CPA-LAB TOP  |   2005会計士体験記じっくり検討ページ
E判定から一発合格!
あきーらさんの2005公認会計士試験

E判定から一発合格!
あきーらさんの
2005会計士合格体験記

自己紹介
  プロフィール
  成績について
当然の疑問
  合格の最大の理由
私の勉強法
  勉強法
  まとめ
スポンサード リンク

あきーらさんに質問するには
体験記専用掲示板へ
合格者のオススメ書籍は
CPA-BOOKS

【PR】
マネーの虎/ホームレスから年商102億円企業へ
「どん底を知る者は強い」

自己紹介

 まず簡単な自己紹介から始めます。私は2003年の12月に会計士試験の勉強を始め、今年1回目の受験で合格しました。お世話になった予備校はTACで、現在24歳の男です。受験したのは近畿財務局ですが、就職は東京でしました。合格からはとてつもなく忙しかったので、これを読まれている方の中で、上京されるなど現在の居住地から離れた場所で就職を考えておられる方は、合格発表の前から少し準備したほうがいいかもしれません。

ちょっと注意

 受験1回目で合格したと聞き「この人は毎日朝から晩まで勉強をしていたとても優秀な人間なのだろう」と思った方もおられるかもしれませんが、それは誤解です。
 後に書きますが、少なくともTACの中で行われる答練の成績は散々でした。なので、勉強についての素晴らしいアドバイスができるわけではありません。ただ、私のような成績だった者でも一発合格できるのだということを皆さんに知ってもらうことで多少なりとも勇気付けられるのではないだろうかと思いこの体験記を書かせてもらっています。

成績について(一番恥ずかしい部分です)

 前述したとおり、私の答練での成績は結構さんざんでした。もちろん7科目もあるので得意科目が無かったわけではないですが、基本的にいけてない成績でした。

 まずは短答式試験について。

 短答答練はTACで10回受けましたが、1番よくて32問正解でした。もちろん判定は全てE。まず受かるわけのない成績でしたが、本番では37問正解で合格しました。

では論文式ではどうだったかというと、これがもっとひどい・・・。

 TACでは論文式の全答練が2回行われるのですが、1回目はまだ短答式試験の前だったこともありあまりあてにもならないと思いますのでここでは伏せておきます(ただたんに成績がひどすぎて言えないのだろう、という突っ込みは勘弁して下さい)。2回目の成績は総合で515点でした。全受験者の平均が578.78点でしたからこのひどさがわかっていただけるかと思います。ちなみに偏差値は44でした。科目別に見るともっとひどく、財表なんて偏差値33・・・。言うまでもないですが判定はEで、講評欄には「逆転を賭けよ!決死の努力こそ合格を引き寄せる」と書かれていました。しかし最終的には合格することができました。

そしてその理由は・・・・。

スポンサード リンク