ようこそゲストさん

めろんぱんの公認会計士試験

2009/05/27(水) 09短答式試験・総括

受験記は一通りアップ致しました。
実力が??な僕の受験記では、あまり参考にならないかな…とは思いますが、
お時間のある方は、目を通してみて下さい。
実力が知れて恥ずかしいですが、チョッピリ嬉しいです。

現時点での点数をまとめて書くと以下の通りです。

企業法:90/100
監査論:60/100
管理会計:55/100
財務会計:128/200

■合計:333/500(66.6%)
メチャクチャ微妙…。でも、望みはありそうなので集中して頑張ります。


ここから先の内容は、ボーダーについてのどうでもよい個人的推測になります。
こういった不毛な話が嫌いな方はスルーして下さい。



過去3年間のボーダーを見ると、H18:69%、H19:65%、H20:65%。
H19から突然キレイな数字になっていますよね。これは会計大学院生の影響…??
彼らは、企業法だけだから5点刻みの点でボーダーを出さざるおえない、と言うことでしょうかね?
そうすると、65%か70%になりますね…ああ~恐ろしい。本当に恐ろしい…。

さて、こういう意味のない話は今日でおしまいにして…論文対策に集中しましょう!!
では!

1: アクセラー 2009年05月28日(木) 午前3時55分

おつかれさまでした。よろしければ気休め程度にお読みください。ボーダーが恐ろしい気持ちは痛いほどよくわかります。昨年の僕は、ボーダーが68とのネット噂?に惑わされて、発表まで自分を失ってしまいました。これが尾を引いたこと、今でも猛省しています。あともう一つ。もしかしたらですが、僕と同じ「短答特化」をしたかあと感じて。短答に絶対合格したいから特化するの当然なのですけれど、企業法を除いては、論文の延長線上の扱い、つまり短答に特化しない(仮にあっても直前だけの)ほうが、短答の点数の伸びしろが大きいように思うのですが。よくそのような声を聞きませんか?前は、合格したから言ってのだろうと思った時期もありましたが、問題を実際に入手して確かめてみて(むろん本場の極度の緊張感ではないかもしれないけれども)、いまは間違いなく確信してます。「細かいこと聞いてくるなという選択肢」はいったんすべて?にして、その他の○×判断が絶対確実な選択肢だけで消去法を適用すると、結果的に正答できる数がぐん~と伸びると思うのですけれど。長くなっちゃった。とにかくともに合格するまで、がんばりましょう。

2: アクセラー 2009年05月28日(木) 午後6時50分

TAC中間リサーチ出てます。めろんぱんさん、きっと、苦労が報われるのではないでしょうか。昨年の大涙も大粒のうれし涙にかわる、瞬間も待ち遠しいでしょうね。たかが短答、されど短答。「壁」を乗り越えちゃえば、何だったのかになります。これで僕の書き込みもおしまい。めろんぱんさんは、租税法が得意のようですから、この点は有利です。

3: めろんぱん 2009年05月28日(木) 午後11時10分

アクセラー さん、度々の書き込みありがとうございます。
気休めどころか、十分勇気付けられました。アドバイスありがとうございます。
集中して頑張ります!!

4: ミスターX 2009年05月31日(日) 午前4時07分

おつかれさまです。短答いけそうですね。僕は企業法が足を引っ張ったためひどいことになりました。 よろしかったら企業法短答何をしたか、教えていただけませんか? 自分は大原生です。


名前:  非公開コメント   

  • TB-URL  http://www.cpa-lab.com/shougakusei/2009/cpa5/034/tb/