ようこそゲストさん

めろんぱんの公認会計士試験

2009/05/31(日) 短答対策・企業法について

コメントの回答について、長くなるので記事の方でお答えいたします。
短答すら合格もしていない者の戯れ言として読んで下さい。

僕は、実は08目標当時、大原にいながら短答の直前期のみアクセルを受講していました。
受講していた科目は企業法と簿記です。
なぜ、受講したのかというと…大原のテキストって、自分で六法なりテキストに答練等の情報を集約しなきゃいけないですよね?
僕はそれが上手くできず困っていたからです。

そんな折りに、たまたま、アクセルの問題集を目にする機会が有り、情報の集約具合に度肝を抜かれ問題集が欲しくて受講しました。

去年は、ひたすら直前講義で配られる問題集をやり込み、去年も90点取れました。
他校の方でも直前講義で配られる問題集だけでかなり点が取れると思います。
2年続けて同じ点が取れたので、間違いはないと思います。


★ここからは今年の短答対策です。

完成講義で配られる問題集を2~3月にかけて間違いだけを3回転ほどしました。
この問題集にはA,B,Cランクが付いています。
企業法はA,Bランクのみ
商法・金商法はAランクのみを潰しました。
判例はランクに関係なく押さえました。
過去問は、上記のランクに沿って解き、ランクに沿わないモノは過去問であろうと容赦なく切りました。

近藤先生から直接伺った話によると、完全にAランクのみに特化しても、合格点には十分に行くそうです。
近藤問題集すげぇ!!


直前期は直前期に配られる問題集のみをやりました。
ただし、通信だと5月に入ってから届くので、待ちきれずに生講義後に僕は直接取りに行きました。
この問題集にもA,B,Cランクが付いていますが、ランクは無視して全て押さえました。
問題量が大した量ではなかったので、Cランクを切ると問題量が減ってしまうのが怖かったからです。

またまた、近藤先生から直接伺った話によると、去年の合格者の中には完成講義で配られる問題集を一切やらず、
直前期の問題集だけで合格された方もいらっしゃるそうです。
近藤問題集すげぇぇ!!!


僕が他の人と異なるであろう点
・情報を集約することは一切していません。
→図表がふんだんに盛り込まれていて整理する必要がないからです。

・短答対策のために六法は全く引いていません。
→引かなくて良いくらいテキストと問題集が充実しているからです。

・短答答練はAXLを含め一切受けていません。一応、練習のために模試は受けましたが、完全に解き捨てで一切復習していません。
→問題集が充実しているからです。ただ、問題19はAXL短答答練を受けていれば解けたらしいのですが…(苦笑)


以上、こんな感じです。ご参考になれば幸いです。

1: ミスターX 2009年05月31日(日) 午後11時46分

なるほど!噂には聞いていましたが、そんなにすごいんですか。通信だと届くのが1ヶ月前だと、回しきれるか微妙ですね!関西地方なので取りに行くのは不可能ですし。 検討してみます。  
 
ありがとうございました。論文がんばってください。


名前:  非公開コメント   

  • TB-URL  http://www.cpa-lab.com/shougakusei/2009/cpa5/036/tb/

2009/05/31(日) 報告&予定

はてブ情報 はてブに登録 はてブ数 2009/05/31 22:54 報告&予定めろんぱん
近頃は、ボーダーよりもマークミスが気になります。点が点なだけに(苦笑)。
まぁ、ボーダーが気にならなくなったのは一歩前進ではないでしょうか?
直前期の教材が来れば、それをこなすことに一所懸命になって、マークミスについての気がかりは多分忘れるでしょう。

今後の大まかな計画

■6/26まで
短答対策のためにお休みしていた民法・租税法
そして、短答でメタメタだった管理会計に力を入れる。
短答において池邉先生が非常に良かった(あんな点でしたがマジ救われたんです)ので、論文講義を気になる部分だけ人に借りてやろうと計画中。
他の科目は、送られてくる直前期の教材に合わせて進めていく。

■6/26以降
×だったら→科目ごとにAXL,LEC,TACを使い分ける予定。
○だったら→TAC直前期講義・答練(民法)とTAC模試を追加する。

僕の民法の学習は、08AXLがベース。というのも、AXLでは民法選択者の人数が少なすぎて09対応の講義・答練は開講していないのです。
ですから、直前期だけは09に対応するためにどこかの学校を選択せざるおえない。
となると、最大手のTACを選択するのが無難かな…。TACには宮内先生という有名な先生がいらっしゃるらしいし。

しかし、民法となると司法試験に実績のあるLECも良いのでは?とか思ったり…。大原は考えていません。
あそこの企業法のテキストは使いくかった(僕に合わないだけ?)から、多分民法も同じじゃないかという推測からパスです。

場合によっては財表・監査もTACを追加するかもしれないです。いわゆるリスクヘッジの観点からです。
アクセラーの方は、どうされるのが一般的なのでしょうか?やはり、EIJI様マンセーで行くのがいいのか??

この2科目は短答では、EIJI様マンセーでいかずに、LECの短答対策に最後はシフトしてしまいました。
短答の過去問を短答初年度から去年までの14年分全てを解いてみて、LECの方が合っていると思ったので。
短答の時みたいに、10年分くらい論文の過去問解いて判断しようかなぁ~。

簿記・租税・企業法は手を広げる予定は全くないです。でも、連結の問題少なかったら、TACか戸原先生の弟子と言われる渡辺先生のモノを見るかも…

色々と書きましたが、とにかく不安に駆られて手を広げないのが大事ですね。

先週の主な学習内容

  • 簿記:連結の確認
  • 管理:問題集
  • 監査:テキスト
  • 財表:なし
  • 租税:消費税全般・圧縮記帳・研究開発費を中心にチェックした
  • 企業:テキスト
  • 民法:テキスト
特記すべき事項として、受験記の作成をしました。

今週の主な学習予定

  • 簿記:連結の確認
  • 管理:問題集
  • 監査:テキスト
  • 財表:テキスト
  • 租税:問題集
  • 企業:テキスト
  • 民法:テキスト
金曜日頃に直前期教材の第一陣が到着予定。そこからパンドラ潰しを始めます。

では、今週も張り切って行きましょう!!

名前:  非公開コメント   

  • TB-URL  http://www.cpa-lab.com/shougakusei/2009/cpa5/035/tb/