CPA-LAB TOP  |   2005会計士体験記じっくり検討ページ
テニスサークルに明け暮れて失敗・・・
その後、根性の独学で合格した認たま乱太郎さんの2005公認会計士試験 勉強のスス〆
スポンサード リンク


徹底基礎重視の戦略
認たま乱太郎さんの
2005会計士「勉強のスス〆」

こんなやつでも合格します
今からでも間に合う(勉強法総論1)
  一日のタイムテーブル
   レジメ中心の生活
  質問コーナー大好き
勉強量と勉強法総論2
  各科目の勉強量
  短答対策
  最小限の暗記と最大限の思考
  私の理論の覚え方
  最後まであきらめるな!
スポンサード リンク
科目毎の勉強法(簿記・財務会計)
科目毎の勉強法(原計・管理会計)
科目毎の勉強法(財表・管理会計/監査)
科目毎の勉強法(商法・企業法)
科目毎の勉強法(経済/経営)

認たま乱太郎さんに質問するには
体験記専用掲示板へ
合格者のオススメ書籍は
CPA-BOOKS

1.こんなやつでも合格します

 私は慶應義塾大学経済学部2004年卒業の23歳です。私がTACの公認会計士講座を申し込んだのは、大学三年生の1月でした。しかし、学生時代はサークル活動に熱中していたため、実際にTACで講義に出席したり答練を受けたりしたことはありませんでした。

 そして、ほぼ独学で受けた大学卒業後最初の短答式試験に2問足らずで落ち、8月にTACの夏上級を申し込みました。また、初めてアクセスの存在を知り、申し込みました。私は大学受験の時、半年間独学で勉強し慶應に現役合格したので、予備校の講義に出る習慣がありませんでした。そのためレジュメだけ受け取って自習室で勉強することが多かったです。また、私は記憶力が悪く、膨大な量のテキストの内容を覚えられるはずないと確信していたため、講師の作ったレジュメを中心に勉強し、テキストは辞書代わりに使っていました。ちなみに講義に出ないので読み方のわからない漢字が多く、「社債発行差金」のことを「しゃさいはっこうさしがね」と読んでたりしてました。

 私はモチベーションがあまり上がらず、1日6時間くらいしか勉強しないという状態が短答式試験の3ヶ月前まで続きました。それまでの答練の成績はほとんどがE判定、アクセスも平均以下でした。こんなんじゃだめだと心を入れ換えたのが3月下旬、ようやく本気になって勉強をしました。それまでは午後2時にTAC東京本校へ行って昼のアクセスを受けていたのを、朝6時半に行って朝のアクセスを受け、その後は夜9時まで自習室で勉強することにしました。絶対的に足りていなかった勉強時間も13時間に増やすことができました。すると次第に成績も良くなっていき、全答練1回目は1600番台だったのが2回目には800番台になり、TACの奨学生試験(論文式)で3位になることができました。最終的には、本試験も突破することができたのです。

スポンサード リンク