ようこそゲストさん

CPA-LABテクニカル

メッセージ欄

分類 【1.2の新機能CakePHP】 で検索

一覧で表示する

2008/02/16(土) フィールドのデフォルト値をセットする。CakePHP1.2

CakePHP1.2bでは、以下の方法で、データベースで設定したデフォルト値を、配列として取得することができる。また、引数を指定することで、そのデフォルト値を書き換えることができる。
CakePHP1.1にはなかった機能。1.2にバージョンアップすると、こんなメリットもあるよ、ということで覚書。


データベースのデフォルト値をセット
$this->モデル名->create()   //返り値 array ( 'フィールド名' => 'デフォルト値' )

(CakePHP1.1では、このメンバ関数は、デフォルト値を返すのでなく、すべて unset していた。)


デフォルト値の書き換え
$data = array( 'フィールド名' => '値' );
$this->モデル名->create($data);
ただし、CakePHPの内部値としてのデフォルト値であり、データベースのデフォルト値を書き換えるものはない。
一時的にデフォルト値を変更する場合に使えよう。

Paginatorの使い方。CakePHP1.2

Paginatorは設定項目が多くてたいへんなので覚書として書いておいた。ページングがとても簡単に扱えるのはたいへん助かる。
なお、こちらも詳しい(CakePHP:ページングを試す)のだけれど、せっかくソースも読んでみたので覚書。
バージョン:CakePHP1.2beta
こちらも参考:PagenatorでPaginateしてみた。

続きを読む

  • CakePHP使い方 CPA-LABテクニカル spok
    Paginatorの使い方(データ抽出編)Paginatorの使い方2(表示編)
  • Paginator参考リンク集 CakePHPを本気で勉強
    CakePHP1,2にはページングの機能があると聞き使ってみることに。始めて利用してみましたが、便利すぎますね。自分でComponentにページングの関数を書いていましたが馬鹿馬鹿しくなってしまいますよ。 以下はPaginatorを使用する上で参考になっ...

2008/02/03(日) Paginatorは超便利-CakePHP1.2

ページングするのは結構面倒なんだけど、CakePHP1.2ではいとも簡単にやってくれる。データベースの処理だけじゃなくて、URLパラメータの処理も全部みてくれるのがうれしい。覚書として、こんなの作ってみた。
まあこんな感じで。


いつか使い方をまとめたいけど、時間が。。。

(追記)まとめました。Paginatorの使い方


こちらの記事にはたいへんお世話になりました。CakePHP:ページングを試す2
  • CakePHP使い方 CPA-LABテクニカル spok
    Paginatorの使い方(データ抽出編)Paginatorの使い方2(表示編)