試験合格発表

無事合格していました!

ほとんど不安のない得点率でしたので、いたって平穏に当日を迎えられました。
引き続き論文式頑張ります。
ちなみに、得点は大原の最終的な解答でつけたものと相違なく、以下のようになっています。

財務会計論 156/200
管理会計論 85/100
監査論   80/100
企業法   90/100
合計    411/500(82.2%)



それはいいのですが・・・
70%というボーダーには正直寒気がしました。
当然合格者数は大幅減ですし合格率も近年最低のようですね。
発表では、「2,289人(対前年比1,226人(34.9%)減)、合格率13.2%」とのことです。短答式試験が年2回になることや日本公認会計士協会の金融庁への提言のことなど、それなりの「うわさ」はありましたが、いきなり合格者数が2/3になるとはさすがに想像もしませんでした。

各予備校も軒並み65%程度(前年並み)をボーダーにしていましたから、「A判定」を取っていながら合格ならなかった方も多数いることでしょう。
いわゆる構造変化があった以上各予備校を責めるわけにはいきませんが、そういった方たちには非常に酷な結果ですね・・・

それに加えて、論文式試験の一括合格者数はどう推移するのかも多くの方の興味を惹くところだと思います。
無駄な議論になりますからここでは何も書きませんが、減ると考えて帯を締めなおさないといけないでしょう。ただし、短答式試験免除者と今年度合格者の割合はほぼ変化がない(6:4)ので、合格者が半減でもしない限りは、単純な難易度としては昨年と大きな違いはなさそうです。

ということで一層頑張って結果を出したいと思います。それでは。

2009/05/24(日) ひと段落

受験記は一通りアップしました。
あまり参考にはならないと思いますが、お時間のある方は苦笑しながら読んでみてください。
明日はゆっくり休みます。
受験された方、お疲れ様でした。良かった方も、不安な方も、次に向けて頑張りましょう。

2009/05/24(日) 財務会計論

*以下の○×およびコメントはわたしの判断であり、盛大に間違っていたり不正確だったり独自理論を展開したりしていますが、実際どのように解いたか、という視点で書いていますのでご了承ください。恥を忍んで書かせていただきます。

続きを読む

2009/05/24(日) 管理会計論

*以下の○×およびコメントはわたしの判断であり、盛大に間違っていたり不正確だったり独自理論を展開したりしていますが、実際どのように解いたか、という視点で書いていますのでご了承ください。恥を忍んで書かせていただきます。

続きを読む