ようこそゲストさん

黒猫の公認会計士試験合格ダイアリー

2009/08/30(日) 2009-08-30

就職活動
就職活動などで、なんだかもの凄く疲れています。
明日は一日予定がないですが、ESなどを書かなくてはなりません。

直後に書きましたが、民法の出来があまりに悪く、足切りも覚悟しています。
冷静になってみれば、それほど難しい問題ではありません。しかし、わたしの対策が不十分でした。直前に民法の対策はそれなりにしましたが、それでは十分ではなく、特に答練のABランクの論点をメインに据えて勉強してしまったのが響きました。
個人的には94条類推適用という基本的な論点がまったく出来なかったのがつらく、他の平均的な受験生に大きく水を開けられていると考えています。
足切りでなければ御の字、しかし足切りでないとしても、調整後40の得点比率では他でカバーできる余地は極めて少ないですし、これに加えて本来差をつけるべき科目であった企業法も出来が平均並みかそれ以下ですので、かなり厳しいと思います。

今回の民法の出来を受けて、早めに勉強を再開するとともに、来年の選択科目を経営にすることも考えています。さすがに、あと一年勉強すれば民法も平均的な得点を取れるレベルには至ると思いますが、一年頑張って平均狙いでは費用対効果が悪すぎます。それならば会計学に力を尽くして、総合の偏差値を上げる方が得策です。

特に短答上がりの受験生にとっては元々得意な方との隔たりが大きくなりがちと思います。仮に本試験で対応できない可能性があるとしても、平均点からの差が付きにくい経営学を選んだほうが良いように思えます。
そもそも民法選択を甘く考えていたわたしに非がありますが、もし「得意科目としての民法」という選択でないのであれば、平均を狙いやすい経営学、もしくは計算に自信がある方は経済・統計を選ぶのが最善かもしれません。

もちろん母集団全体の出来がどうなのか見当がつかないので、今から見切りをつけるのも時期尚早とは思いますが、あまりに基本的な論点を解答できなかったわたし自身の対策の甘さに、嫌気が差しています。
短答に集中しすぎたとか、いろいろ問題はあったと思います。限定的な注意喚起になりますが、来年5月に短答を受験される方で、民法選択の方は、しっかり対策をなされることをお勧めします(ただ、短答合格が最優先ですから、バランスを上手くとってください)。

そういうわけで、元気はなかなか出ませんが、ようやく次のことを考えられるくらいにはなってきました。
早めに切り替えて、次のステップに進みたいと思います。

1: ro 2009年09月01日(火) 深夜0時48分

初めまして
通りすがりの者です

私は今年短免で1科目免除であったため経営学に時間を注ぐことができ、今年の本試験でも経営で稼ぐことができました。

ただし、近年の経営学はボリュームが多いです。
実質、組織戦略論マーケティングとファイナンスの2科目であり、ファイナンスは数式を含め記憶を維持するのが大変です。

さらにこの他に日経新聞や他校の答練をこなしてやっと科目合格レベルに達する科目です。

まともにやれば、管理会計論や租税法以上のボリュームだと思っています。かといって、これだけこなしても、単語が思い浮かばず足切りなんてこともあり得る科目です。

以上より経営は№1のリスキー科目ということを考慮して選択してください

2: 黒猫 2009年09月01日(火) 深夜1時54分

roさん

初めまして、コメントありがとうございます。

そうですね、わたしとしては今回の民法の出来の悪さがつらく、(今年これが原因で落ちた場合に)来年もまた同じ目に遭うのでは、という恐怖が先に立っています。
情けないはなしですが・・・

民法も論点を度忘れしたらお手上げですから、リスクの上では似たり寄ったりのように思います。問題が細分化されている経済・統計が一番その手のリスクが小さいかもしれませんね。

よろしければもう少しアドバイスを頂きたいのですが、他校の答練までをこなさねばならない理由はなんですか。
それほど、各校テキストで扱っている内容が異なるということでしょうか。
経営について無知ですので、初歩的な質問かもしれませんが、ご教授いただければ幸いです。

3: ro 2009年09月02日(水) 午前10時13分

そうですね

経営学のファイナンス部分が各予備校で違うように思いました。

大原は基礎、TAC・LECは応用って感じで難易度が違います。
大原よりもTAC・LECはよりハイレベルな問題を答練で出題してましたね。

これは去年08年からファイナンス分野が極端に難しくなったための、TAC・LECの対策だと思います。
今年は大原の基礎レベルで収まりましたので、結果、TACとLECはやりすぎだったということになりました。LECに言えばもっとやりすぎでしたが1部5点くらいレックやってれば取れた箇所がありました。

