ようこそゲストさん

CPA-LABテクニカル

2008/08/13(水) エラーの隠蔽

高機能メールコンポーネントQdmailでは、発するエラーを画面に表示しないこともできます。

Qdmailのエラー処理

そうしないと、残念ながらこうなってしまいます。

http://www.namikawa.co.jp/dataupload/registration_send.php
(エラーの画面なので、いつなくなるかわかりません。)
Qdmail error: Must Header is not exist 'TO' line -> 1537
Qdmail error: No Receipt line -> 2159
Qdmail error: No send . Because PHP mail function replied error line -> 1500
Qdmail error: Send Error line -> 1436
Qdmail error: No send . Because PHP mail function replied error line -> 1500
Qdmail error: Send Error line -> 1436
このエラーの例をみて、ああ、エラー出力にも、Qdmailのバージョンを表示させたほうがいいな、と思い、あるバージョンからは、エラー時にバージョンも表示するようにしています。

でも、運用時には必ず、
$mail -> errorDisplay( false );
としたほうがいいですね。
これで画面にエラー出力をすることはありません。他でエラーを検知する必要はありますが。
というか、これをデフォルトにしたほうがいいのだろうか。。。。

名前:  非公開コメント   

  • TB-URL  http://www.cpa-lab.com/tech/0160/tb/