CPA-LAB TOP  |   2005会計士体験記じっくり検討ページ
会計初心者、社会人受験生・・・
ハムスターさんの2005公認会計士試験 体験記

勉強=仕事でした
ハムスターさんの
2005会計士試験体験記

はじめに
スポンサード リンク
準備編1心境と精神論
準備編2完全報酬型労働
  仕事=勉強
  合格レベルの到達目標を明確に
準備編3不合格率と生活習慣
準備編Finalとどめを刺す-残心
最強の勉強 環境
勉強法総論1情報活用のための整理
勉強法総論2過去問を使った勉強法
勉強法総論3質問コーナー積極活用
勉強法総論4科目特性を考える
科目別 計算系
科目別 理論系
本番編

ハムスターさんに質問するには
体験記専用掲示板へ
合格者のオススメ書籍は
CPA-BOOKS

はじめに

【基礎データ】

専門学校:TAC(全国公開模試のみ+大原)
開始時期:2002年6月くらい
私立大学法学部卒業、開始レベル:簿記初心者
前職:あり、勤務期間満3年
受験回数:2回

【略歴】

2002年6月  TAC2年本科でスタート始めた当初は社会人受験生
2003年6月  入門基礎期が終了し上級期を前に退職、
2004年6月  短答落ち(2問足らず)
2005年6月  短答合格(36問)
2005年11月 論文式合格

3年間、しかし勉強期間実質2年間の記録
前半2年間の失敗を踏まえ1年間を過ごした内容を合格体験記とします。

【大まかな受験ヒストリー】

  • 1年目〜全く手付かずの入門基礎期

最初の1年間は入門基礎でありながら仕事との両立は困難でした。
結果として講義を受講するのが精一杯のレベルであり、簿原以外は
講義すら聞けていないが正直なところでした。

つまり最初の1年間ほとんど何もしてませんでした。

  • 2年目〜苦痛に終始した上級期(夏)(1回目)

この状態で退職し突入した上級期は散々な出来でした。
答練で点数が一桁とかあたりまえだった。
全答練1回目は3500人中3000位という結果をさらすありさま。
2回目は1500位くらいへの順位はあがったが、合格には程遠い状態でした。
もちろん短答落ち(2点差)で終了です。

  • 3年目〜思考がまわりはじめた上級期(夏)(2回目)

そこで前半2年間の失敗を踏まえおおまかな戦略をたてました。
TACの合格者数から割り出した想定合格ラインに基づき、バランス重視で
全科目偏差値55↑計画とした。55を越える科目はしばらく放置し
苦手科目へ勉強資源を投入していくという基本計画でした。また2年間の経験を活かした
勉強法、生活習慣、心構えをいろいろ身につていき、普段の答練の順位は
みるみる上昇していきました。その結果として
全答練1回目(不本意なミスにより)600位⇒2回目講師の誘いがあるくらい好成績となり、
本試験自体にも合格できたと思います。


スポンサード リンク