経営についてのアドバイスとしては、TACが一番バランスがいいと思います!
大原は基礎しかやらず今年も当たったので、2010年もそのままで行くでしょう。したがって、TAC生ができる応用問題ができないリスクがあります。
LECは科目合格がいくつかある人、かつ、数学がある程度できる人、にはお勧めしますが費用対効果が抜群に悪いです。

あと経営はCランクがよく出ますので、テキストは完全暗記でやっとボーダーに乗るくらいと考えてください。

したがって、TACメインで時間に余裕があれば大原・LECも追加で取る形でいいと思います。ただ、テキスト完全暗記はノルマですのでボリュームはあります。一度テキストを見てみて、これを隅から隅まで暗記という認識で民法と比較してみてはいかがでしょうか。

4: ro 2009年09月02日(水) 午前10時36分

すみません
予備校は大原なんですねw

でしたら大原メインでTAC答練を必ず受講するようにしてください!おそらく大原の講師はTACの答練も質問受けてくれますから。水道橋ではそうでした。

それでは

5: 黒猫 2009年09月02日(水) 深夜1時31分

roさん

丁寧なアドバイスありがとうございます!
なるほど~、すごく参考になります。

とりあえず10月から大原の経営を単科で取ってみることにします。それで見極めて、問題なさそう+不合格ということなら、TACの答練にも申し込んで万全の準備をします。

コメントいただけてよかったです。
roさんが今年合格なさること、お祈りしております。

6: 経営受験生 2009年09月03日(木) 午前7時52分

初めまして、たまたまCPA-LABから、
黒猫さんのHPに辿り着いた者です。
民法選択者としてご自身の考えがしっかり
なされてる方と思いました。
確かに経営学に変更するのも一つの手です。

roさんの意見についてですが、TACの経営学
がバランスが取れてると言ってる人は、残念ながら
私の周りではいません。私もTAC生です。
とてもじゃありませんが、ファイナンスに至っては、
先生ご自身がよく間違えてますし、テキストも誤植
ばかり。
第一問の穴埋めも、ここはまず出ないでしょって
言われた所からほとんど出てしまいました。
経営の問題集は、薄いファイナンスの問題集しかあり
ません。答練も誤植ばかり。
私の周りでは、民法に来年は変更する人がいます
(去年TAC経営で足切りだったそうです)。
去年、合格者数が大原に抜かれたのも、TAC経営学が
この状態だからではないかと、今年論文を受験してみて
思い知らされました(あくまで自己責任なのは分かって
はいます)。

私はもともと経済学が得意でしたが、TACに経営学を
薦められて、経営学に変更しました。
結果論で、自己責任ですが、今年は私は経営学の穴埋め
で失敗し、総合では何とか合格して欲しいと願っています。
TAC経営学は全答含めていつも60近く取ってたんです
けどね、逆にTAC経営で偏差値30台の子が、穴埋め
出来たと聞いた時は、愕然としました。

経営学を選択されるなら、専門学校のランクは本当に参考
程度にしないと、本試験では痛い目に合うことを、本当に
実体験しました。

7: ちはる 2009年09月03日(木) 午後6時27分

はじめまして。
人から聞いた話で恐縮ですが、選択科目の中では経済学がリスクが小さいそうです。
私も公務員試験で一通り経済学を勉強したことがあるのですが、順当に実力が反映される科目だと思います。
マクロとミクロの両方があり、ボリュームがあるため入門生には不向きかもしれませんが、上級生かつ民法選択者なら問題無いと思います。
経済学本試験は基礎的な論点が小分けにして多く出題され、しっかり仕上げた人は7、8割取るとのことですから、高校の定期テストに近い感覚なのではないでしょうか。
(私は公務員試験で民法、経済学、経営学(ファイナンス除く)を勉強したのですが、学校のすすめで経営学を選択しました。)

8: 黒猫 2009年09月06日(日) 午後10時50分

>>経営受験生さん

はじめまして、コメントありがとうございます。
無事合格されているといいですね。

お話からすると、大原をベースにしても問題なさそうですね。TAC答練を取るかどうかが悩みどころになりそうですが、科目合格があるようならなるべく積極的にいきたいとは思います。
ちなみに、大原のランキングも外れていた(重要度の低いものが出た)そうです。roさんのコメントにもありますが、やはりCランクが出題される傾向にあるということでしょうか。

民法に変更されるご友人の方がいらっしゃるとのことですが、民法は企業法とは若干毛色が違いますので、要注意です。特に、全体を満遍なく学習することになったら、覚えるべき量が企業法の3~4倍にもなります。そういう意味で大変だと思いますので、熟慮するべきです。

