CPA-LAB TOP  |   2005会計士体験記じっくり検討ページ
超圧縮タイプ!
再現マン5号さんの2005公認会計士試験 体験記

超短期チャレンジコースからの挑戦!
再現マン5号さんの
2005会計士試験体験記

自己紹介&チャレンジコースを選んだ戦略的理由
スポンサード リンク
勉強法総論
 1日1科目全範囲作戦
 自作問題で作問者の気持ちがわかった!
科目別 簿記/財務会計/原計(管理会計)
科目別 監査/企業法/経営/経営/経済
勉強のツボ
  計算科目の強化について
  理論科目の強化について
答練成績--致命的な間違いとは
租税法、就職、終わりに

再現マン5号さんに質問するには
体験記専用掲示板へ
合格者のオススメ書籍は
CPA-BOOKS

javascriptがonでないとうまく動きません。

T自己紹介

 2005年度の再現答案に応募していた再現マン5号と申します。
 勉強期間は2年、受験回数は2回、25歳です。無事合格し、こうやって体験記を書けるのはまことにありがたい限りです。
 以下、私の勉強方法をどんどん晒していきます。読んで下さる方の参考になれば幸いです。

U専門学校・受講していたコースについて

専門学校は、

  • 1年目:TAC チャレンジ本科生
  • 2年目:TAC 上級圧縮本科生

で勉強していました。

 チャレンジ本科というコースは、会計士講座のスタンダードな1.5年本科や2年本科のカリキュラムを、1年で出来るように圧縮したコースです。また、2年目の上級圧縮本科も通常の夏上級や秋上級より授業回数が少なく、そのぶん授業のテンポが非常に速いコースです。なぜこれらを選んだかについても勉強法というか自分なりのスタンスがあります。
 まず、授業の進むスピードが速いと授業中に寝ることが少ないこと、授業回数が少ないのでその分自習に充てる時間が増える、さらに頭の中にも圧縮されて入ってる気がする(気のせいかも(^^;))ので、授業回数の少ないコースを選びました。
もし、自分が短期集中型だと自覚している人は、同じ2年間勉強するとしたら、2年本科よりもチャレンジで1年+上級圧縮で1年の合計の2年で勉強するほうを強く薦めます。

V受験生活について

 1年目はチャレンジ本科で授業の進むスピードがとても速く、復習などとても追いつきませんでした。でも本気で1年で合格してやろうとは思っていました。短答式試験は論文式試験を受けるための足きり的な位置づけだと甘くみていたので短答対策はあまりせず案の定1年目は短答で落ちてしまいました。短答式の時点で約8割が落ちるということをもっと強く認識する必要があったと思います。そのあと去年の短答終了後の6月から10月はバイトしまくり遊びまくりの状態で勉強からは完全に遠ざかっていました。そして11月からは上級圧縮に進み、今年の本試験までただひたすら勉強していました。
私は主にTACの自習室で勉強していました。友達とご飯を食べていたり休憩室においてある新聞を読んでたらついつい長い間休憩してしまいがちです。そこでご飯は30分以内でとか新聞は日経だけ読むとかルールを決めておくとメリハリがつきます。


スポンサード リンク