>>ちはるさん

はじめまして、コメントありがとうございます。

確かに経済学のような計算科目は点数が安定しそうですよね。実はわたしも経済学は学習経験がありますが、計算が得意というわけでもないので、敬遠しています。
数理系に強ければ特に悩まずとも、統計か経済選択でやっていけたのでしょうけれども、そうでないとなかなか難しいですね。

9: 経営受験生 2009年09月07日(月) 午後2時34分

 黒猫さん、コメントありがとうございます!
 民法は、黒猫さんがご苦労されるぐらいですので、
やはり相当な覚悟がいると思います。
 
 かくいう私は、法律が得意ではありませんので、
民法選択は無理でした(笑)。
 その友人は、民法を学部でやってたそうですが、
黒猫さんの言うとおり、大変だろうなって気がします。

 私はTACですが、経営以外なら、大原と互角以上の
戦いが出来るようなカリキュラムとは思います。
ただし、大原にあるポケットコンパスのような、
単語帳はありません(友人に見せてもらいましたが、
便利な道具だなって思いました)。

 経営学はとてもじゃありませんが、お薦めできません。
ただしTACのみだけが悪いというつもりもありません。
試験委員の先生方も、論文式を意識して、出題形式を
考えてほしいです。

 黒猫さんも、私も、最終合格を願っております!

10: 2009年09月10日(木) 午後9時07分

黒猫さんへ
参考になれば幸いに思います。

私は経済選択の大原生です。


経済のメリットは、
・勉強することが典型なので、毎年あまりかわらない(試験委員の変形パターンは一部ありえますが)。

・学校独自の解法があり、普通に解いたら10分の問題を数秒で解けることもある。

・理論が人名や目次に出る程度のレベル(管理で例えるなら、ABC、CVPのような語句を答える)

・直前のヤマがかなり当たる!(試験委員の専門がかなり明確なので)

以上がやった分だけ得点に結びつくと言われる理由なのでは…と思います。


経済のデメリットは
・量が多い(講義がおおい)。
しかし、今回から試験範囲がバッサリ(3分の1くらい)カットされました。

・数学の知識がいる。
これは、微分と連立方程式(高度な問題はみんな解けません)ができないとつらいです。経営の文字式よりは解きやすいと思いますが。

以上より
量は、管理会計程度(最初は多く、勉強の進み次第で減っていく)で、中学校の計算レベルの式と図を書けることです。




なので、短答免除で、科目免除までありそうな黒猫さんなら間に合います。


でも、
新しい科目に変更しても、理解できなくて壁にぶつかってしまうことはよくあると思います。

今まで好きで民法学ばれたのなら、
「やはり民法がよかったかな」と思えるかもですよ…!



私は短答をあれだけのハイスコアでクリアされた黒猫さんは、論文も合格してると思います。


もし、
そうでなくても科目合格の可能性もあるので、

私は
合格発表までに民法と、あと1つくらいを、簿記並みに集中して勉強するのがよいのでは…と思います。(結果がどうでも苦手科目は勉強して損ないです)



長々とスイマセン!

息抜きして元気を取り戻してくださいね!

11: 黒猫 2009年09月20日(日) 深夜1時26分

>>経営受験生さん
わたしは実は元々暗記が得意ではないです。かと言って計算が得意なわけでもないのですが(笑)。

民法は分量が多く、まず覚えるという作業が一苦労でした。また、典型論点が出題されはするものの典型的な形では出題されない点で企業法と異なり、今年はそれに惑わされて失敗してしまいました。
過去問の検討をしっかりするべきだったかもしれません。

ちなみに、ポケットコンパスでは租税法が利用価値が高いです。租税法はテキストが圧縮された形で、計算パターンなどが網羅されています。他の科目の定義などは苦手な方がまず使うのに向いているかもしれません。

経営は取るとすれば大原になると思います。補助的に答練をTACかLECか、といったところでしょうか。
LECよりはTACの方が安心感はあるかなと思いますが。


>>ぴさん

経済選択の丁寧な説明ありがとうございます。
わたしも計算に自信があれば迷わず経済にするところですが、不安があるくらいなので悩ましいです(笑)。

今回再現答案を書いて、改めて民法に対する理解不足にうんざりしたのですが、ぴさんがおっしゃるとおり、民法を捨てたら後悔しそうな気もします。

なので、凄く迷っています。
やっぱり、どの科目であれ一から勉強していくのは大変ですよね。
また、経営選択のリスクも段々実感として分かり始めてきました。
とするとこのまま、民法選択でいるべきなのかも・・・。なかなか、結論はでませんが。

ですが、ぴさんのおかげで、「迷わず経営!」とはならずに済んだと思います。
まだもう少し考えることになると思いますが、凄く有益なアドバイスでした。
ありがとうございました!


名前:  非公開コメント   

  • TB-URL  http://www.cpa-lab.com/shougakusei/2009/cpa4/048/tb/